» 世界大会「VCT 2022 Stage 1 Masters」出場選手の使用デバイス一覧

G2 Esports (EMEA2位) -「VCT Masters レイキャビク2022」出場チーム紹介⑩

  • URLをコピーしました!

2022年最初の世界王者を決めるVALORANT国際大会「VCT 2022: Masters Stage 1 -Reykjavík」が4月10日-24日に行われます。

当サイトではMastersに出場する全チームの紹介を行っていきます。今回はプレイオフ初戦・ZETA DIVISIONの対戦相手となるEMEA2位「G2 Esports」です。本稿が大会観戦を楽しむために役立てれば幸いです。

目次

チーム紹介

昨年は「Masters:Berlin」でベスト4に入ったものの、「Champions 2021」の出場は逃した「G2 Esports」。今年のVCTはクローズド予選からの参加となりましたが、2連敗でまさかの敗退。ここでチームはデュエリスト役をMixwell選手からkeloqz選手に変更する決断を下します。これが功を奏し、Challengers2のオープン予選では怒涛の9連勝。迎えたグループステージでは2戦目を終えて再度スタメンをMixwell選手に変更 (keloqz選手は「Team Heretics」に移籍) しましたが、3勝2敗で2位通過を果たします。

Playoffsでは初戦で「Team Liquid」に敗れますが、Lowerで「M3 Champions」「Team Liquid」「Fnatic」にストレート勝ち。グランドファイナルでは「FunPlus Phoenix」に敗れますが、同チームが出場を断念したためEMEAトップでの通過となりました。

特徴

G2 Esports一番の特徴は、Mixwellチェンバーの存在でしょう。予選ではアセント・フラクチャーを除く5マップでチェンバーを採用。ヘッドハンター・オペレーターを駆使し高い火力を出すことのできる同選手に注目です。また、ジェットの採用が少ないのも同チームの特徴の一つです。アイスボックスではPlayoffsからセージ・キルジョイ・チェンバーの3センチネル・ノーデュエリスト編成を運用し、ヘイヴンではジェットではなくレイズを採用しています。

基本的にはアセント・アイスボックスを中心に勝利してきたチームですが、「Fnatic」戦ではこれまでBANの多かったブリーズを最初にピックして快勝。EMEA予選を終えてから2週間と少し、紆余曲折を経て長い戦いの間に成長してきた同チームはどのような仕上がりを見せるでしょうか。

ラインナップ

  • 🇫🇮 hoody
  • 🇸🇪 Meddo
  • 🇪🇸 Mixwell
  • 🇩🇰 AvovA
  • 🇱🇹 nukkye
  • 🇷🇺 pipsoN (Coach)

戦績

Challengers1

Closed Qualifier
Team Vitality:●0-2
Alliance:●1-2

Challengers2

Open Qualifier(省略)

Closed Qualifier
Alliance:○2-1
TENSTAR:○2-1
EXCEL:○3-1

Group Stage
Fnatic:●1-2
SuperMassive Blaze:○2-0
Acend:●1-2
BBL Esports:○2-0
Guild Esports:○2-0

Playoffs
Team Liquid:●1-2
M3 Champions:○2-0
Team Liquid:○2-0
Fnatic:○3-0
FunPlus Phoenix:●1-3

ピストルラウンド:54-54 (.500)
OT突入時勝率:2-2 (.500)

マップごとの傾向

マップ別戦績

AscentBindHavenIceboxSplitBreezeFracture
10-44-05-311-25-52-10-2

マップ選択とBAN

BAN優先度:①フラクチャー ②ブリーズ
PICK優先度:①アイスボックス ②アセント

構成(パッチ4.04ver)

hoodyMeddoMixwellAvovAnukkye
AscentKAY/Oキルジョイジェットオーメンソーヴァ
Bindスカイヴァイパーチェンバーオーメンレイズ
Havenスカイブリーチチェンバーオーメンレイズ
Iceboxセージキルジョイチェンバーヴァイパーソーヴァ
Splitセージブリーチチェンバーブリムストーンレイズ
BreezeソーヴァヴァイパーチェンバーKAY/Oジェット
Fracture

注目選手:nukkye

3マップでレイズ、2マップでソーヴァを使用する珍しいプレイヤー。さらにブリーズではMixwell選手がチェンバーに回るため、同選手がジェット役を務めます。EMEA予選のグループステージ以降、強豪チームが揃う中で平均ACSは250を超えるなどチームを牽引。アセント・アイスボックスのソーヴァマップでチームが好成績を残せたのは同選手の貢献が大きく、レイズでも先頭を切って素晴らしい活躍を見せました。Mixwell選手に注目が集まりがちな同チームですが、nukkye選手からも目が離せません。

おすすめコンテンツ

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ゲーム用ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ヘッドセット
  1. マウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. マウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. マウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする



目次
閉じる