» プロゲーマーの使用デバイス&マウス感度一覧

2月より開催予定の「VCT Challengers JAPAN」で新エージェント「ネオン」が使用可能となることが公式より発表

VALORANT開発元のRiot Gamesが主催するVALORANT公式大会「VALORANT Champions Tour」にて、2月より開催予定のオープン予選より、本日公開されたパッチ4.0で追加された新エージェント「ネオン」が使用可能であることが公式ツイッターより発表されました。

VCT予選でのネオンの利用についてアップデート:

1月25日以降に開始されるVCT予選 (北米、韓国、日本) にて、ネオンの使用が可能となります。

1月25日以前より開始されるVCT予選 (EMEA、LATAM、ブラジル、東南アジア) では、ネオンの使用は不可能となります。

VALORANT Champions Tour (@ValorantEsports)

VALORANT Champions Tourでは全ての地域に共通して、新たに追加されたエージェントは、リリースから2週間は公式大会での使用が禁止されるという公式ルールが存在しますが、前回登場したチェンバーに関しては、世界大会「Champions」の開催時期と被っていたこともあり、期間経過後も特例として公式大会での使用はしばらく禁止されていました。

今回の発表により、本日より登場した「ネオン」は下記のグローバルルールに則り、2週間後の1月25日から公式大会での使用が可能になることが明らかになっています。

7.4.1. 新しいエージェント
新しいエージェントについては、試合用にリリースされてから2週間は
自動的に使用が禁止されます。例えば、エージェントAが2月5日にリ
リースされた場合、そのエージェントAは本大会において2月19日まで
使用することができません。

VALORANT CHALLENGERS RULES Stage 3 – 7.4.1.

リリース早々に競技シーンでネオンのプレイが見られることにコミュニティからは期待が寄せられる一方、「地域ごとにプレイ環境が違うのは一貫性がなく、フェアではない」といった今回の対応に異議を唱える声も挙がっています。

また、パッチ4.0で変更された武器のバランス、マップのレイアウトなどの要素がChallengers予選で反映されるかは言及されておらず、詳細な情報はVCT公式からの発表を待つ形となります。

チェンバー、フラクチャー、そして本日より公開された「ネオン」の国内初舞台となる「VCT 2022: Challengers Japan Stage」のオープン予選は2022年2月からの開催が予定されています。

おすすめコンテンツ

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. マウスパッド
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングキーボード
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲームパッド
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. 周辺機器・アクセサリ
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. 周辺機器・アクセサリ
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. マウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSで記事をシェアしよう

コメント

コメント一覧 (4件)

  • プレイヤー側は「プロが大会で使うネオンを早く見たい」って気持ちは当然あるけど、
    リリースしたばかりでバグ修正もバランス比較もできてないのに、いくらなんでも速すぎる
    プロがまだ発見されてない、公式から見たらバグ判定のメタを使いだしたらどうするのよ
    下手したらchampionsのブリーズサイファーのカメラと同じことが起きるぞ

    6

コメントする



目次
閉じる