» ヴァロちゃんねる|VALORANT5chまとめ

VALORANT:マッチ待機中のデスマッチ参加、カスタムゲームのAIボット導入を検討か

URLをコピーする
URLをコピーしました!

海外掲示板redditに投稿された「AI bots should be introduced in custom games.(AIボットをカスタムマッチに導入すべき)」という話題に対して、VALORANTのソフトウェアエンジニアである”tehleach29”氏が、カスタムマッチのAIボット実装・マッチ待機時間中にデスマッチをプレイできるようにする機能の実装を将来的に検討していることを明らかにしました。

あわせて読みたい
Logicool、G PROシリーズの新型軽量化モデル「G PRO X SUPERLIGHT」を発表、Amazonで予約受付がスタート
Logicool、G PROシリーズの新型軽量化モデル「G PRO X SUPERLIGHT」を発表、Amazonで予約受付がスタート2020年11月18日、ゲーミングデバイスブランド「Logicool G」は、同社の人気軽量ワイヤレスゲーミングマウス「G PRO WIRELESS」をさらに25%軽量化した新型モデル「G PRO...

こちらの掲示板では、カスタムゲームでAIボットを自由に設置できる機能や、複数のプレイヤーと一緒にプラクティスモードで遊べるようにして欲しいといった要望が多く寄せられています。

これらのコメントに対し、VALORANT開発チームの一人である”tehleach29”氏は「開発チームはこれらの考え方に沿って、いくつかの新しい機能を追加することを検討しています。」と回答。また、それらの機能を実装するには、多大な技術的努力が必要であることも付け加えました。

さらに同氏は、「インキュー(マッチ)中にデスマッチをプレイすることも私たちが実装したい機能ですが、最初にまず、進行中の試合へプレイヤーが途中参加できるシステムを構築して、プレイヤーが出入りする長時間のデスマッチを行えるようにする必要があります。」とコメントし、マッチ待機時間中にデスマッチをプレイできるシステムの導入を検討していることを明らかにしました。また、これらのシステムが実現した場合、デスマッチに自由に途中入退室ができるようになる可能性も十分にあると言えるでしょう。

VALORANTの開発チームが現在これらの機能やシステムの導入を検討していることは明らかですが、実際にゲーム内に実装されるまでにはまだ時間がかかりそうです。

引用元:AI bots should be introduced in custom games.

created by Rinker
Logicool G(ロジクール G)
¥16,200 (2020/11/27 21:03:16時点 Amazon調べ-詳細)

» Logicool、G PROシリーズの新型軽量化モデル「G PRO X SUPERLIGHT」を発表、Amazonで予約受付がスタート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする



目次
閉じる