» プロゲーマーの使用デバイス&所属チーム一覧

Shroudが新エージェント”KAY/O”の強みについて言及「よく考えられたバランスの取れたキャラ。今後、トップメタ構成に入ってくるだろう」

DEXERTO.COM より引用
URLをコピーする
URLをコピーしました!

元CS:GOプロゲーマーで世界で最も人気があるストリーマーとして知られるShroud(シュラウド)氏が、VALORANTの新シーズン Episode 3にて新しく追加されるエージェント「KAY/O」について自身の配信で語りました。

Shroud氏はこのエージェントの追加に対して、「非常にふさわしいものになる」とコメント。
いったいなぜなのか、その理由とともに見ていきましょう。

あわせて読みたい
VALORANT:新エージェント「KAY/O (ケイ・オー)」の公式トレーラー&アビリティ情報が公開。敵のスキル... VALORANTの16体目のイニシエーター系の新エージェント「KAY/O (ケイ・オー)」の公式トレーラーおよびアビリティ(スキル)の詳細が本日公開されました。 「KAY/O (ケイ・...
目次

KAY/Oは”タクティカルシューティング”にふさわしいエージェント

エピソード3のアップデートに先駆けて、なぜShroud氏は現環境において「KAY/O」が、ゲームにとって「非常にふさわしい追加」になると説明したのでしょうか。

これを理解するには、今回のアップデートにおけるValorantの意図について知る必要があります。

今までも新エージェント、マップの追加など革新的なアップデートを数多く行ってきたValorant。しかし今回のアップデートはゲームリリース以降、最も大きな変化をもたらします。
武器の価格変更エージェントの各アビリティ調整など、ゲーム内のマネー環境も大幅に変わることが予想され、開発側としてこのアップデートは、これまで以上に本来のValorantのコンセプトである「銃を使ったプレイに重点を置く」という環境を確固たるものにするために、新しいエージェントを追加する絶好の機会になったのです。

今回のエージェント「KAY/O」のアビリティセットは、この「銃を使ったプレイに重点を置く」環境への移行をさらに後押しするものになっています。2種類もの敵エージェントのアビリティを抑制する妨害アビリティに加え、フラッシュとグレネードを装備しており、今回のやりたいことの型にぴったりとはまるものになっているのです。

Shroud氏のKAY/Oに対する感想&意見

6月18日の配信内でShroud氏は今回のアップデートを大々的に称賛し、Valorantの意図を汲み取ったうえで「KAY/O」がエージェント環境において非常にふさわしいものである理由を、配信内で以下のように説明しました。


「新しいキャラクターいいと思うよ、すごく強すぎるわけではないし、全体的に見て機能的だと思う。
グレネードが使えて、フラッシュも持ってる。情報を得ることも出来るし、アビリティを無効化もできる
すごくバランスが取れてるよ。アストラが登場したときは、「なんだこいつ、めっちゃコントロールできる要素持ってるじゃん」みたいな感じだったけど、その点このキャラは「よく考えられている」って感じがするね。」

Shroud sobre KAY/Oより引用(*意訳含む)


続けて、このキャラの汎用性の高さとそのバランスの良さが、今後のメタ構成にどう影響を与えるかということについて以下のようにコメントしました。

「僕はこのキャラが強すぎるとは思わないけど、それはこいつが弱いということじゃないんだ。

さっきも言ったけど「何でもできる」んだ、どんな構成のチームであっても「KAY/O」はトップレベルで適応すると思うよ。」

(*意訳含む)

さらには、抑制アビリティについても言及。チャットからこんな意見が投げかけられました。

「僕的には、抑制アビリティのナイフでどのエージェントがその影響を食らってるかがわかっちゃうのはやりすぎだと思うけど。」

(*意訳含む)

これに対しShroud氏は、

「誰のアビリティを制限しているかがわからなかったら、そもそも無効化する意味がないし、無効化しようとそのリスクを冒す意味もないよ。」

「もし反対側の壁の裏の誰かを抑制しようとしたとき、それが誰かがわからないなら、どのエージェントの優位を活かしてプレイしようとしていたか見当つかなくて、そもそもの抑制アビリティとしての意味がないんじゃない?」

さらに続けて、特定のシチュエーションを例に出し

「考えてみて、もし敵チームにサイファーがいてトラップワイヤーが通りたいところに置かれてたとする。
もちろんこのトラップが邪魔だから、今までのマッチからサイファーが「大体ここにいるだろう」という読みで抑制を試みるよね?」


「そして誰かの抑制を成功させたとする。その時これはサイファーだろうと思い込んでいて、もし違うエージェントだったら・・・結局全部を台無しにするだけになっちゃうよ。」

why kay/o needs suppress identificationより引用(*意訳含む)

と、自身の見解を示しました。

運営、そしてプレイヤー達もこの新キャラの登場がゲームの環境にいい影響を与えることを願っています。

VALORANTの新シーズン「Episode 3 Act1」は日本時間6月23日にアップデート予定となっています。

翻訳元: Shroud explains why new Valorant agent KAY/O will be perfect addition

関連コンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする



目次
閉じる