» プロゲーマーの使用デバイス&マウス感度一覧

超人気ストリーマー”Shroud”による『VALORANT』のキャラ考察を分かりやすくまとめてみた!

元Cloud9所属のCS:GOのプロゲーマーで、現在は超人気ストリーマーとして知られるShroud氏による『VALORANT』(ヴァロラント) のエージェントの解説動画をYouTubeで見つけたので、要点をまとめてみました。

元動画はこちら: https://www.youtube.com/watch?v=HxDv2O5Z_r8

また、今回の記事作成にあたっては@Hamu_desugaさんに協力していただきました。ご協力本当にありがとうございました。

目次

BREACH / ブリーチ

●AFTERSHOCK
壁を貫通する爆風を発射する 。ダメージは大。ミニマップに効果範囲が映り、それを見ることで正確な射撃をすることが可能。 射撃後、壁越しにエフェクトが出て数秒後に爆発するため回避は容易である。

●FLASHPOINT
壁を貫通するフラッシュバンを発射する。ミニマップに黄色い円で映る。かなり遠くまで届く模様。

●FAULT LINE
壁を貫通し敵をスタンさせる衝撃波を放つ 。チャージすることによって射程距離が伸びる。このアビリティは購入する必要が無く(要確認)、33秒待つことによって使用可能となる。 ヒットによるダメージは無し。

●ROLLING THUNDER
扇状に広がり敵をスタンさせる衝撃波を放つ。ミニマップを見ることで効果範囲を把握することができる。 敵は遠くにいればいるほど回避はしやすいが、扇状に広がるため大きく移動する必要がある。

■Shroudの考察
攻めるときに重要な役割を持つことになるため、必須ピックエージェントの内の一人。

SAGE / セージ

●SLOW ORB
地面に接触するとスローエリアを展開するオーブを投げる。範囲内に入ると足が遅くなり音が鳴る。二つ所持することが可能。足音を消すことができるスニーク移動時にも音が鳴る模様。

●BARRIER ORB
破壊可能なバリアを出現させる。バリアの奥は見えず、壊すのに多くの時間を要する。壊さずに放置した場合には形成から30秒後に崩れる。バリアをエージェントの足元で使用することでその上に乗ることができ、通常行くことができない場所に入ることが可能。 味方を運ぶこともできる。

●HEALING ORB
自身と味方をフルHPまで回復させる 。瞬時回復ではない。 購入する必要は無く、チャージすることによって再使用可能。

●RESURRECTION
死亡した味方を復活させる。味方の死体が近くにある時、クロスヘアを味方に合わせ左クリックをすると復活する。復活した後はHPがじわじわと回復していき、最終的にはフルHPまで回復する。

■Shroudの考察
・上下の移動によってヘッドラインをずらし、また相手の予測していない射線を使うことによって簡単にキルがとれる状況を作り出すことができる。
・購入する必要のない回復アビリティによって戦況を優位に保つことができる。
・攻める際にもSLOW ORBを投げておくだけで音で敵の居場所を把握できるため、攻守ともに非常に重要なエージェントになるだろう。
・必須ピックエージェントの内の一人。

BRIMSTONE / ブリムストーン

●STIM BEACON
味方にバフを付与するビーコンを設置する。ビーコンを中心に円状のサークルが出現し、その中に入ると射撃スピードが上がる。射撃スピードが上がることによって瞬間火力は上がるもののリコイルは上がってしまうため扱いは難しい。

●INCENDIARY
地面に触れると爆発し、触れたところを中心に炎を出現させる火炎弾を発射する。ダメージは大きく、SAGEのSLOW ORBと合わせて使うことでキルをしやすくすることが可能。

●SKY SMOKE
指定した位置にスモークを放つ。BRIMSTONEの一番重要であろうアビリティ。アビリティボタンを押すことでミニマップが大きく表示され、3つの位置を指定することができる。位置を指定した後にすぐさま上空からスモーク弾が投擲され地面に触れると完全に視界を遮るスモークが発生する。範囲は目算で横幅エージェント4人分。縦幅エージェント1.5人分。

●ORBITAL STRIKE
アビリティボタンを押すことでミニマップが大きく表示され、指定した位置に大きな爆風を放つ。発動までの時間がかなり早く、回避するには早い決断を要する。爆風に触れると大きな継続ダメージを受ける。範囲は目算でプラントポイントの7割の大きさ。

■Shroudの考察
・攻撃側では重要な役割を担うことができる。
・プラント(爆破物の設置)をする際に相手の射線を塞ぐことができ、ULTは1v1の時大きく役に立つだろう。

OMEN / オーメン

●SHROUDED STEP
一定距離をテレポートする。テレポート時はそこへ行くまでの軌跡を残さず、ノイズだけが鳴る。発動までの時間は約1秒。

●PARANOIA
壁を貫通し触れた敵の視界を遮る影を発射する。ミニマップ上で影の位置を確認できる。

●DARK COVER
指定した位置にスモークを放つ。

●FROM THE SHADOWS
アビリティボタンを押すことでミニマップが大きく表示され、指定した位置にテレポートすることができる。テレポートをした瞬間にワープホールが出現し、3秒間待機してから移動が可能になる。その3秒間の間にワープホールが敵によって破壊されると、アビリティは使用された状態でテレポートがキャンセルされる。

■Shroudの考察
・圧倒的なキルムーブキャラ。
・FROM THE SHADOWSを使って出現したい位置にまずDARK COVERのスモークを出現させ、そこにテレポートをすることによってワープホールを壊されにくくすることが可能。
・積極的に相手の裏を取り人数有利に持ち込むことが重要な上級者向けエージェント。
・Shroud「こいつめちゃくちゃかっこいいから一番好き。俺のアイコンとも似てるし。」

CYPHER / サイファー

●TRAPWIRE
触れた敵の位置情報を明らかにしスタンさせるトラップワイヤーを設置する。トリップワイヤーを高い位置に置くとしゃがむことで回避され、逆に低い位置に置くとジャンプすることで回避される。絶妙な位置調整が必要になる。2つまで設置することができ、一定距離離れたところからでも設置がすることができる。回収するのも一定距離離れた位置からできる。

●CYBER CAGE
任意のタイミングで発動でき、視界遮断&スローを与えるトラップを設置する。発動すると大きな筒状の渦が展開され、視界を遮断しそれに触れた敵は動きを遅くする。2つまで設置可能。

●SPYCAM
監視カメラを設置する。再発動するとカメラ視点に切り替わる。SPYCAMは相手の位置を明らかにするダーツを撃つことができ、ダーツが当たった敵は壁越しでも姿を確認できるようになる。 敵は体に刺さったダーツを抜くまで約0.5秒ごとに位置が相手チームに見える。SPYCAMのHPは1。撃つことで壊すことができる。再利用可能。

●NEURAL THEFT
敵の死体にアクセスし敵の位置をハックする。1秒間敵の位置が壁越しに見ることができるようになり、マップにも映る。

■Shroudの考察
・必須キャラクターの内の一人。
・特にソロランクで使いやすいエージェント
・敵の進行速度を遅らせることができ、味方とVC等で連携が取れる場合には簡単に裏取りができる。
・一部のマップに存在するワープポータルに予めCYBER CAGEを設置しておくことで簡単に敵をキルすることができる

JETT / ジェット

●TAILWIND
自身が動いている方向に瞬間移動する。瞬間移動の際は姿が見えなくなるわけではないため注意が必要。JETTが動いていないときにアビリティボタンを押すと向いている方向に瞬間移動する。UPDRAFTと併用することでかなり高い機動力を得る事ができ、CLOUDBURSTなどのスモークを活用することで狭い空間で敵の裏を取るといったようなこともできる。

●CLOUDBURST
3つまで所持できるスモークを投げる。投げた後は視点を動かすことでコントロールすることができ、建物を跨いで展開することも可能。

●UPDRAFT
空高くジャンプする。通常では行くことのできない高い場所へ移動できる。

●BLADE STORM
敵を倒すごとにリチャージされるダガーを5本投げる。左クリックで1本ずつ投げ、右クリックで残りのすべてのダガーを一斉に投げる。

■Shroudの考察
・キル厨のために作られたエージェント。
・私の予想では間違いなくJETTが一番PICKされるであろう。
・一番最初の仕事は一番強いポジションをTAILWINDやUPDRAFTを駆使し奪取することである。胴体撃ち1発のこのゲームにおいて「待ち」が強いのは明らかである。
・最も強いポジションを取り、敵を待ち、イージーキル。それが彼女の最初の役割であり大部分である。
・そして役割を終えた後は混戦になった際にどうやってポイントをリテイクできるかを考え、UPDRAFT、TAILWINDを駆使しながら狭い空間で裏取りをして人数有利を作っていく。
・彼女の仕事は敵を倒すこと。ただ一つである。

PHOENIX / フェニックス

●BLAZE
湾曲可能な炎の壁を発生させる。自分のクロスヘアに従って発生するため、自分の思い通りに形を変えることができる。また、PHOENIXは炎のダメージを受けない。ジャンプで超えることはできない。

●CURVEBALL
軌道を曲げられるフラッシュバンを投げる。左クリックで左に曲がり、右クリックで右に曲がる。

●HOT HANDS
ファイアーボールを投げる。壁に当たると反射する。爆発した後、そこを中心に円形の炎が発生し敵に継続ダメージを負わせる。

●RUN IT BACK
現在位置をマークし、自身が死亡or効果時間が切れるとマーク地点にフルHPで復活する。

■Shroudの考察
・かなりわかりやすいエージェントで、これといった強いアビリティはない。
・基本的にキルを取りに行く役割で、BLAZEとCURVEBALLを駆使しながら前線に出て、狭い空間でのクリアリングはHOT HANDSで行うとスムーズに進めるだろう。
・分かりやすく扱いやすいエージェント。

SOVA / ソーヴァ

●OWL DRONE
操作可能な偵察ドローンを飛ばす。ドローンはダーツを発射することができ、敵にヒットさせた場合は敵の位置が壁越しに味方全員に見えるようになる。

●SHOCK BOLT
範囲ダメージを与えることが可能な矢を放つ。右クリックで最大2回まで矢を跳ね返させることができる。

●RECON BOLT
着弾地点で周辺の敵を検出する矢を放つ。右クリックで最大2回まで矢を跳ね返させることができる。壁越しにも敵が見える。破壊可能。

●HUNTER’S FURY
壁を貫通する最大3本の矢を放つ。ダメージは70~80。かなり長い射程を持つ。

■Shroudの考察
・貴重なサポートエージェント。
・RECON BOLTはアクティブになるとかなり大きい音とエフェクトを発生させるため、それを利用して敵の視線を誘導しイージーキルにつなげることも可能。
・HUNTER’S FURYで直接敵を倒すことはかなり難しいと思うが、狭い空間で使うことで敵に当たりやすくなるため、味方と連携を取りながらタイミングを見計らって使おう。

VIPER / ヴァイパー

特殊なエージェントのため、先に説明。 ヴァイパーは「毒の燃料」を持っていて、一部のアビリティはそれを消費して発動する。燃料が減っても時間経過で補給される。

●SNAKE BITE
範囲内の敵にダメージとスロー効果を与える酸を発射する。味方にも影響あり。

●POISON CLOUD
再発動すると毒の煙幕を発生させるトラップを設置する。煙幕を展開させている間は毒の燃料を消費する。煙幕は、毒の燃料が完全になくなるor任意のタイミングで毒の放出を止めることによって止めることができる。味方にも影響あり。

●TOXIC SCREEN
再発動すると毒ガスの壁を出現させるトラップを設置する。トラップを空高くに投げることで実質マップの端から端まで壁を展開することが可能。毒ガスの壁は、毒の燃料が完全になくなるor任意のタイミングで毒の放出を止めることによって止めることができる。味方にも影響あり。

●VIPER’S PIT
毒の煙幕を広範囲に放出する。ヴァイパーが毒の煙幕の中にいて死なない限り煙幕が消えることはない。一定時間煙幕から離れると徐々に消える。彼女以外のキャラがスモッグの中に入ると継続ダメージを与える。煙幕の外から中の様子は確認できない。

■ヴァイパーに関してはShroudの解説がなかったため、筆者の考察を。
・味方にも影響を与えるため、キャラの特性をしっかり理解してからでないと野良で運用するのは難しいでしょう。
・ どちらかというとサポーティブなエージェントだと思います。
・ある程度敵のHPが削れて、尚且つ3v3等の少数戦になった場合は積極的にULTを使ってプラントするといいでしょう。
・味方のポジショニングを見てULTの煙幕を消すか消さないかをちゃんと見極めることが大事でしょう。
・基本的にプラントした後は、味方がカバーすることができない状況であればできるだけ早く自身がデスする前に煙幕を消すことをおすすめします。スモッグの中では1vXになってしまいますし、SAGEがいればHPリソースで完全に劣ってしまいます。
・最悪、自分がデスして味方が煙幕で見えないうちに敵に解除されるなんてことはいくらでも予想できます。「味方がカバーできるかどうか」それだけを頭の中に入れてプラントした後は臨機応変に対応しましょう。

おすすめコンテンツ

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. マウスパッド
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ヘッドセット
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする



目次
閉じる