» ゲーマー向け大型セール「Amazon Gaming Week」が9月29日まで開催中

Riot Games、2024年以降のVCT計画を発表。中国リーグの新設、「チャンピオンシップポイント」の導入、2025年からChallengersは3スプリット制など変更点多数

  • URLをコピーしました!

Riot Gamesは8月23日、2024年以降のVCTシーズンに向けた詳細を発表しました。

目次

2024年 年間スケジュール

2024年のスケジュールは以上のようになります。2023年からの変更点については、以下のようになります。

①中国リーグの新設

インターナショナルリーグはEMEA / Americas / PACIFICの3地域に分かれていましたが、来シーズンから中国リーグが新設されます。

②地域別でKICK-OFFイベントを開催

今シーズンは「LOCK//IN」がブラジル・サンパウロにて開催され、インターナショナルリーグに参加する30チームと中国から2チームが参戦していました。

来シーズンからは開幕と同時に「KICK-OFF」が開催され、2022年までのようなダブルエリミネーション方式のトーナメントを勝ち抜いた計8チームが、スペイン・マドリードで行われる「Masters」に出場します。中国リーグの新設を踏まえると、各地域上位2チームと考えるのが妥当でしょうか。

③「チャンピオンシップポイント」の導入

2024年シーズンより、インターナショナルリーグ参加チームは「チャンピオンシップポイント」で競い合うこととなります。2022年より前の競技シーンを見ていた方にとっては、「サーキットポイント」と同じような形式とみてもよさそうです。

「KICK-OFF」の上位チームが「Masters Madrid」に出場し、「International League Stage1」の上位チームは「Masters Shanghai」に出場となります。また「International League Stage2」の上位チームが「Champions」に出場となりますが、ChampionsにはStage1までで好成績を収めたチームも招待される模様です。

「その時に絶好調のチームと安定して強いチームの両方を評価する仕組み」と紹介されており、各チームはまずシーズン序盤で結果を残すことを目指し、結果が残せなかった場合はStage2での逆転によって「Champions」出場を目指す模様です。

④選手ローンシステムの導入

以前よりTier1チームとTier2チームの提携に関する情報は出ていましたが、公式よりGame Changersシーンを含めた実施が発表されました。シーンにおける人材流動性を高める目的としていますが、詳細はまだ不明です。

⑤アセンション優勝チームのインターナショナルリーグ参戦

各地域のアセンショントーナメントを制した「The Guard」(Americas)、「Gentle Mates」(EMEA)、「BLEED Esports」(PACIFIC)が2年間インターナショナルリーグに参戦します。

⑥アセンショントーナメントがChampions終了後に実施

先日の発表で言及されてはいましたが、Champions前に開催されていたアセンショントーナメントがChampions後に変更。Tier2シーンの盛り上がりに繋がることが期待されます。

⑦2025年よりChallengersは3スプリット開催に

2024年のTier2シーンは2月開始となり、Split1 / 2の結果を踏まえてアセンショントーナメントへの出場チームが決定します。こちらも先日の発表で言及されていましたが、今後Challengersシーンは通年に拡大され、2024年の10月から2025年シーズンが開始する仕組みとなっています。Tier2の詳細は今後発表予定とのことで、さらなる情報に注目です。

⑧Premierの実施期間が決定

現在、Premierは年3回にかけて開催が予定されています。先日の発表ではPremierからChallengersへのルートが予定されているとのことで、ゲーム内システムから競技シーンへのルートが確立されるようです。Riotの計画している「強固なTier3シーン」の基礎となりそうです。

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. Amazon限定特典付ゲームが200円OFFクーポンプレゼント
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. Amazon限定特典付ゲームが200円OFFクーポンプレゼント
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. 周辺機器・アクセサリ
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. 周辺機器・アクセサリ
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. 周辺機器・アクセサリ
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. 周辺機器・アクセサリ
  19. 周辺機器・アクセサリ
    発売日 : 2021年03月16日
    価格 : ¥7,800
    新品最安値 :
    ¥7,800
  20. ヘッドセット
  1. マウスパッド
  2. マウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. マウスパッド
  5. マウスパッド
  6. クレードル・ドック
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. 並行輸入品
  15. マウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (39件)

  • kick offの上位8チームがそのままmastersマドリード出場?!短期間で同じチームのダブルイリミをまた見せられるのえぐないか…
    その他は何も目新しいことないな
    2023シーズンが例外だっただけでもともと2stage制の構想だし、サーキットポイントでchampions出れるのも2022年以前と何も変わらん…

    • ん?地域別から上位2チームがダブルイリミだから特にエグくなくね?リーグ創設前と変わらなくない気が

    • 各リージョンでkick offして2チーム勝ち抜けの8チームでMastersだから安心しろ。

  • Masters出場チームを段々と減らしてるの意味分からんわ
    16チームぐらい出せよ
    金かかるから渋ってんのか知らんのかriot金あるだろ

  • まぁどうせ地域3位4位のチームは順当に負けていくしmastersは8チームでいいんじゃない?
    masters長引くと他のチーム暇やしな
    そこらへんの下克上はChampionsで期待ということで

  • 何で視聴者減ってるのか何もわかってないの草
    同じようなチームの似たような世界大会とかマンネリ感しかないんだよな

  • 新参だからMastersとCampionsの違いよく分からん
    そもそも同じ面々で同じ環境で何度も試合してもなぁ

    • masters1はkickoff、masters2はリーグ1で上位のチームしか参加できない世界大会。champinsはそれらkickoff、masters1、リーグ1、masters2。おまけにリーグ2で稼いだポイント数で上位しか参加できない大会。だからあくまでmastersは世界大会だけどchampionsの出場権を得るためのポイント稼ぎ大会の一つに過ぎない。

  • 上位チームからしたら9月まで日程詰め込みすぎで燃え尽き症候群とか起きそう。リーグsplit1とsplit2の間にオフとか挟んだらいいのに。

  • 多分ですけどGCやアセンションの選手を1試合出すこと強要されてそれを後でバラされる展開あると思います

  • 頂点を決める大会は飽きが来るから
    リーグチームの最弱決定戦を開催してほしい
    金かけられないだろうからオフラインで

  • masters8チームとか何が盛り上がるんだ?
    今回はっきりしたマンネリ化の問題も解決できたか怪しいし
    まあ答えは来年出るんだろうが、去年もそう言われて結局これだからな……

  • 今年3月末〜5月末までリーグの6月Mastersですら文句出てたのに、3〜5月中にMasters+リーグ+Mastersとかできるんか?チーム数増えてるのに日程攻めすぎじゃない?

  • クロニクルも言ってるけど、優勝狙えるようなチームからしたらいつ休むんだこれ?w
    一生自宅帰れなくない?

      • 実際リーグ始まる前はディスコグルで視聴会→モチベ上がってフルパコンペ回すって流れが多かったのに、リーグ始まって暫くしてからそういうの全く無くなった、悲しい

        • わかる。なんならリーグ後半から世界大会にかけて誰も話しなくなってる。そんなもの存在しなかったレベルで試合時間にコンペ回したり寝てたりしてる。後で見返すこともなく。

  • ぶっちゃけ現状PacficはPRXとDRXの二強で崩れないし、AmericasもEGとLOUDが頭ひとつ抜けてる、EMEAと中国も1位のチームが抜けて強いからMastersのメンツほぼ同じだろこれ

  • こういうの見てると長年人気のあるCSってどんな感じの構成になっているのか気になる。
    そもそもリーグ制なのか?Tierごとに分かれているのか?

  • 無理にマスターズ、チャンピオンズ残さなくてもいいんじゃない?リーグ優勝チームの決定戦だけとかで 特別感薄れるし
    いままでの形式でtier2のマスターズやって欲しいけど、tier2で国際大会は無理か

  • 競技FPSは成功してるCSを真似てほしい。
    Play-in作るとかtier2が世界大会にでてワンチャンスつかめるシステムとか。
    じゃないと大多数のチームにメリットがなく、チームを持つ意味がない。

  • 競技観戦も離れ、RAGEのチケも売れず、次パッチ終わってて来シーズンこれ。

コメントする


目次