»「Amazon ブラックフライデーセール」が11月25日-12月1日まで開催中!

VALORANT世界大会「VCT 2021 Stage3:Masters」に出場する全15チームの特徴&パワーランキングが公開

  • URLをコピーしました!

海外ゲームメディアサイト「Upcomer」より、VALORANT世界大会「VCT Stage3:Masters ベルリン」に出場する計15チームをUpcomerが独自に評価したパワーランキングが公開されています。 以下、元記事の全文翻訳です。

関連記事:VALORANT世界大会「VCT Stage3:Masters ベルリン」のグループ組み合わせが発表。日本代表「ZETA DIVISION」はアルゼンチン「KRU Esports」,「Crazy Raccoon」はロシア「Gambit Esports」との初戦が決定

目次

15. Crazy Raccoon – JP (日本)

Crazy Raccoonは、Masters Berlinに戻ってきた数少ないチームのひとつですが、Masters Reykjavíkでは、残念ながらファンの期待を裏切る結果となってしまいました。前回大会での敗戦は、その場ではチームに大きなダメージを与えましたが、VALORANTの世界ではスキルの上限がいかに高いかということを教えてくれました。

Crazy Raccoonは、エージェントのスペシャリストが揃った7人のロスターでベルリンに参加します。新たに加わった”Fisker”は、今ではチームのメインジェットプレイヤーであり、チームのインゲームリーダーである”Munchkin”は、ステージ3でスカイメインのプレイヤーとなりました。

このチームは、攻撃側ではまだ非常に定型的ですが、防衛側ではいくつかの良いセットアップを持っています。大きな問題点は翻訳されたショットコールにあるかもしれません。IGLを務める”Munchkin”は、韓国語でAもしくはBの攻めを合図しますが、あまり具体的でないコールのために、チームは攻撃を実行するか、または壊滅してしまいます。

Crazy Raccoonが前回の国際大会での成績を上げて試合での勝利を目指すのであれば、すべてのグループの中でグループCが最も厳しいものだったかもしれません。新しいメタ、新しいプレイヤー、改善されたメカニクスなど、Crazy Raccoonが活躍できる環境は整っていますが、今回の大会では最も評価が厳しいチームであり、全チームの中で最も簡単にグループ最下位に陥ってしまう可能性があると言わずにはいられません。

— Declan McLaughlin

14. Paper Rex – SEA (シンガポール)

Paper Rexは、マレーシアとシンガポールの大会では強力な優勝候補チームであり、いつもSEAファイナルに進出しています。彼らは1勝することで敵チームから勢いを奪い、それを試合での勝利に上手くつなげることで知られています。しかし、Bren EsportsやX10 Esportsのようなチームからのプレッシャーには常に負けていました。これまでVCTの上位への進出を逃してきた彼らが、Champions(年末に開催される世界大会)に進出するためには、13位以上の成績を収めなければなりません。

Championsに出場するためには、彼ら自身が抱えている問題を解決しなければなりません。厄介な状況に陥ることが多く、より不利な状況でのプレーを余儀なくされています。SuperMassive BlazeやAcendのようなチームは、これらのミスを見逃さないでしょう。Paper RexがMasters Berlinで結果を出すためには、プレーと連携をより強固にする必要があります。

— Landon Summers

13. ZETA DIVISION – JP (日本)

ZETA DIVISIONは、Masters 2 Reykjavíkに日本代表として参加すべきチームだったと言えるでしょう。この日本のチームとCrazy Raccoonは、今でも日本のTOP2チームです。彼らはVCT Stage 1 MastersのグランドファイナルとMasters Reykjavíkの予選で2回戦っています。

第1回目のVALORANT国際大会では、Crazy Raccoonは1試合も勝利できませんでした。ZETA DIVISIONは、Masters Berlinで日本に試合勝利の可能性を与えてくれるかもしれません。この6人チームは、EMEAからインスピレーションを受け、似たような構成でプレイしています。”barce”は、オーメンまたはブリムストーンでスモークのスペシャリストです。

ZETA DIVISIONは、下位のチームとは異なり、少なくとも攻撃時には強気なテンポで戦える構成を得意としています。
また、彼らには必ずBANされるマップがあります。ほとんどのチームは、スプリットで彼らに挑戦しようとはしません。彼らはプレイしたゲーム数はわずか10試合ですが、90%の勝率を誇っています。

ZETA DIVISIONは厳しいグループに属しているかもしれませんが、大会期間中、日本に何かを与えてくれるはずです。KRÜ Esportsとのグループリーグ初戦は、ZETA DIVISIONと日本のVALORANTの実力を見極める絶好のテストになるかもしれません。

— McLaughlin

12. Havan Liberty – BR (ブラジル)

Havan Libertyは、Masters BerlinでいよいよVALORANTの国際舞台にデビューします。彼らは、予選では決勝まで1マップも落とさず、見事に予選を通過しました。

このブラジルのチームは、Stars Horizon、FURIA Esports、そしてMasters Reykjavíkの有力候補であったTeam Vikingsに勝利し、ベルリンへの切符を手にしました。しかし、決勝戦では、敗者復活で見事な活躍を見せていたVivo Keydに敗れてしまいました。決勝戦では、2回の延長戦と1回の13-11での敗戦という接戦でした。最終的には0-3という結果になりました。

Havan Libertyは、多くのことを証明するためにベルリンに入りますが、彼らの準備は笑い事ではありません。彼らには、栄養士、フィジカルトレーナー、心理学者などによる厳格なトレーニングシステムがあります。さらに、ヘッドコーチのRicardo “rik” Furquim氏によると、過酷なスクリム(練習試合)がなければ、チームは成功しなかったとのことです。リクによると、練習相手のうち30~50%は女性ばかりのチームで、彼女たちは真剣に、そして全力で練習に取り組んでいました。

その練習の成果が、今回の出場権獲得につながったのです。いよいよ真価が問われるわけですが、国際的なオフライン大会となると話は別です。

— Michael Kloos

11. F4Q – KR (韓国)

「偶然できたプロ」が、VALORANTの最大級の国際大会に進出しました。韓国のチームF4Qは、First Strikeでプロデビューを果たしましたが、最終的には韓国のベストチームであるVision Strikersに敗れてしまいました。

F4Qは、ゲームへの複雑な理解や個人のスキルよりも、その個性で知られていました。“Bunny”や“zunba”など、一部のチームメンバーは、「オーバーウォッチ」などの他のゲームで名を馳せていたプレイヤーです。しかし、彼らを有名にしたとも言える、速くてアグレッシブなプレイスタイルは、プロとして活動する中で完成されたものでしょう。

F4Qは、VALORANT Championship Tour Stage 2 Challengersの決勝でDWG KIAに敗れ、彼らとしては悔しい敗戦となりました。しかし、リベンジは冷静に行うのが一番で、VCT Stage 3 Challengersイベントでは、F4Qは見事リベンジを果たしました。F4Qは1マップも落とさずに8チームを撃破しました。F4Qは8チームを1マップも落とさずに撃破し、DWG KIAを2度倒してトップ2入りを果たしています。しかし、Vision StrikersはストリーマーチームであるF4Qには手に負えず、3-1で敗北しています。

— George Geddes

10. KRÜ Esports – LATAM (アルゼンチン)

KRÜ Esportsは、Masters Reykjavíkから戻ってきた3チームのうちの1つです。ラテンアメリカから予選に参加した4チームの中で、KRÜは圧倒的な強さを誇ります。Masters Berlinの予選前に、KRÜはステージ3のChallengers 1とChallengersのプレーオフで1位を獲得しています。

KRÜは、他の参加地域とは異なり、オフライン大会での実績がある数少ないチームのひとつです。ReykjavíkやChallengersのプレーオフでの経験があるので、他のチームよりも有利です。KRÜは、特に初めて国際試合に参加する他のチームとの対戦において、オフライン大会でのプレイの仕方をよりよく理解していることでしょう。

彼らはMasters 2での上位入賞を目指し、LATAMの実力を世界に示すことになるでしょう。

— Danny Appleford

9. Vivo Keyd – BR (ブラジル)

Vivoは、ブラジルのVALORANTシーンで最近復活を遂げ、Masters Berlinでの出場権を獲得しましたが、それは簡単なことではありませんでした。Vivoは、トーナメントのラウンド1でSharks Esportsに2-0で敗れ、ローワーブラケットに放り込まれました。そこからVivoはローワーブラケットを勝ち抜き、他のどのチームよりも多くの試合をこなさなければならない厳しい状況でした。

その過程でVivoは、前回大会Masters 2の代表であったTeam VikingsとSharks Esportsの両チームを破り、下位トーナメントで駒を進めていきました。ブラジルの元トップチームを破った彼らは、準決勝でFuria Esportsを破り、グランドファイナルではHavan Libertyに挑戦しました。決勝では、ローワーブラケットからの進出ということもあり、不利な状況だったにもかかわらず、VivoがHavanを3-0で粉砕しました。Challengers Playoffsでの勢いをそのままに、Masters Berlinでも活躍が期待されます。

— Appleford

8. G2 Esports – EMEA (ヨーロッパ)

G2 Esportsは、ヨーロッパで、あるいは世界で最も優れたチームとして期待されており、結成当初はほぼすべての大会で優勝していました。しかし、それ以来、複数の選手が加入したり脱退したりと、大きな変化がありました。しかし、元CS:GOプレイヤーである”Mixwell”が残っています。

センチネルに役割を転向したMixwellは、チームの繁栄を支えています。また、スーパースターデュエリストの“Nukkye”が新たに加わったことで、安定したパフォーマンスを発揮し、G2を次のレベルへと押し上げることになりました。”Nukkye”と”keloqz”がチームのデュエリストの役割を担い、”Mixwell”、”koldamenta” 、”AvovA”がセンチネルとイニシエーターで2人のデュエリストをサポートしています。

しかし、G2 Esportsは今でも安定性に欠けた状態が続いています。VCT Stage 3 Challengers 1ではFnatic、FunPlus Phoenix、Guildなどの地域の強豪を倒すことができたものの、AcendとGambitというEMEA地域の強豪チームを倒すことはできませんでした。

— Geddes

7. Team Envy – NA (北アメリカ)

北米で予選を通過した3チームのうち、Envyは予選で他の2チームに敗れました。まず第2戦でSentinelsに、そして予選を勝ち抜いてきた100 Thievesにはローワー決勝で敗れました。つまり、北米の3チームの中で、Envyが最も苦戦を強いられているのは当然のことといえるでしょう。

しかし、Envyは決して弱いチームではありません。100 Thievesには2つのマップで勝利し、Sentinelsとは比較的接戦を繰り広げているのです。

このチームはVALORANTの初期から存在し、何度もロスターを変更してきました。EnvyはMasters 2: Reykjavíkの出場権を得ることができませんでしたが、”yay”と”Marved”(FaZe Clanからのレンタル選手)という新たなメンバーを加えて、厳しい地域での戦いを乗り切りました。Masters 3: Berlinでは、北米に強力な支配者がいるとはいえ、Envyはトーナメントでの上位進出の可能性も十分に秘めています。

— Kloos

6. Vision Strikers – KR (韓国)

韓韓国の誇りであるVision Strikersは、韓国国内大会での上位入賞とVALORANTメタへの影響力により、Upcomerのパワーランキングの上位にランクインしました。この戦略的なチームは、Masters Reykjavíkでは出場権を逃しましたが、新しい選手と戦略で再び韓国の厳しい試練を乗り越えました。

ステージ3では、Vision Strikersに戦いを挑む者はいませんでした。彼らはグループステージを楽々と通過し、プレーオフでは無敗でした。さらに、同じ韓国代表のF4Qには1マップしか落としていません。このチームは、後の重要な試合のために戦略を隠し持ち、革新的なエージェント構成をピックすることで有名です。Vision Strikersは、6人編成のチームで、Masters Reykjavíkでブレイクした”Lakia”を獲得したことで、EMEAのチームが2つ入ったグループの中で、世界の強豪と戦うことができるでしょう。

フラッシュ&ダッシュプレイの生みの親である彼らは、Masters Berlinでも何かを用意しているはずです。”Lakia”のスカイと”stax”のブリーチという強力なペアが、恐ろしいフラッシュプレイの嵐を起こすでしょう。

— McLaughlin

5. SuperMassive Blaze – EMEA (トルコ)

トルコはVALORANTの中でも最も活発で情熱的で人気のある地域の一つですが、ついに彼らがどれほどゲームが得意かを世界に示す機会が訪れました。SuperMassive Blazeは、VALORANTの国際大会で予選を通過した最初で唯一のトルコのチームであり、それを見事に成し遂げました。

SuperMassive Blazeは今年5月に結成され、その地域で最も実績のあるプレイヤーと、今後の活躍が期待されるプレイヤーを組み合わせて、「トルコのスーパーチーム」と呼ばれています。VCTステージ3では、BO3で2回、BO5ではEMEAプレイオフの決勝戦でGambitと対戦して1敗したのみです。このように短期間で予想外の高みに到達したSMBですが、国際舞台でその安定性を維持できるかどうかは疑問が残ります。トルコの他のチームはEMEAではいつも残念な結果になっていましたが、今こそSMBがステップアップし、自分たちは単に優れたAimerではなく、メジャートロフィーを勝ち取るために必要なものを持っていることを証明する時なのです。

— Yinsu Collins

4. 100 Thieves – NA (北アメリカ)

100 ThievesはSentinelsに次ぐ北米第2位のチームです。ここ数回のトーナメントでは様々な成功を収めてきましたが、100 ThievesはついにMasters Berlinへの出場権を獲得しました。Counter-Strike出身の”Steel”、”Hiko”、”Nitr0″、”Ethan”らと数々の大会で数十年の経験を積んできた100 Thievesは、その才能をオフラインで発揮する機会を待ち望んでいました。

VALORANTに移行してから、100 Thievesはオンラインで一緒にプレイできるようになりましたが、他のチームと1対1で互角に渡り合うことはできませんでした。Masters Berlinでは、誰とでも対戦できるチャンスがあります。また、Havan Liberty、Crazy Racoon、Gambitなど、プレーオフ前の最も可能性のあるブラケットの一つでもあります。

— Appleford

3. Acend – EMEA (ヨーロッパ)

かつてAcendは、スタープレイヤーの”cNed”がトルコとEU VALORANTで最も人気のあるプレイヤーだったことから、「cNedとその他4人」と呼ばれていました。しかし、Masters 1のトロフィーを手にして以来、AcendはEMEAで最も恐れられている安定したチームの一つとしてトップに躍り出ました。オフシーズンにIGLの”koldamenta”が離脱したことで、いくつかの懸念が生じましたが、”zeek”の加入がAcendのパズルに欠けていたピースであったことは、誰も予想していませんでした。

Acendは、”BONECOLD”がゲーム中の主役となったことで、EMEA Challengers Playoffsに無事に進出することができました。結果的にSuperMassive BlazeとGambitよりも下になってしまいましたが、最初の予選試合でCISの巨人(Gambit Esports)を倒した唯一のチームでした。世界中の多くのプレイヤーが、Masters BerlinでAcendを応援していたのには理由があります。それは、彼らと対戦したい、あるいは彼らが他のトップチームと対戦するのを見たいからです。もし、”cNed”と他のチームメンバーが力を発揮できれば、彼らは侮れない存在になるでしょう。

— Collins

2. Gambit Esports – EMEA (ロシア)

Stage 3以前のEMEAでは結果が出ていないにもかかわらず、Gambit Esportsはこの地域のほぼすべてのプロの間で最もリスペクトされ、恐れられているチームのひとつです。彼らは”スクリムの悪魔”と呼ばれています。練習で彼らを打ち負かすことができるのはそれだけで達成感がありますが、何らかの理由で、今まで公式戦ではそのポテンシャルを十分に発揮することができませんでした。

氷のように冷たいCISのチームであるGambit Esportsは、Stage 3の優勝候補の1つでしたが、もちろん期待を裏切ることはありませんでした。EMEAプレーオフでAcendとの重要な一戦を落としたにもかかわらず、彼らは大会を通して改善、適応、進化を遂げ、ローワーブラケットで見事な活躍をしました。最終的には、Masters Berlinの予選を通過して第1シードを獲得し、EMEA最高のチームとしての地位を確立しました。

“nAts”と”Sheydos”の2人は、派手なプレーが好きな人にとっては注目すべき選手です。しかし、IGLの”Redgar”選手は、Stage 3で最大の驚きをもたらし、オフライン大会ではまさにお手本となるでしょう。これまでに見たことのない最高のGambitであり、よほどのことがない限りは、Masters Berlinでの活躍が期待されます。

— Collins

1. Sentinels – NA (北アメリカ)

現時点で世界最高のチームであり、王者の風格すら漂うSentinelsは、ただ前回の記録を引き継ぐためだけではなく、自分たちのレガシーを確固たるものにするためにここにいます。

センチネルズは、北米のほぼすべてのチームを倒してきましたが、もう一度、国際的な舞台でプレーしなければなりません。前回のレイキャビクでのVCTマスターズがそうであったように、今回も早いかもしれません。Sentinelsは出場した4試合で1マップも落とさず、グランドファイナルではFnaticを相手に3-0で完封しました。しかし、ベルリンでは、SentinelsはグループDに振り分けられました。グループDは4チームではなく、3チームで構成されています(Bren Esportsがビザ関連の問題で大会に出場できないため)。これにより、Sentinelsはグループ内で上位2位に入らなければ、エリミネーションラウンドへの出場資格を得ることができません。

しかし、Sentinelsは依然として本大会の優勝候補チームです。世界最高のプレイヤーである”TenZ”は、新たなタイトルを手に入れようとしています。世界最高のデュエリストとして、彼はSentinelsを次のレベルへと押し上げました。

Sentinelsを倒すためには、間違いなく、チームは新たなレベルの競争力を持ったVALORANTが必要となるでしょう。

— Tyler Erzberger

引用元:Global VALORANT power rankings ahead of Masters Berlin

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥23,000
    新品最安値 :
    ¥23,000
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. 周辺機器・アクセサリ
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ゲーム用ヘッドセット
  19. 周辺機器・アクセサリ
  20. ヘッドセット
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. マウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. マウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (8件)

  • CRは言語の壁がな〜
    日本でならフィジカルNo. 1だからゴリ押しでいけるけど世界だからな
    メデュが出てない試合のバッジとマンチの時どうなってんだろVC

  • 流石に日本勢が舐められすぎだと思うのは応援してるからかねえ…
    相手が油断すればするほどチャンス出てくるしマジで頑張ってほしい

  • 韓国やアメリカと比べると選手層が薄いから舐められるのはしょうがない
    窮鼠猫を噛むよろしくジャイアントキリングに期待

コメントする


目次