» プロゲーマーの使用デバイス&所属チーム一覧

パッチ2.04のアップデート内容が一部リーク。キャラ選択画面/ゲーム中での各プレイヤーのランクが非表示に、前シーズンのランクが下がることなく新Actで引き継がれるように

URLをコピーする
URLをコピーしました!

VALORANT(ヴァロラント)の最新パッチノート2.04のアップデート情報が一部リークしました。

パッチ2.04では、15体目となるコントローラー系の新エージェント「アストラ」の実装や、新シーズン「エピソード2:Act 2」の開幕などが予定されています。

「エピソード2:Act 2」は日本時間3月3日から開催予定となっています。

今回リークされた内容は公式による情報ではないため、実際の内容とは異なる場合があります。公式パッチノートが公開され次第、修正します。

目次

パッチノート2.04の変更点(一部)

前シーズンのランクが下がることなく、新Actで引き継がれるように

Act 2以降、プレイヤーランクがActの開始時に下げられることがなくなります。たとえば、前シーズンのランクがダイヤモンドだった場合、新Actでもダイヤモンドでスタートします。ただし、イモータルまたはレディアントであった場合、ポイントは90%減少します。

レディアントに到達することは、より困難になり、プレーヤーはその地域のトップ500プレーヤーであり、設定されたRRを維持する必要があります。 Riotによると、各地域のRR要件は次の通りです。

ラテンアメリカと韓国:100 RR
ブラジル:200ランク評価
北米およびアジア太平洋(日本):300 RR
ヨーロッパ:400 RR

エージェント選択画面/ゲームプレイ中に、各プレイヤーのランクが非表示に

各プレイヤーのランクはエージェント選択画面およびゲーム中に表示されることはなくなり、ゲームが終了した際のリザルト画面でのみ表示されるようになります。

VCを使用しないプレイヤーのために、より具体的なエージェントボイスが追加予定か

ゲーム内ボイスチャットを使用しないプレイヤーのために、マップ上の場所に基づいたより具体的なエージェントボイスを追加することで、チームの協調と情報共有の面を改善しようとしていることが明らかになりました。

たとえば、「スパイクを発見」や「敵を発見」などのエージェントボイスを使用すると、マップ上の場所に応じて、「Bポイントでスパイクを発見」などといった、より詳細な追加のセリフが発せられるようになります。

開発チームは「これらの変更により、プレイヤーにより多くの情報を提供したいと考えています。」と述べ、さらに「戦術的なキャラクターボイスは、チームボイスチャットの完全な代替手段となることを意図して作られたものではないため、チームメイトがゲーム内ボイスチャットを介して話しているときに、キャラクターボイスの音量は小さくなります。」とコメントしています。

また、オプション設定を切り替えることで、これらの戦術的なボイスメッセージはチャットに引き続き表示しておくことができるようになります。つまり。「ソーヴァがBで敵を見つけた」といった情報を後から参照することが可能になるということです。

情報元:Here are the full notes and updates for VALORANT Patch 2.04

関連コンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする



目次
閉じる