»「VCT 2022 Stage 1 Masters」出場選手の使用デバイス一覧

nitr0がVALORANTからCS: GOに転向、古巣Team Liquidへの復帰加入を発表。復帰の理由は「CS:GOにかける情熱」「コミュニティの年齢層」と語る

  • URLをコピーしました!

元「100 Thieves」VALORANT部門に所属していたnitr0が、5年以上在籍した古巣「Team Liquid」のCS:GO部門へ再加入することがチームより発表されました。

2014年から2020年までCS:GOで活躍したnitr0は、賞金1億円以上の「Intel Grand Slam」の達成などの功績を残し、アメリカで最も成功しているプロゲーマーのうちの一人だと称されています。2021年からはVALORANTに移行し、「VCT Stage3 Masters Berlin」ではTOP4入りを果たすなど、両タイトルで成功を収めている選手です。

目次

復帰の理由は「CS:GOにかける情熱」「コミュニティの年齢層」

今回の加入に関してワシントン・ポストによりインタビューが公開。復帰の理由として「CS:GOにかける情熱」そして「コミュニティの年齢層」が上げられています。

VALORANTからCS: GOへ復帰する決断をした経緯を教えて下さい。いつ頃から戻りたいと思うようになったのですか?

nitr0: 最初に戻りたいと思うようになったのは、前回のメジャー大会(PGL Major Stockholm 2021)が行われた11月です。カウンターストライクに戻るというのは、長期的な計画や長期的な判断ではありませんでした。

覚えているか分かりませんが、私は2020年にLiquidを脱退してからもカウンターストライクでの活動を望んでいました。最初の選択肢はVALORANTではなく、CS:GOでした。私はこのゲームが大好きで、情熱を注いでいます。10歳にならない頃からプレイしているこのゲームは私の人生の大部分を占めていて、それはこれからも変わらないでしょう。

その「情熱」についてもう少し詳しくお聞きしたいです。カウンターストライクのどの要素があなたを惹きつけるのでしょうか?

nitr0: カウンターストライクのコミュニティが好きですね。私は競技シーンで8年以上プレイしているので、多くの選手と交流があります。VALORANTでは新しいプレイヤーや低い年齢のゲーマー、いわゆる世代の違うプレイヤーが多くいました。私が26歳なのに対して、殆どの選手たちが18-21歳と明確な年齢差があったので、VALORANTシーンのプレイヤーとは話す機会があまりありませんでした。

しかしカウンターストライクでは、多くのプロと良い関係を築けていました。そして最高のチームメイトであるEliGEとNAFがいるLiquidに戻るのは当然の選択でした。

nitr0だけではなくNBKやfloppyなどがカウンターストライクに、そしてアジアからはPatiphanがOWに復帰するなど、VALORANTから元々活動していたタイトルに戻るプレイヤーが現在増えています。そしてnitr0が抜けた100 ThievesはChallenger予選を控える中、未だに選手の補充が出来ておらず、ファンからも不安の声が上がる結果に。

トーナメントの少なさやプレイヤーを育成する仕組みがないなど、様々な問題を抱えるVALORANTは、競技シーンからプレイヤーの流出を止めることができるのでしょうか。

おすすめコンテンツ

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ゲーム用ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. 周辺機器・アクセサリ
  20. ヘッドセット
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. マウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • どのゲームも盛り上がるのが理想ではあるけど
    プロゲーマーも数少ないししょうがないんだろうなぁ

    1

コメントする



目次
閉じる