»「VCT 2022 Stage2 Playoff Finals」出場選手の使用デバイス一覧

世界王者「FunPlus Phoenix」の特殊なバイ方法を紹介

  • URLをコピーしました!

先日開催された国際大会「Masters コペンハーゲン」で見事優勝を飾ったEMEA代表「FunPlus Phoenix」。さまざまな強みを持つ同チームですが、そのうちの一つである特殊なバイ方法についてご紹介します。

目次

①ファーストラウンド勝利時

ファーストラウンドを取得した場合、他のチームではヘビーアーマーに加え、スペクターやマーシャルなどの武器を全員が購入することがよく見られます。しかし、FPXはヴァンダル、ファントムやガーディアンなどの比較的強い武器を3名が購入。残り2名はピストルのまま、というバイを行います。また、ほとんどの選手がハーフアーマーでセカンドラウンドを戦います。

より正確に言えば、3名が「購入できるうち最も強い武器」を購入し、残りの2名がピストルでマネーを節約します。このバイによって、武器が不利なため相手に取得されやすいサードラウンドを「セカンドラウンドで購入した強い武器+節約したマネーで購入した強い武器」で臨むことができます。

また、セカンドラウンドでは前目のポジションやリスクのある行動はピストルのプレイヤーが行うなど役割を徹底しており、相手チームにスリフティーの可能性を与えない動きをしています。

このバイ方法を採用していることもあり、ボーナスラウンド(ファースト、セカンドラウンドを取った場合のサードラウンド目)の勝率が50%を超える数字を記録しているFPX。相手に流れを簡単に渡さない戦い方は優勝チームの大きな強みの一つでしょう。

②ファーストラウンド敗北時

同チームはファーストラウンドを落とした場合に行うセカンドラウンドのバイも他チームと異なります。

セカンドラウンドではアビリティの購入をほとんど行わず、シェリフのみのバイを決行しているFPX。同チームはシェリフでの撃ち合いを得意とする選手が多いため、アビリティを使わずシェリフで相手チームを削る動きを行っています。相手チームが遠距離での戦闘を苦手とする武器であるスペクターの購入を行っていることも多いセカンドラウンド。交戦距離が遠ければシェリフにアドバンテージがあることもシェリフ購入の理由の1つとして考えられます。

国際大会の場においても非常に高い撃ち合いの強さを見せていたFPX。人数配置や射線管理、そして撃ち合いといったミクロが秀でている同チームであるからこそ、リスクのあるバイの強みを最大限に活かすことに成功しています。エージェント構成や戦い方、そしてバイ方法が特殊な新王者FPXですが、「FPXバイ」が競技シーン、そしてコンペティティブなどで当たり前のように見られる日が来るかもしれません。

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ヘッドセット
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. マウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (34件)

  • > コンペティティブなどで当たり前のように見られる日が来るかもしれません。
    来んな!

    • フルパならまだしも野良とかいる時誰が買うとか言うのめんどくさいし全員この作戦知ってるから分からんから結局皆様子見て今まで通り買いそう

  • プロチームの連携力が為せる技なのに上っ面だけ素人がすくいとって上手くいく訳ないから、間違っても野良コンペで試そうとしないでくれ

    • vcで連携取ってやれば野良でも出来るのでは?ボーナスのこと考えたら別にスペクター5が超絶安定でもないし

      というか何もチャレンジせず定石でやる試合って面白いか?
      野良だから〜とかいうコメあるけど何の責任感もない野良マッチだからこそみんなで色々考えて楽しみたいじゃん

      • 野良だとヴァンダルバイしてる奴がエコ狩りに行って武器取られるだけだよ

      • けどお前野良が武器買って前突っ込んで死んでラウンド取られたら怒るじゃん

      • 武器買った人がリスクを抑えたプレイ徹底して、ピストルの人が前目のポジ徹底できる前提の作戦を即興の野良とやるのはコンペじゃリスク高すぎる。それにピストルラウンドだけで味方の撃ち合いの強さとか前目ポジで上手く立ち回れるかも分からない。

  • 最近ファーストラウンド勝ってもスペクターじゃなくてスティンガー使ってる奴多いから使ってみたけどリコイル覚えたらスペクターより断然強いわ
    脳死ヘヴィースペクターって結構害よ

  • ファースト勝った時のバイ戦略はフルパありきの買い方だし野良では流行らんやろ
    負けた時のノーアビシェリフは増えるかもしれないけど

  • 頼むから野良ランクではやるやつ増えないでくれ
    自分の事プロだと勘違いした馬鹿がやりそうで怖い

  • ハーフアーマーは野良だと事故りそうで怖い
    ヴァンダル取られたら戦犯になるし

  • ヴァンダルファントムだったら落として戦犯、スペクターなら良いみたいな意見のやつ弱すぎだろ

    • スペクターならヘッド1発でも死なないしシールド含めて五分以上で済むけどヴァンダル落としたら明らかに対面不利でワンチャン作られるから戦犯なんだよ
      頭が弱いのはお前な

  • 結局リスク諸々を考えるとスペクターが一番の安牌なんだよな
    もちろん他の方法を試してみるのは悪いことじゃないからメンバーとちゃんとVCで相談しよな一人でズラしたバイする奴が一番の害悪

  • 今年のZETAとかCRも似たバイしてたよね
    誰がどこ見るとかどう戦うかとかが固まってるからこそできる戦術ぽくもありそう

コメントする



目次