» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

新エージェント「KAY/O」のULTスキルに致命的なバグが発見され話題に

海外掲示板Redditにて、パッチノート3.0より登場した新エージェント「KAY/O」のULTアビリティに、致命的なバグが見つかったことが大きな話題を呼んでいます。

目次

KAY/OのULTスキルに致命的なバグが発生

早速、問題となったシーンについて見ていきましょう。タイトルは以下の通りです。

これってただのグリッチ?
ウルトを使ったら、抑制中の三角形のマークが壁越しに見えて壁抜きで殺せたんだけど。

Redditより引用(*意訳含む)

「KAY/O」のULTスキル「X-NULL/cmd」は、使用すると自身の位置から大きなパルスが放出されます。このパルス内に敵がいた場合、その敵のアビリティが一定時間無効化されるといった能力です。

この「X-NULL/cmd」によって無効化された敵には、デバフ状態であることを示す「三角形マーク」が表示されます。
今回発見された不具合内容は、この三角形マークが本来は見えないはずの壁越しでも見えてしまい、敵の位置が分かる疑似ウォールハック的な使い方ができてしまうというもの。

壁越しでも見える「▽マーク」によって、敵の位置が予測可能に

偶然起きたバグのようにも見えますが、これ以外にもツイッター等で多数報告されているようです。そのうちの一部をご紹介いたします。以下は、ValorantコメンテーターのMitchMan氏のツイートです。

今回のアップデート後に撮ったクリップでいくつも確認できたよ。みんなも気を付けて、壁から離れて!

MitchMan氏のTwitterから引用(*意訳含む)
ウルト使用中以外にも壁越しで見えている

この深刻なバグに対して、ValorantのGameDesignerであるrycoux氏は以下のようにコメントしています。

この件に関しまして、現在修正が可能かどうか調査している最中です。報告ありがとうございます!

Redditより引用(*意訳含む)

こちらの不具合の原因についてはまだ明らかになっていないようですが、早急に修正されるものと思われます。

翻訳元: VALORANT players encounter KAY/O bug that lets you see an enemy’s position through walls

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (9件)

コメントする



目次
閉じる