» プロゲーマーの使用デバイス&所属チーム一覧

日本代表「ZETA DIVISION」takej選手へのインタビュー記事が公開。海外チームに対する印象やチームの目標、今大会の意気込みなどが語られる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ポーランドのeスポーツメディア「Weszło Esport」にて、国内プロチーム「ZETA DIVISION」のVALORANT部門に所属するtakej選手 (@takejfps) のインタビュー記事が公開されました。

ZETA DIVISIONは、現在ドイツ・ベルリンで開催されているVALORANTの世界大会「VCT Stage3 – Masters Berlin」(2021年9月10日-20日) に日本代表として出場しており、この後22時よりLATAM代表の「KRÜ Esports」との対戦を控えています。

Weszło Esportより公開されたtakej選手へのインタビュー記事では、ZETA DIVISIONのチーム事情や他の海外チームに対する印象、takej選手の個人的なトークなどが掲載されています。以下、元記事の全文翻訳となります。

目次

takej:ZETAとして、私たちはゴリアテに対するダビデになりたいと思っています。

ヨーロッパでのスクリムを終えたばかりだと思うのですが、結果はどうでしたか?

takej選手:具体的な結果は言えませんが、個人的には悪くなかったと思っています。何度か厳しい試合もありましたが、ほとんどの試合が接戦か引き分けに終わりました。アジア以外の国でプレーするのは2回目(私たちは以前はCS:GOをプレーしていました)ですが、一日でも早くさらに上手くなりたいです。

ほとんどのValorantファンにとって、あなた方は全く知らないチームでしょう。簡単にチームメンバーを紹介していただけますか?

takej選手:もちろんです。私たちのチーム名は「ZETA DIVISION」で、私の名前はTakejであり、チームのエントリーフラッガーを務めています。私はデュエリストをよくプレイしていて、特にレイナを使うことが多いのですが、他のキャラクターも時々使用しています。チームメンバーには、Lazvell (Laz) がキャプテン、ReitaがIGL、crow、barce、makibaがサポーターを担っています。もちろん、アナリストのgya9さん、コーチのJUNiORさんとXQQさんもいます。

日曜日はZETA DIVISIONが出場する中で、過去最大のValorant大会です。今はどのような心境ですか?

takej選手:とても楽しみにしていますし、できるだけ早く大会が始まって出場したいと思っています。とてもエネルギーが溢れているので、早く相手を倒したいです(笑)。

あなたのキャリアの中で最も大きな大会になりますね。緊張しますか?

takej選手:いいえ、緊張はしていません。私たちがCS:GOをプレイしていたときは、多くの国際大会に参加していたこともあり、大会前に緊張することはありません。

VCT Mastersに参加しているチームの各種ランキングを見ると、日本のチームはたいてい最下位になっています。ZETA DIVISIONやCrazy Raccoonには、この大会のダークホースになる可能性はあると思いますか?

takej選手:皆さんを驚かせるチャンスは絶対にあると思います。でももちろん、大会に出場しているチームは皆本当に素晴らしいです。私たちのチームは国際大会でCounter-Strikeをプレイすることで多くのことを学んできましたが、今度はValorantでもう一度学ばなければなりません。そして、全16チームの中で自分たちが最下位であることは、私たちにとっては新しい状況であり、それに慣れなければなりません。でも、ベストを尽くして自分たちの良い面を見せたいと思っています。このランキングを見て、私たちは高いモチベーションを感じていますし、ゴリアテに立ち向かうダビデのようになりたいと思っています。また、日本の多くのファンもこの大会を楽しみにしてくれているので、できるだけ多くの喜びをファンたちに与えたいと思っています。

Challengers終了直後のインタビューでは「Mastersで対戦したい相手は?」という質問に対して、「海外選手のことはあまり知らないし、他の大会も見ない」と答えていましたね。今は3日間、EUサーバーでスクリムやランク戦を行った後だと思うのですが、対戦してみたい選手はいましたか?

takej選手:正直なところ、まだ他の地域の試合を見たことはありませんが、この数日間でAcendのcNedがとても気に入りました。彼は本当に素晴らしいプレーヤーだと思います。このサーバーで彼に勝ちたいです(笑)。

EUサーバーでプレイしてみての全体的な印象はいかがですか?

takej選手:うーん、ヨーロッパのランクサーバーでは、みんながよくコミュニケーションを取り合っていて、それがとてもいい印象でした。その一方で、ときどき口論になっていることもあって、それにはちょっと驚きました(笑)。日本ではこのようなことはほとんどないので。

他の地域のことはあまり知らないと仰っていましたが、もしかしたら今大会でどのチームが一番強いと思うかわかるかもしれませんね?

takej選手:前回のMastersを踏まえると、Sentinelsが一番強いチームだと思っています。

日本大会のChallengersでは、とても素晴らしい個人成績を残しましたね。決勝戦ではレーティング1.24、KD1.25、そして最初のマップ「Haven」の序盤ではACEを獲得しました。ベルリンでも同じような高いパフォーマンスを発揮できると思いますか?

takej選手:いい質問ですね。今大会には強いチームや選手がたくさん参加しますが、正直なところ、自分の実力には自信がありますし、誰にも負けるつもりはありません。

チームとしての今大会での目標はありますか?

takej選手:当然、誰もが思っている最終的な目標は優勝することです。しかし、私たちは主に多くの強豪チームと戦って経験を積み、TOP4を目指します。

あなたのチームについてもう少し話をしましょう。「ZETA DIVISON」はどのようなスタイルを持ち、他のチームと比べてどのような強みを持っているのでしょうか?

takej選手:私たちは相手とそのプレースタイルに適応するチームです。とても柔軟性があり、ラウンドごとに異なるプレーをしています。個人のプレースタイルという意味では、私たちの間には大きな違いがありますが、個人的にはもっとアグレッシブにプレーしたいと思っています。

Valorantが日本でリリースされたとき、当時まだAbsolute JUPITERだったあなた達は、すべての大会で連勝していました。しかし、最も肝心な国際大会では、決勝でCrazy Raccoonに2回連続で敗れてしまいましたね。そのときの心境はいかがでしたか?

takej選手:負けた直後のあの瞬間は、これでチームの良い流れが終わってしまうかもしれないとショックを受けました。しかし、ベルリンの前に行われた最後のChallengersで、私たちは違った見方をするようになり、これは私たちがさらに発展させなければならない経験だと思うようになりました。

前回のChallengersでは、プレーオフでZETAに勝ったのはCrazy Raccoonだけでしたが、今回は2回戦でNortheptionにも負けて一度はルーザーズに降格してしまいましたね。このようなパワーバランスの変化は、何が原因なのでしょうか?他のチームが強くなったのか、それともZETA DIVISIONが勝ち続けて怠けてしまったのでしょうか?

takej選手:私たちはその試合で負けるとは思っていなかったと思います。バインドで負けてしまい(Northeption戦のBO3初戦は13-5で敗北)、その後も意識を変えられずに多くのミスをしてしまいました(試合は2:1でNortheptionが勝利)。周りの他のチームは、信じられないほどの速さで上達していきました。 私たちのレベルが下がったことが問題だとは思いません。

過去2回のChallengersでは、決勝でCrazy Raccoonに敗れましたが、今回はZETA DIVISIONが優勝しました。今回の優勝の決め手はなんでしょう?

takej選手:今回は私のデュエリストが強すぎたのが勝因ですね(笑)。先ほどのNortheptionとの対戦では、ローワーブラケットに落ちたときに、個人でかなり良い結果を出すことができて、それからなんとか意識を変えることができたと思います。自分がアジアでもトップクラスのデュエリストであることを実感し、もっと自分を信じようと自分に言い聞かせて、その気持ちで決勝のCrazy Raccoon戦に臨みました。

決勝戦は非常に厳しい試合でしたね。最初の2つのマップを勝利し、優勝はほぼ手中にあったと思います。しかし、その後にCrazy Raccoonが同点に追いつき、最後の5つ目のマップで優勝が決まりました。この試合の前には、ルーザーズの決勝戦でBO3の試合をしていたので、相当な疲労感があったのではないでしょうか。最後のマップの前にはチームは何を話していましたか?また、どのようにして奮起し、タイトルを獲得できたのでしょうか?

takej選手:第3、4マップでは非常に疲れていて、多くのミスをして負けてしまいました。第5マップの前に「勝っても負けても最後の戦いになるから、全力で挑もう」と話していました。私たちのバッテリーのパワーは50%程度でしたが、最後のマップでは150%の力を発揮し、ついに勝利を手にすることができました。

決勝戦の最終ラウンドで、お二人が話している映像を聞きました。makibaが最後のキルを取って、あとはスパイクを解除するだけになったとき、皆さんは叫びながら喜んでいましたね。そのときの心境はどうでしたか?嬉しさや突破したという安堵感があったのでしょうか?

takej選手:非常に嬉しかったですね、自分たちの場所に戻ってきたという感じがしました。それと同時に、試合が終わってすぐに友人や家族全員にメッセージを送りました。まだ試合の配信が終わる前だったので、みんなに結果をジェスチャーで伝えました(笑)。

Crazy Raccoonとの関係はどのようなものでしょうか?今年は何度も決勝戦で対戦していますし、日本サーバーでは最大のライバルだと思いますが、プライベートではどういった関係なのでしょうか?

takej選手:私たちは多くのチームにいい友人がいます。Crazy Raccoonでは、特にrionとZepherが好きでした。でも、大会では彼らを対戦相手、さらには敵として考え、まったく友達ではないかのようにプレイしていました。

7月に行われた前々回のChallengersの後、Makiba選手がチームに6人目のメンバーとして加入し、久しぶりにZETAに新しい選手が加わりました。彼が来たことでチームにはどんな変化がありましたか?彼の存在によって、以前とは違ったプレーができるようになりましたか?彼をどのように受け入れましたか?

takej選手:個人的な意見では、彼が来たことでチームの雰囲気はさらに良くなりました。彼が来たことで一緒にプレーできるエージェントの数が増え、そのおかげで様々な新しい戦略を取ることができるようになりました。私たちはお互いに多くのことを学び、彼をチームにうまく迎え入れたと言えると思います。むしろ、昔からの良い友人でした(笑)。

takej選手ののイメージについてもお聞きしたいと思います。あなたはインタビューに答えるとき、とても饒舌なことで知られていますが、TwitterやTwitchではあまり積極的ではないようです。ヨーロッパの多くのプレーヤーは、どちらかというと自由奔放でよく喋る選手が多いですが、あなたはその反対の印象を与えています。

takej選手:それは、私たちのキャラクターの問題だと思います。私はよくバカなことを言ったり、面白くないジョークを言ったりするので、インタビューではとても子供っぽいと思われるかもしれません。西原さん(ZETA DIVISION代表)からもっと多くのことが聞けると思います。

西原大輔氏:あえて言わせていただくと……。うちの選手は結構シャイだと思うんですよ。自分が感じたことや考えたことをあまり話さず、一人で抱え込んでしまう傾向があると思います。でも、カメラやインタビューがないときは、とても大きな声で話すので、個性がないわけではありません。

同時に、ZETA DIVISIONのプロモーションは、日本のシーンにおけるまるでバッドボーイズ(悪役)のようなイメージを定着させていますね。他の組織ではなかなか見られない効果を得られていると思います。海外のファンからも、このイメージについて肯定的な意見が多く見受けられます。

takej選手:私たちは実際には悪者だったり、怖い人たちではありません。カメラの前では、どちらかというとシャイなのです。普段の私たちは、どちらかというと優しい人間だと思います。

前回のMasters大会では、面白い入場や勝利後のポーズなどを行うクレイジーなチームが人気でした。ZETA DIVISIONはベルリンに向けて何か面白いパフォーマンスを用意していますか?

takej選手:(長く考えた後)何とも言えません。もしかしたら、何か面白いことをする可能性はあるかもしれません。今のところそのような計画はないですが、前から考えていたのはかっこいい入場をしたいということです。ただ、今のところはまだ何も準備していません。

今大会のことやZETA DIVISIONの最近の成果について話してきましたが、takej選手のことをもっと知りたいです。あなたの最大のeスポーツの夢は何ですか?

takej選手:私は本当に、本当に、プレイするゲームで人々に「彼は素晴らしいプレーヤーだ、最高の一人だ」と言わせたいです。これが私の夢です。

takej選手が尊敬している選手はいますか?

takej選手:G2のNiKo選手、Counter-Strikeの選手ですね。長い間、彼を尊敬しています。

もしも、プロ選手になっていなかったとしたら、今は何をしていると思いますか?

takej選手:まだニートをやっていると思います(笑)。幸いなことに、私はeスポーツの道に進むことができ、それで生計を立てることができています。

ドイツ到着後に「ドイツ人女性と結婚する」とツイートしていましたね。なぜ急に結婚したくなったのでしょう?

takej選手:ここにはたくさんの可愛い女の子がいます、とても美しいです。もし興味のある女の子がいたら、僕の受信箱は開放しているのでメッセージを待っています、と記事に書いていただけますか(笑)。

ポーランドに住む私たちは、ドイツの女性が特に美しいとは思わないのでとても驚きました。ポーランドの女性は別格ですよ。多くの国で世界で最も美しい女性の一人という意見がありますからね。

西原大輔氏:僕もそういう意見を聞いたことがありますが、確かにポーランドの女性はものすごく美しいですよね。

takej選手:それなら、僕もポーランドの女の子達からメッセージをもらえたらとても嬉しいです!(笑)。

最後に、個人的な質問をさせてください。日本でのインタビューや私との会話の中で、あなたはかなり深刻な口調で家族について語っていました。他の選手は彼らのファンやチームメイトに焦点を当てて、家族の話題はほとんど出さないように思います。これも日本人選手としては珍しいことだと思います。家族とは仲がいいのでしょうか?

takej選手:そうですね、私にとって家族はとても大切です。私が中学3年生くらいのときから、両親は私がプロ選手になる夢を応援してくれていました。両親はいつも応援してくれていて、「全力を尽くせ」と言ってくれました。家族は私の最大のファンであり、彼らにはできるだけ多くの喜びを与えたいと思っています。

先ほどのインタビューでは、お父様のことを詳しく話されていて、お父様のために勝ちたいとおっしゃっていましたね。

takej選手:その通りです。父は、VALORANTのベータ版がリリースされたまさにその時期に亡くなりました。私がプロ選手としてお金を稼ぐようになる前に、家族は父が末期であることを知りました。プロになったら色々なところに連れて行ってあげたいと思っていたのですが、残念ながら父はそれを見届けることができませんでした。これからは、今までの関係のためにも、日本でも世界でも、自分のできることをすべてやり遂げようという気持ちでプレーしていきます。

eWeszłoチーム一同、あなたの成功を心から祈っています。最後に、このインタビューを読んでいるValorantのポーランドのファンに向けて一言、お願いします。

takej選手:このインタビューを読んで、私のファンになってくれる人がいたらとても嬉しいです。特に、eWeszłoの女性読者からのプライベートメッセージを楽しみにしていますので、応援よろしくお願いします(笑)。

引用元:takej: Jako ZETA chcemy być Dawidem w starciu z Goliatami

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする



目次
閉じる