» プロゲーマーの使用デバイス&所属チーム一覧

VCT Stage2でVersion1が敗退、Vanity「がっかりしていられない」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Version1はVCT Stage 2 Masters IcelandのDay 4でFnaticに敗れ、北米に帰国しました。しかし、IGLのvanityはこの結果に失望することなく、大会で得た経験をすべて吸収したと語っています。

Version1は、100 ThievesやCloud9 Blueなどの強豪を抑えてVCT Mastersに進出し、北米を驚かせました。IGLのvanityとスターフラッガーのpennyは、逆転に次ぐ逆転をもたらした大きな要因となり、多くの人が予想していた以上の活躍を見せました。

代役のjammyzは、wippieに代わって大活躍しました。Version1はトップ6に入り、トップ3入りまであと1戦というところまで来ましたがNUTURNとFnaticとの対戦で、彼らの夢は終わりを告げました。

ロシア国籍を持つwippieはアイスランドへのVISAを取得できず、Version1は急遽jammyzを起用しました。

Day4のUpper Bracket Round2では、NUTURNを限界まで追い込みましたが、延長戦の末に敗れてしまいました。その後、Lower Bracket Round3でのFnaticとの対戦では、自身がピックしたIceboxでつまずいた後、敵ピックのAscentで圧倒されてしまいました。

しかし、Vanityにとってはこの結果に失望しているわけではありませんでした。VanityはFnaticとの試合後以下のように語っています。

多くの勝利を得ることはできなかったとしても、世界のトップチームと接戦できることを示しました。


大会を通してシリーズ2勝2敗だったので、全体的にがっかりすることはありません。特に、あと1戦でトップ3になれるところでしたから。誰かが負けなければならないが、今日はそれが我々だった。

wippieは安定感のある選手で、落ち着いていて、かつクラッチ力のある選手です。その点ではチームの柱であり、彼に頼ってここまで来ました。彼がいないことは、特に彼との練習をすべて失うことになるので、ちょっと残念です。


私たちが学んだ最大のことは、地域間のちょっとした違いだと思います。ほとんどの地域が同じようにゲームをプレイしていますが、それぞれの地域が成功をもたらすために行っているちょっとしたニッチなこと、これが今回のイベントから得られる大きな収穫の一つです。


国際的な競争相手と対戦できることは、長い目で見れば私たちのためになります。ゲームを変えるほどのものではありませんが、今回のオフライン大会の経験は、私がこれまでプレーしてきたものとは異なるため、かなり重要なものになるでしょう。


私たちは今回、スタンドインで参加しました。誰もが最下位になると思っていました。しかし、世界で最も強い2つのチームに勝つことができましたし、負けた他のチームとも接戦だったのでがっかりするようなことは何もないです。

Vanity after Version1’s elimination from VCT Masters: “We can’t be disappointed” – Dexerto
https://twitter.com/version1gg/status/1398319307390480385?s=20
https://twitter.com/version1gg/status/1398301133110595593?s=20

Version1はVCT Stage 2 Mastersでの奇跡的な成功を踏まえて、wippieをチームに復帰させ、年内に再びNA代表になることを目指しています。

翻訳元 : Vanity after Version1’s elimination from VCT Masters: “We can’t be disappointed”

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする



目次
閉じる