» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

6つ目の新マップ「Breeze: ブリーズ」がまもなく登場か、南国の島を舞台にしたマップ

VALORANT(ヴァロラント)に6つ目の新マップ「Breeze: ブリーズ」が登場することが判明しました。

前回追加されたマップ「アイスボックス」は2020年10月頃に登場、実に約半年ぶりの新マップ追加となります。

「Breeze: ブリーズ」には英語で「そよ風、微風」といった意味があり、その名の通り、南国の島を舞台にした開放感のある夏らしいマップになっています。

今回の新マップ「ブリーズ」は、日本時間4月28日(前後する可能性あり)から開催予定の次シーズン「エピソード2:ACT3」と同時に登場予定と思われます。

目次

南国の島を舞台にしたマップ「ブリーズ」

新マップ「ブリーズ」は交戦距離が長く、かなり開けた作りのマップ

ティザー動画を見た印象では、「ブリーズ」は全体的にかなり開けた作りになっており、かつ交戦距離も長いため、スナイパーライフルが活躍しやすい(その反面、ショットガンが使いにくい)マップになるのではないでしょうか。

また、海外掲示板redditでは、何人もの海外ユーザーがティザー動画を参考に作成した「ブリーズ」のミニマップを公開しています。

今回の新マップ「ブリーズ」は、日本時間4月28日から開催予定の次シーズン「エピソード2:ACT3」と同時に登場予定と思われます。

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする



目次
閉じる