» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

新エージェント「KAY/O (ケイ・オー)」の公式トレーラー&アビリティ情報が公開。敵のスキルを使用不可能にするデバフ効果「抑制」が新登場

VALORANTの16体目のイニシエーター系の新エージェント「KAY/O (ケイ・オー)」の公式トレーラーおよびアビリティ(スキル)の詳細が本日公開されました。

「KAY/O (ケイ・オー)」は、6月23日より開催するVALORANTの新シーズン「Episode 3 Act1 (エピソード3 ACT1)」にて登場予定です。

目次

「KAY/O (ケイ・オー)」のアビリティは?

KAY/O (ケイ・オー) のアビリティには、新たなデバフ効果「抑制」が追加されています。抑制が付与された敵は、一時的にアビリティが使用不可能な状態となります。

抑制の効果を持つアビリティは現状では、今回登場したKAY/O (ケイ・オー)の「E – ゼロ/ポイント」と「X – NULL/CMD」のみとなります。

E – ゼロ/ポイント (公式トレーラー 1分59秒~)
サプレッションブレードを装備する。「発射」で投げる。ブレードは最初に当たった面に張り付き、巻き上げられ、爆発の範囲内にいる者を抑制する。

Q – フラッシュ/ドライブ (公式トレーラー 1分55秒~)
フラッシュグレネードを装備する。「発射」で投げる。閃光弾は短いヒューズの後に爆発し、視界に入った者の視界を奪う。

C – フラグ/メント (公式トレーラー 2分05秒~)
爆発するフラグメントを装備する。「発射」で投げる。フラグメントは床に付着して複数回爆発し、爆発のたびに中心部に致死量に近いダメージを与える。

X – NULL/CMD (公式トレーラー 2分12秒~)
極性レディアナイトエネルギーを瞬時にオーバーロードさせ、KAY/Oを強化し、彼の位置から大きなエネルギーパルスを放出させる。このパルスを受けた敵はしばらくの間、行動を抑制される。
– オーバーロード中、KAY/Oはコンバットスティム(連射速度・リロード速度・武器装備速度・リコイル回復速度の上昇)を得る。
– オーバーロード中にKAY/Oが殺された場合、KAY/Oはダウンして不安定な状態になり、味方が彼のコアを安定させて蘇生させることができる。

「KAY/O (ケイ・オー)」の開発に至るまでの経緯について

KAY/OのデザイナーであるRyan Cousart氏は、「私はSFにあまり詳しくないので、ターミネーターから『I, Robot』、さらには『Chappie』に至るまで、さまざまなインスピレーションについて、実際に多くのことを学びました。」とKAY/Oを開発した経緯についてコメントを残しています。

さらに、キャラクタープロデューサーを務めるJon Goscicki氏は、KAY/Oが「ゲーム発売後に開発を開始した最初のエージェント」であることを明かしており、同エージェントは「従来のFPSプレイヤーに馴染みのあるものを追加しつつ、『Valorant』に独自の要素を加える」ことを目的として開発されたキャラクターであると述べています。

同じくRiot関係者のCousart氏もこれを受けて、「従来のFPSプレイヤーに親しみを感じてもらえるようなエージェントを作るという目標以外に、直感的で基本に忠実な入力方法を追求したいと思いました」と述べています。

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする



目次
閉じる