» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

悪質プレイヤーに対する「ブロック機能」を検討中であることがVALORANT開発者より明らかに。各プレイヤーに対する”評価システム”も導入予定か

海外掲示板redditより、VALORANTで悪質なプレイヤーを回避するためにブロック機能、ブラックリストの導入を訴える投稿が話題となっています。

本投稿には、VALORANTのゲームプロデューサーであるSara Dadafshar氏がいくつかの書き込みに対して反応。同氏はブロック機能の実装について、過去に同様の機能を取り入れた他の対戦ゲームを例に挙げ、プレイヤー人口が限られている高レート帯におけるいくつかの問題点を指摘。それでもブロック機能の導入については現在検討中であることを明らかにした上で、 ”プレイヤーを保護できるような安全な機能”が開発できればリリースの可能性もあるといった回答をしています。

さらに投稿者から提案された、各プレイヤーに対する「評価システム」についても、開発チーム内部で注目している機能であると述べ、 近いうちに何らかのバリエーションを追加予定であることを明らかにしました。

目次

redditユーザー u/UnfriedEggより

私は寝る前に少しゲームをするために、レプリケーションモード(個人的に最も競争の少ないゲームモードだと思っています)にソロで参加しました。

マッチ画面に参加し、普段あまりプレイしないエージェントをランダムに選んでみました。結局、その試合ではとある男性プレイヤーと一緒になりましたが、その男性はトキシックなだけでなく、地獄のように女性を嫌っており、私がラウンド3時点でスコアが1/3/3になったことから、「きっと女だな」と言い放ちました。もちろん私はその後、彼を通報しましたが、Valorantを何ヶ月もプレイしてきた中で、誰かがくだらないことを言ってミュートやBANなどを受けたことは一度もありませんでした。あるとすればチートだけです。

私が理解できないのは、なぜブロックやブラックリストの機能がないのかということです。素晴らしいプレイヤーはたくさんいるはずのに、私はよく人種差別や女性差別、同性愛者の差別をしているような人たちがいる試合に頻繁に遭遇してしまいます。

これがFPSゲームの性質であることは理解していますが、なぜ私たちがゲームをより楽しむための対策がなぜあまりないのか理解できません。

ミュートボタンがあることは知っていますが、このような人たちとはそもそも一緒にプレイしたくありません。

皆さんはどう思いますか?

追記:誤解を生まないように言っておきますが、私は男です。


海外の反応

Riot Sara
トキシックなプレイヤーと一緒になってしまったときのフラストレーションはよくわかります :’)

現在、プレイヤーが自分のプレイスタイルに合った相手と効果的にプレイできる方法を検討していますが、ここでは、なぜブロックリストの実装が思ったよりも難しい機能なのか、その理由を説明しますね。

ブロック機能を導入しようとした対戦ゲームは他にもありますが、高レート帯のプレイヤーたちは、対戦しても楽しくない特定のプレイヤーとの対戦を避けるために、ブロックリストを活用していました。

この機能は、健全なプレイヤーすらもブロックリストに追加されてしまうことがあり、その結果としてマッチングが荒らされてしまうことがよくありました。

ブロック機能の本来の目的は、VCやチャットで不適切な発言をしている迷惑なプレイヤーを「ブロック/無視」することなのですが、時には特定の個人がマッチングから隔離されてしまうことにもなりかねません。

とはいえ、このアイデアが完全になくなったわけではありません。このコンセプトはよく取り上げられるものなので、悪用されることなく、かつプレイヤーを保護できるような安全な機能でリリースできることを私たちは強く望んでいます。

トピ主
>> Riot Sara
返信のためにお時間を割いていただき、ありがとうございます!あなたのご意見にとても感謝しています。
あなたがおっしゃっているように、マッチメイキングが限られている中で、高レート帯のプレイヤーがその影響を受けることになるだろうという意見はかなり多く、私もそれを十分に理解しています。

しかし、コンペティティブとアンレートでブロック/ブラックリストのシステムを変えることは考えられないでしょうか?

たとえばアンレートでは、プレイヤー人口がランクの上位1-5%よりもはるかに多いため、同じマッチに入れない10人までのブラックリストを設定するのはどうでしょうか。そしてコンペティティブでは、たとえばやんわりとした無視/低評価システムなどの異なるシステムを実装することで、その人をブロックすることはできないものの、その人と同じマッチに入る機会を大幅に減らすことができると思います。

これは私の単なる思いつきです。他のオンラインゲームでも似たようなシステムが採用されている例がありますが、似たような考えはすでにあるかもしれません 🙂

Riot Sara
>> トピ主
すばらしいご意見ですね!高評価/低評価のアイデアは私たちも注目していて、近いうちに何らかのバリエーションを追加しようと思っています(私たちはプレイヤーに明確な価値を与えるようにしたいのですが、世の中には期待した結果が得られないシステムもたくさんあるので、今はこのための設計に没頭しています)。ブラックリストの制限というアイデアについては、メモを取って開発チームに持ち帰ろうと思います。どちらかというと、一定期間無視され、期限が切れるとリストがリセットされるようなものがいいかもしれませんね。可能性は無限大です👀

海外プレイヤー1
>>コンペティティブとアンレートでブロック/ブラックリストのシステムを変える

この点については全面的に賛同するよ。でもこれをさらに一歩進めて、レートごとに別のシステムを導入すべきだと思う。
ブロックリストの唯一の不満点は、高レートプレイヤーの待ち時間が長くなることだと思うんだ。その一方で、低・中レート帯では、プレイヤー人口がかなり多いせいか、俺は同じプレイヤーとマッチしたことは記憶上は一度もない。したがって、ブロックリストが実際にどれほど効果的なのかはわからないけど(安心感が増すということ以外は)、低・中レート帯ではきっと損はしないんじゃないかな。

海外プレイヤー2
チーム内のマッチメイキングに影響を与えるだけで、ブロックされたプレイヤーの全体的な体験に影響を与えないような形で実装することはできないでしょうか?

私が誰かをブロックしようと考えるとき、95%の場合は、特定のプレイヤーと一緒にプレイしたくないという理由でブロックをすると思います。その人が敵チームになるかどうかは、ほとんど問題ではありません。もし、乱暴な人や口の悪い人と一緒にプレイしたとして、その人が良い人かどうかに関わらず、チームの雰囲気が悪くなってしまうので、たいていの場合は自分のチームには入れたくないでしょう。ブロックすることで自分のチームからのみ除外されるようなシステムを導入すれば、その人が孤立することはないはずです(ただ、誰からもブロックされてしまうようなひどい人でなければ、ですが)。

Riot Sara
>> 海外プレイヤー2
「味方になるのを避ける」の機能については、確かに検討の余地がありますね 🙂 とても良いご指摘です。

翻訳元:I think Valorant should have a block/blacklist feature

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (5件)

  • ブロックを導入出来ないのならプレイヤー名を隠せないようにすればいいだけなんだけどな
    そうすりゃ嫌な相手がいればプレイヤーが勝手に回避するし強い相手との対戦回避という問題もない
    というかブロック出来ないのにプレイヤー名を隠させてる現状の仕様の意味がわからない

    1
  • 単純に立ち回りとかアビリティの使い方見て下手と感じた味方に対して、これほんとに○○(自分のランク)帯か?って思うのがよく居るけど、そういう人もひっきりなしにリストに入れられちゃう気がするな
    雰囲気を悪くする相手に容赦は要らないけど、そこも考えないとなぁ

コメントする



目次
閉じる