» 世界大会「VCT 2022 Stage 1 Masters」出場選手の使用デバイス一覧

VALORANT:エントリーする際に意識すべき4つのポイント「役割の理解、経路、エリア確保、タイミング」

  • URLをコピーしました!

多種多様なアビリティが存在するVALORANT。それらをいかに駆使してサイト内へ侵入するか、いかに敵の侵入を妨害・遅延させれるかが、5v5タクティカルシューターである本作の中核をなす部分であり、難しいポイントであると言えるでしょう。

数々のFPS大会でキャスターを務めるddk氏は自身のTwitter上で「サイトにエントリーする際に意識すべき各エージェントの役割、経路選択、タイミング、エリアの確保&奪取」について解説を投稿。本稿ではこちらの内容を翻訳して掲載しています。

目次

エントリーの成功率を高めるために意識すべき「4つのポイント」

以下、ddk氏のTwitter投稿より一部引用

VALORANTのランクでは、サイトにエントリーする際に成功率を高めるためにセットアップ(各プレイヤーが行うべき役割、戦略)を行う必要があります。

それでは各エージェントの役割、エリアの確保&奪取、経路選択、タイミングについて見ていきましょう。

以下の例では、アビリティに阻害されずにサイトに侵入できることを前提にしています。

まず、敵プレイヤーがサイト中でいる可能性のある一般的なスポットを考えてみましょう。
下の画像に共通する場所がいくつかあります(ヘヴン、ラフター下、ドア、右寄りなど)。このステップで、残りの部分を考えてみましょう。

エントリー時の各エージェントの役割

そうした一般的なポジションを意識して、私たちのアビリティは以下の3つの役割を果たしています。

  1. 特定スポットを安全に潰す:ペイントシェル、ドローン/リコン、フラッシュ&モロトフ、グラビティウェル/ノヴァパルス、フォールトラインなど。以下の画像では、ジェットがそれらのアビリティの展開地点を回避してサイト内に入っていることが確認できます。
  2. チームが安全にエリアを確保し、スパイクを設置することができるように視界や敵のピークをブロックする。
  3. ディフェンンダー側のローテートを阻止する。

ブリーズでは、ヴァイパーのトキシックスクリーンによって、サイト内の敵プレイヤーを簡単に孤立させ、プラントを守ることができます。アタッカー側は壁の後ろのエリアを確保することだけを考えていればいいのです。

エリアを確保するためには

エリアを確保するには、アビリティを使用するか、もしくはプレイヤーが直接取りに行くかのどちらかになります。エリアは、単に相手がいないという情報だけでなく、プレイヤーの存在によって確保される必要があります。

一般的にエリアを取るということは、敵にプレッシャーを与え、相手の情報を遮断し、こちらが一方的に情報を得ることを可能にします。

上記の一連の流れを実行するためには、アビリティが使用されたらエントリーフラッガーは次のことをしなければなりません。

  • エリアを確保する(スモーク、ダッシュ、ブラストパックなど)
  • エリアを奪取する(プレイヤーが直接取りに行く)
  • サイト内にいる敵の排除

画像内の黄色いハイライトは、デュエリスト以外のプレイヤーが取る必要のあるエリアを示しています。

Pathing / パッシング(経路選択)について

最後に、パッシング(経路選択)についてです。アセントのAサイトでは、先頭のデュエリスト(例えばジェット)は、効率的なアングルとパッシングで、チームメイトがアビリティで確保したエリアを利用しながら、同時にすべての射線に晒されないような経路を選びたいと考えています。

2人目のプレイヤーは、ジェットがダッシュした後の後方のエリアをチェックする必要があります。また、アセントAサイトでは、ほとんどの場合ドアを閉める必要があるでしょう。ジェットのダッシュは、近い場所にいるプレイヤーから攻撃を受け、そして後続の味方によって倒されることになるはずです。ジェットもこの例ではトレードが可能であると仮定します。

パッシングとは、誰がどこをチェックし、クリアする必要があるかを知ることであり、そのためには最も効率的な経路とアングルを選択する必要があります。これは、マップやエージェント、投じられるアビリティによって異なってきます。

下位ランク帯でよく見られる問題点

上記のプロセスの中で、下位ランク帯でよく見られる問題点を紹介したいと思います。

  1. デュエリストが自身の役割を「エリアの展開&奪取すること」であることを理解していない。

もしデュエリストがダッシュしたり、ブラストパックを利用したり、フラッシュインしたりなど、エリアのために攻めることがないのなら、他のチームメイトも同様に攻め入ることが難しいでしょう。

  1. サポートが正しいポジションに適切にスモークを設置していない、アビリティを使ってポジションを潰さない、チームメイトと連携を取らない。

我々のデュエリストが、アビリティの展開場所(パラノイア、ノヴァパルスなど)を知らなければ、正しい経路を選択することは難しくなります。

  1. サイトに入るべきタイミングを逃す

死ぬのを恐れてサイトに入るのが遅れたり、待ったりすればするほど、防衛側のローテーションはどんどん迫ってきます。プレイヤーは皆、それぞれ自分の役割を理解し、尊重しあい、勝利のために時には犠牲になる必要があります。これは、私が下位のランク帯で最もよく目にする問題です。

プロの大会などで彼らの”経路選択”を見ることはとても役に立つでしょう。
エントリーするとき、彼らはどのように動いているのか?先頭、2番目の後続は誰なのか、彼らの役割は一体何なのか?どんなコンボを使うのか?

これらによって最適なアプローチについて多くを知ることができるはずです。以上になります。GLHF!

おすすめコンテンツ

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ゲーム用ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ヘッドセット
  1. マウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. マウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. マウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (9件)

  • ほんとにそれ
    リーアなりジェットのモクなりのエントリーに対応してモクとか吸い込みスタン入れるのに
    一生裏取りしかしなかったりブリンクインしないでヘブンと永遠に撃ち合ってたり
    まじで意味がわからん

    4
  • 俺は低ランクだからよ
    味方がしゃがんで誰も入らないんだ
    だからオーメン使って自分でモク入れてパラノイア投げ込んで入るんだ
    でも撃ちあい勝てないからランクは上がらないんだよな

    4
  • エントリーで倒される事を極端に恐れるのは
    KDでポイント上下するシステムのせいもあるよね
    ベイトしまくった方が増えるんだから

    1
  • デュエリストにも2種類いて「エントリー系」のジェット、レイズ、(ネオン)、(フェニ)と「フラッシュ系」のフェニ、レイナ、ヨル、ネオン。ネオンの場合はスタンだけど。

    デュエ2人いても「フラッシュ系」2人とかだとエントリーしづらい、だからピックの時点で1人はエントリー系いないといけない気がしてる。

    ちなみに、フラッシュはスカイ、ブリーチ、オーメン、でも代用できる。連携は必要になるけどね。

    1
  • デュエ使う人ってなんかゲームIQ低いんよな、ワンパターンな動きしかできない感じ

コメントする



目次
閉じる