» ヴァロラント速報|VALORANT5chまとめ

VALORANT:世界大会「VCT Masters」で学んだ5つのこと。「どのトップチームにもCS:GO出身の強力なIGLがいた」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

海外ゲームメディアの「Upcomer」より、先日開催され1週間の熱戦の末、Sentinelsの優勝で幕を閉じたVALORANT初の世界大会「VCT Stage 2 Masters」で得られた5つの事柄を述べた記事が公開されました。以下、元記事の全文翻訳です。

目次

NAも悪くない!?

VALORANT Masters 2では、北アメリカはあまり期待されていませんでした。ヨーロッパ、ブラジル、韓国などの強い地域との対戦は未知数でした。他の地域との対戦経験がないため、いくつかは北アメリカが他のeスポーツのように圧倒されるだろうと考えられていたのです。

しかし、SentinelsとVersion1がヨーロッパの王者であるFnaticとTeam Liquidに勝利したことで、すべての期待は裏切られました。Masters 2でのヨーロッパの強さを考えると、これは特に予想外でした。しかし、北アメリカはこれで終わりではありませんでした。Sentinelsは、ブラジルのTeam VikingsとNUTURN Gamingを破り、Masters 2の決勝に進出しました。Version1はNUTURN GamingとFnaticに勝てませんでしたが、Sentinelsは初の国際的なVALORANTオフライン大会の場で、北アメリカを勝利に導きました。言うまでもなく、アイスランドでは北アメリカが他の地域を圧倒し、多くの人を驚かせました。

– Danny Appleford

100万人の視聴者、未来は明るい

VALORANTが成功するのは当たり前のことでした。競技性の高いゲームやeスポーツの運営方法を熟知しているRiot Gamesが主催しているため、リリース当初はすべてが有利に働いていました。しかし、VALORANT初のオフライン世界大会が100万人以上の視聴者を獲得するとは誰も予想していませんでした。この数字はVALORANTの将来にとって非常に良い兆候となるでしょう。

ちなみに、「League of Legends」のMid-Season Invitationalでは、前週に約180万人の視聴者を獲得しています。また、今月初めに行われた「Rainbow Six: Siege」のSix Invitationalでは、ピーク時の視聴者数は約30万6千人でした。確立されて長く続いているシーンと比較すると、VALORANTは素晴らしい結果を出しています。また、北米地域が好調であることも確かです。

しかし、他のeスポーツ、例えば前述の「Rainbow Six: Siege」や「Rocket League」などの他のeスポーツタイトルでは、規模の拡大に苦戦しています。その一方で、新参者であるVALORANTがマスターズの1大会で100万人もの視聴者を集めているのです。もしこれが始まりに過ぎないとしたら、2021年12月のVCT Championsではどのような数字が出てくるかは誰にもわかりません。

– Michael Kloos

VALORANTのeスポーツシーンは非常に健全です

VALORANTとしては初の国際的なイベントとなったVCT Mastersでは、ファン同士が死ぬほどスパムやトラッシュトークをしていましたが、VALORANTのプロたちは驚くほど健全でした。思いがけない友情や、お互いへの揺るぎないサポートなど、Masters 2では心を揺さぶられるような瞬間がいくつもありました。

誰もがJake “Boaster” Howlettの友人になりたがっていたようです。ツイッターで彼に敬意を表したり、記念に一緒に写真を撮ったりしていました。しかし、最も健全な交流の場となったのは、X10のPatiphan “Patiphan” Chaiwongだったのです。BoasterとPatiphanは、その派手なステージングと人を惹きつけるエネルギーで、今回のイベントで多くのファンを獲得しました。この2人は、実生活でも仲が良かったようです。X10がトーナメントで敗退した後、Boasterは「There’s another Boaster out there and his name is Patiphan, who knew?」とツイートしています。

BoasterとV1のIGLであるAnthony “vanity” Malaspinaとの友情もまた、心の琴線に触れるものでした。もちろん、Adil “ScreaM” BenrlitomやTyson “TenZ” Ngoのようにファンが多いことは言うまでもありません。結果はともかく、その過程で仲間ができたことが何よりの喜びなのです。

– Yinsu Collins

どのトップチームにもCS:GO出身の強力なIGLがいた

VALORANTのオープンベータが開始されたとき、多くの元Counter-Strikeプレイヤーがセカンドチャンスを求めてゲームに殺到しました。実際、Braxton “brax” Pierceはこのシーンでの最初のプロプレイヤーでした。Counter-Strikeプレイヤーは、2つのゲーム間で簡単に移行できるFPSの知識を持っていたので、他のプレイヤーよりも有利でした。そのため、VCT Masters 2では、ほとんどのチームにCounter-Strikeの経験豊富なインゲームリーダーがいるのは当然のことなのです。

NUTURN gamingのKang “solo” Keun-chul、FnaticのJake “Boaster” Howlett、SentinelsのShahzeb “ShahZaM” Khanは皆、何千時間もCounter-Strikeをプレイしてきました。経験豊富なIGLがいることで、どのチームもすでに高いレベルの戦術的知識を持ち、新しいゲームに何千時間もの練習を加えることができます。これらの強力なIGLがいなければ、NUTURN、Fnatic、Sentinelsはアイスランドでこれほどの順位にはならなかったでしょう。しかし、これらのチーム、特にSentinelsには強力なIGLがいたので、Sentinelsは大会で見事な優勝を果たすことができたと言えるでしょう。

– Zain Merchant

VALORANT初の国際LANのフォーマットについて

VALORANT初の国際LANは、見ていて楽しく、素晴らしいゲームもありましたが、フォーマットは少し混乱していました。Riot Gamesは素晴らしいトーナメントフォーマットで知られているわけではありません。League of Legendsでは毎年のように、ファンやアナリスト、プレイヤーが国際イベントのフォーマットに不満を持っています。これまでのVCTでは、いくつかの地域で、笑ってしまうほど一貫性のないフォーマットや、まったく型破りなフォーマットが採用されてきました。10チームが参加した今回のイベントでは、ダブルエリミネーションのブラケットが追加されましたが、その実行には欠陥がありました。

10チームというのは厄介な組み合わせですが、グループステージやGSLのグループ形式など、事前にフィールドを絞り込む方法があります。グループステージやGSLのグループ戦などが考えられますが、そうすればシードの問題も解決します。欧州と北米の上位2チーム以外は、ブラケットのシードが無作為に決められていました。これは、ブラジルのように2つの出場権を得たチームにとっては、顔に泥を塗ったようなものでした。このランダムシードは、1回戦のFnatic対KRÜ Esportsのような混乱した対戦を引き起こし、他のチームには理由のない決勝戦への容易な道を与えることになりました。この大会は素晴らしい光景でした。しかし、より良いシードとフォーマットがあれば、イベントを盛り上げ、多くの試合がよりバランスの取れた公平なものになったでしょう。マスターズ3に向けて、Riotはより良いフォーマットを提案すべきです。もしそうでなければ、”学んだこと “ではなく、”知っていること “になってしまうでしょう。

– Declan McLaughlin

引用元:Five things we learned from the VCT Stage 2 Masters

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする



目次
閉じる