» プロゲーマーの使用デバイス&所属チーム一覧

VALORANT Masters:日本代表「ZETA DIVISION」の個人成績、注目選手などチームの紹介記事が公開

URLをコピーする
URLをコピーしました!

海外ゲームメディアサイト「Upcomer」より、VALORANT世界大会「VCT Stage3:Masters ベルリン」に出場する日本代表「ZETA DIVISION」の紹介記事が公開されています。

元記事では、チームメンバーの個人成績やマッププールの紹介のほか、筆者が最も注目している選手、「ZETA DIVISION」が大会で好成績を収めるための要因などが具体的に紹介されています。

関連記事:日本代表「Crazy Raccoon」の個人成績、注目選手などチームの紹介記事が公開


日本代表チーム「ZETA DIVISION」と「Crazy Raccoon」が出場する初戦の対戦スケジュールは下記の通りです。より詳細な日程などはこちらの記事をご覧ください。

  • 9/11 (土) 25時 – 🇯🇵 Crazy Raccoon vs 🇷🇺 Gambit Esports
  • 9/12 (日) 22時 – 🇯🇵 ZETA DIVISION vs 🇦🇷 KRÜ Esports

※以下、元記事の全文翻訳です。

目次

「ZETA DIVISION」チームラインナップ

引用:ZETA DIVISION 公式Twitter

Reita @ReitathefpS

エージェントプレイ回数 (直近60日間):ジェット (25), レイズ (2)
メインエージェント:ジェット

個人成績 (直近60日間)

  • 260.4 ACS
  • 1.46 K/D
  • 0.92 KPR
  • +26 ファーストキル-ファーストデス (99 FK, 73 FD)

takej @takejfps

エージェントプレイ回数 (直近60日間):レイナ (18), スカイ (5), レイズ (3), セージ (1)
メインエージェント:レイナ

個人成績 (直近60日間)

  • 288.2 ACS
  • 1.65 K/D
  • 1.04 KPR
  • +25 ファーストキル-ファーストデス (60 FK, 35 FD)

Laz @lazvell

エージェントプレイ回数 (直近60日間):ソーヴァ (11), スカイ (9), サイファー (5), セージ (2)
メインエージェント:スカイ

個人成績 (直近60日間)

  • 263.9 ACS
  • 1.53 K/D
  • 0.94 KPR

makiba @makibacs

エージェントプレイ回数 (直近60日間):アストラ (11), ヴァイパー (8)
メインエージェント:ヴァイパー

個人成績 (直近60日間)

  • 201.0 ACS
  • 1.37 K/D
  • 0.76 KPR

crow @no960fps

エージェントプレイ回数 (直近60日間):ソーヴァ (12), ブリーチ (9), KAY/O (3), セージ (2), ヴァイパー (1)
メインエージェント:ソーヴァ

個人成績 (直近60日間)

  • 194.6 ACS
  • 1.40 K/D
  • 0.69 KPR

barce @barcefps

エージェントプレイ回数 (直近60日間):オーメン (7), ブリムストーン (1)
メインエージェント:オーメン

個人成績 (直近60日間)

  • 147.7 ACS
  • 1.01 K/D
  • 0.54 KPR

Stage 3でのマッププール

スプリット:1勝0敗, 100% (63% ATK, 67% DEF)

アセント:7勝1敗, 88% (72% ATK, 54% DEF)

バインド:4勝1敗, 80% (62% ATK, 66% DEF)

ヘイヴン:4勝1敗, 80% (56% ATK, 62% DEF)

アイスボックス:3勝1敗, 75% (62% ATK, 69% DEF)

ブリーズ:3勝1敗, 75% (73% ATK, 50% DEF)

注目選手:takej選手

takej選手
引用:ZETA DIVISION 公式サイト

ZETA DIVISIONは、上から下まで、見ていて本当にワクワクするようなチームです。センチネル・エージェントをほとんど使わない構成は異例で、ステージ3の試合でセンチネル系のエージェントを使ったのは、なんと半分以下です。世界最高のKilljoyプレイヤーがいるこの大会で、彼らはMasters Berlinへの出場権を得るまで一度も彼女を採用しませんでした。

そのために苦戦を強いられることもありますが、彼らはそれを補うために、日本でたくさんの攻撃を仕掛けました。ZETAは、今大会の複雑な戦略的チームの中では少しばかり遅れを取っているチームですが、ベルリンでは誰もが魅力を感じるような素晴らしいAIMと自然なメカニクス、戦術を持っています。

多くのチームが1人または2人のキャリープレーヤーを中心に編成するのとは対照的に、ZETA DIVISIONは”Reita”、”Laz”、”takej”の3人のプレイヤーを中心に、攻撃的な編成でプレーしています。Reitaは、Masters Berlinに出場するジェットプレイヤーの中で、個人成績が最も優れています。Lazは、スカイとソーヴァのワンツーパンチで、2人のイニシエーターをチーム内の”サブデュエリスト”に仕立て上げています。

しかし、私にとってはこの3人のメインアタッカーの中で最も重要なのはtakejです。Reitaが本調子でないのは痛いですが、それでもペースを上げることでZETA DIVISIONの状況を打開する方法はあります。Lazがソーヴァやスカイで大きな活躍ができなくても、それで終わりという訳ではありません。これらのエージェントは、好成績を取らなくても試合に大きな影響力があるためです。

でもレイナの場合はそうはいきません。takejのレイナが活躍するには、とにかくキル数を稼ぎ、アクションの中心にいなければなりません。Masters Berlinの予選試合で彼がレイナを使って叩き出した天文学的なスコアは、そもそもZETAがここにいることの極めて重要な要因となっています。
彼は私にとってZETAのMake or Break(運命を左右する)プレイヤーです。彼がレイナとの相性を見極め、調子を上げていくことができれば、日本のトップチームは何かを起こすことができるでしょう。

しかし、もしレイナが完封されたり、takejが彼の”ガラスの大砲”(高火力だが、防御力などに欠けるという意味)で1、2試合不調になったりすると、ZETAの状況は悪化していくでしょう。Masters Berlinまでの間、彼のAIMは非常に冴えていましたが、ZETA DIVISIONがプレーオフのチャンスを得るためには、Masters Berlinでもそうでなければなりません。

ベルリンでのZETAにとっての大きな問題。日本でのVALORANTの人気を実際の結果につなげることができるか

VALORANTが日本でどれだけ大きなゲームになるか、誰も予想できなかったでしょう。「Apex Legends」や「Rainbow Six Siege」のようなFPSゲームが、家庭用ゲーム機で有名な日本で大きな人気を博している一方で、PC用のオンラインFPSであるVALORANTの人気の高さと視聴者の勢いは、ゲーム誕生から1年目としては喜ばしい驚きでしょう。

「ZETA DIVISION」と「Crazy Raccoon」の決勝戦では、15万人以上の視聴者が新チャンピオンの誕生を見守りました。ZETAの一員として、Apex Legendsの最大のストリーマーたちがこの試合の観戦配信をしており、VALORANTを独自に採用している日本では、このゲームの興奮が新たな高みに達していました。

唯一の問題はなんでしょう?アイスランドのレイキャビクで開催された第1回Masters大会で、日本は唯一、勝利を挙げられなかった地域です。Crazy Raccoonは戦利品なしで帰ってしまいましたが、それでも視聴率は上がり続けています。

今回のMasters Berlinでは、日本からは2チームが参加し、中でも全メンバーが日本人のZETA DIVISIONがリードしています。ZETAが可能性のあるグループでプレーオフに出場することは、日本にとって大きな意味を持ち、ゲームの人気を次のレベルに引き上げることになるかもしれません。一方、ZETAやCRがつまずいて勝てないような大会では、逆にステージ3で盛り上がった熱気が冷めてしまう可能性もあります。

ベルリンでのZETAはプレーオフ進出を目指し、日本の新時代のesportsの顔となるべきだ

引用:ZETA DIVISION 公式Twitter

ZETA DIVISIONが勝ち抜けるための予選グループがあるとすれば、それはMasters Berlinで受けたものになるでしょう。彼らはSentinels、EMEAの4チーム、Vision Strikers、そして北米の第2シードである100 Thievesとグループステージで戦うことはありません。その代わりに、北米の第3シードであるEnvyや、ブラジルとラテンアメリカのチャンピオンであるVivo KeydやKRÜ Esportsと戦わなければなりません。

ZETAは優勝候補ではありませんし、Crazy Raccoonがアイスランドで屈したのと同じ運命を辿る可能性があります。しかし、妥当なグループから勝ち上がり、他の小規模な地域のチャンピオンと同等(またはそれ以上)の実力を持っていることを証明する絶好の機会です。

翻訳元:Japan’s kings ZETA DIVISION want to take over Masters Berlin

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (5件)

コメントする



目次
閉じる