»「VALORANT Champions 2022」出場選手の使用デバイス一覧

【2023年1月版】VALORANT:国内主要チーム・ロスター一覧【随時更新】

  • URLをコピーしました!

VALORANT公式大会「VALORANT Challengers Japan 2023 Split1」の開催が約2週間後に迫り、国内チームのロスターもほぼ出揃いました。本稿ではVCTに出場する国内主要チームに加え、「Game Changers」出場チーム、アカデミーチームの一覧を掲載します。他スポーツにおける選手名鑑のような形で見ていただければと思います。

なおチームはアルファベット順、選手は加入順に記載しています。また選手の国籍が分からない場合、便宜上日本としております。ご了承ください。

目次

PACIFICリーグ 参加チーム

DetonatioN FocusMe

Suggest選手を中心にチームを再編成、チーム名も変更してPACIFICリーグへ挑むDFM。先日行われた「Riot Games ONE Pro Invitational」ではこれまで主にイニシエーターを使用していたxnfri選手がコントローラー、デュエリストをseoldam選手とtakej選手の併用という形でした。ブラジルの大会まで残り1か月強、どこまで仕上げていけるでしょうか。

DetonatioN FocusMe
Twitter – https://twitter.com/team_detonation
Web – http://team-detonation.net/

ZETA DIVISION

2022年は世界大会で6勝と大躍進を遂げたZETA DIVISION。しかしシーズン後半はTENNN選手の目の不調もあって十分な準備ができず、苦戦する姿が目立ちました。それでも日本の最上位チームとして多くの期待が寄せられており、PACIFICリーグ、そして地元開催の「VALORANT Masters Tokyo 2023」出場へ向け、どのように立て直してくるでしょうか。

ZETA DIVISION
Twitter – https://twitter.com/zetadivision
Web – https://zetadivision.com/

Challengers Japan 参加チーム

BC SWELL

2023年からVALORANTシーンに参戦するBCS。今シーズン活躍を見せたAnker・SylFy選手を中心に、堅実なメンバーを揃えてきた印象です。今年は目立つ機会が少なかったTENSAI・Dualing選手も気になるところですが、PUBGで実績を残してきたkAyle選手とコーチ陣がどのような働きを見せるかがカギとなりそうです。

BC SWELL
Twitter – https://twitter.com/BC_SWELL
Web – https://swellinc.co.jp/

BLUE BEES

  • 🇯🇵 Rico – Twitter
    ※トライアウト実施中

Stage2でプレイオフに進出し7-8位に入ったBBですが、8月に全選手がSCARZへ移籍。長らく再編に関する情報は出ていませんでしたが、12月中旬に元思考行結のRico選手が加入し、トライアウトの実施も発表されました。限られた準備期間ではありますが、どのようなチームを作ってくるでしょうか。

BLUE BEES
Twitter – https://twitter.com/bluebeesesp
Web – https://bluebees.jp/

CERULEAN.EXE

8月に「CLAUDIO.EXE」から改名したCLX。今シーズンは元Icicle Conflictのメンバーを中心に、週4-5日の夜から練習という状況ながら、フルタイム活動を行うプロチームと渡り合って配信試合に進出しています。エースのYuumac選手はFAを出していますがここまで選手の入れ替わりは無く、経験値を活かしたチームプレイが期待されます。

追記:Yuumac、Rem、Gb0x選手がSYSTEM e-Sportsに移籍

CERULEAN.EXE
Twitter – https://twitter.com/CERULEAN_EXE
Web – https://cerulean-exe.com/

Crazy Raccoon

rion選手の引退、Astell選手のコーチ移行を受けてMedusa選手が復帰、makiba選手が新加入したCR。インターナショナルリーグ落選という衝撃もありましたが、Astellヘッドコーチのもと厳しい練習を行っている模様です。今年も国内の最有力チームという立ち位置は変わらないでしょう。

Crazy Raccoon
Twitter – https://twitter.com/crazyraccoon406
Web – https://crazyraccoon.jp/

Crest Gaming Zst

Stage2終了後、CGZからはSyouTa選手、SamuraiD選手、sakurai選手、Penkimコーチが脱退。新たにmarin選手とGON選手が加入しましたが、その後に選手募集を実施。スタッフ陣を含め、どのようなロスターで2023シーズンに臨むのか注目が集まっています。

追記:MrTenzouEzHateが加入

Crest Gaming Zst
Twitter – https://twitter.com/crest_gaming
Web – https://crestgaming.com/

DopeNess Esports

徳島eスポーツ協会公認のプロチームとして活動するDNEには、元AVALON Gamingの選手が複数在籍。結成直後の昨年10月にはAIM杯、Xross Cupといったコミュニティ大会で優勝を果たしています。tatuo、sermentというベテランプレイヤー2人に10代選手が3人という特徴的な編成で、今後が気になるチームです。

DopeNess Esports
Twitter – https://twitter.com/dopeness2021
Web – https://www.dopenessesports.com/

ENTER FORCE.36

2022年のStage2からVALORANTに参入したE36は、元思考行結の日本人選手を中心にチームを再編成。さらに元FLのJinx選手、PUBG時代に世界大会優勝経験を持つEsther選手が加入しました。レイズを中心にチームを牽引し、唯一チームに残留したMerRy選手がどのような活躍を見せるのか、気になるところです。

ENTER FORCE.36
Twitter – https://twitter.com/ENTERFORCE_36
Web – https://enterforce-36.com/

エヴァ:e

2022年からVALORANTに参入したEVAですが、昨年は配信試合の出場が叶わず。早くも昨年7月にチームを再編し、元Insomniaのメンバーなど4名が加入しました。その後は積極的にコミュニティ大会へ参加しているほか、最近ではEMEA圏で選手活動をしていたLightning氏がコーチに就任しています。

エヴァ:e
Twitter – https://twitter.com/eva_e_official
Web – https://eva-e.jp/

FAV gaming

2022年のFAVはStage1で4位、Stage2で5-6位と安定して上位に食い込むものの、世界大会進出に向けては壁がある印象でした。チームの顔となっていたFisker選手の契約が解除されて以降、未だ5人目が発表されていません。LOB選手・Phantom選手が広いピックプールでチームを支えているだけに、どのようなタイプの選手が加入するか気になるところです。

FAV gaming
Twitter – https://twitter.com/fav_gaming
Web – https://www.favgaming.com/

FENNEL

2022年、まさかの不振に陥ったFLはオフシーズンに大型補強を敢行。NTHを世界大会へ導いたIGLのJoXJo選手を中心に、若手選手4名という編成になりました。スタッフ陣も国内有数のレベルで充実しており、国内大会の優勝候補として見る向きも少なくありません。1年ぶりのVCT出場となるhiroron選手をはじめ、若手選手が長丁場のリーグに対応できるかがカギとなりそうです。

FENNEL
Twitter – https://twitter.com/FENNEL_official
Web – https://fennel-esports.com/

FIRST Gaming

FGはこれまでbazz選手・Anthem選手・TORANECO選手といった有名プレイヤーを輩出。同チームでは定期的にロスターを入れ替えており、今回がおそらく4度目の再編となります。2020年から21年Stage2までFGに所属し、久しぶりの競技シーン復帰となるKaKU選手がどのような活躍を見せるでしょうか。

FIRST Gaming
Twitter – https://twitter.com/FIRSTGaming_JP

Focus e-Sports

コミュニティ大会への積極的な参加で知られるFCS。12月に行われたXross Cupでは優勝を飾っており、徐々に力をつけてきています。これまでは有名プロチームに及ばない試合が続いてきましたが、今年はどうなるでしょうか。

Focus e-Sports
Twitter – https://twitter.com/Focus_ESTeam
Web – https://focus-est.net/

FUKUSHIMA IBUSHIGIN

福島を本拠地とするIBSGはメンバー変更を繰り返しつつ、2020年のシーン黎明期から活動。昨年7月のAIM杯ではエヴァ:eに勝利して優勝していますが、今後の活躍はなるでしょうか。

FUKUSHIMA IBUSHIGIN
Twitter – https://twitter.com/ibsg_jp
Web – https://www.ibsg.jp/

Good 8 Squad

格闘ゲームの強豪として知られるG8Sは2022年のStage2からシーンに参戦。現状は目立った成績を残せていませんが、SZで実績のあるryota-、「Griffin E-Sports」の一員として香港/台湾予選を制したXII、OW日本代表を2度務めたけんもほろろと3選手が新たに加入しています。充実したコーチ陣と共に躍進はなるでしょうか。

Good 8 Squad
Twitter – https://twitter.com/good8squad
Web – https://good8squad.com/

魚群

G8Sと同様に格闘ゲームの強豪として知られ、昨年のStageから参戦したGYGN。オフシーズンの間、MoRi・Yso両選手は学生を対象とした「RedBull Campus Clutch」の日本代表として、ブラジル・サンパウロで行われた世界大会に出場しました。海外大会の経験はチームにどのような効果をもたらすでしょうか。

魚群
Twitter – https://twitter.com/gyogun_official
Web – https://gyogun-official.com/

NORTHEPTION

2022年シーズンに悲願の世界大会出場を果たしたNTH。3選手がインターナショナルリーグ参加チームへ移籍したため、大幅な再編を余儀なくされています。未だ5人目の選手が決定しておらず、競技シーン初参戦となるTenTen選手の実力も未知数という難しい状況ですが、名コーチJaemin氏とともに復活はなるでしょうか。

追記:Riddleよりまうふぃんが期限付き加入

NORTHEPTION
Twitter – https://twitter.com/northeption
Web – https://www.northeption.com/

IGZIST

Stage1で3位と躍進したIGZですが、メンバーを入れ替えたStage2はまさかのメインイベント敗退。さらにエースのLakia選手がDKに移籍となり、代わりにNorisen選手が加入しています。評価の高い選手は揃っているだけに、どこまで連携を高められるかがカギとなりそうです。

IGZIST
Twitter – https://twitter.com/IGZIST_GG
Web – https://igzist-gg.com/

INSOMNIA

※メンバー募集終了、今後発表予定

日本では屈指の実力を持つアマチーム・INSは現在Sengoku Gamingに所属しているsomething選手の出身チームとしても知られています。先日メンバー募集の終了が発表されており、近日中にロスターの発表があるものと思われます。

INSOMNIA
Twitter – https://twitter.com/insomnia_esp
Web – https://xylocopa.xyz/INSOMNIAesp

Jadeite

Stage2でプレイオフに進出し、強豪相手に善戦したJDT。allow選手がDK、Anker・SylFy選手はBCSへ移籍しましたが、新たなIGLとしてArt選手が加入しています。競技シーンの経験は浅いもののポテンシャルが高く評価されているiZu選手、デュエリストから転向後は苦戦している印象のsakurai選手次第では、再びの上位進出が見えてくるかもしれません。

Jadeite
Twitter – https://twitter.com/Team_Jadeite
Web – https://www.team-jadeite.com/

Q

2022年7月に新設された「Q」は、同年12月にVALORANT部門の設立を発表。発表前のAIM杯では「Macuahuitl」のチーム名で優勝を飾っています。これまで大きな実績のある選手は少ないものの、CGZのコーチから現役復帰したPenkim選手の存在もあり、今後が楽しみなチームです。

Q
Twitter – https://twitter.com/Team_xQx
Web – https://9ube.com/

REIGNITE

Stage1でプレイオフに進出したRIGですが、Foxy9選手がDRX、eKo選手がGen.Gへ移籍。9月には新メンバーの募集が発表されていたものの、未だに加入選手は判明していません。おそらくは韓国人選手の獲得になると思われますが、どのようなロスターになるでしょうか。

追記:Kaminari、k1llgraveが加入

REIGNITE
Twitter – https://twitter.com/ReigniteJP
Web – https://reignite.jp/

REJECT

LCQ終了後に全選手が脱退し、コーチを含め大幅なチーム再編を行ったRC。Flax・Skyfullのベテラン2名に若手3名という編成のもと、比較的早い段階からチーム練習を行っている模様です。実力的には未知数な部分も多いですが、”レジェンド” KeNNyヘッドコーチのもと、躍進はなるでしょうか。

REJECT
Twitter – https://twitter.com/RC_REJECT
Web – https://reject.jp/

SCARZ

VCT開始以降は思うような成績を収められなかったSZですが、今シーズン終了後に元BBのロスターを獲得。Xdll選手はFLへ移籍しましたが、スタンドインで参加しているYoshiii選手が素晴らしい活躍を見せており、先日は韓国の強豪DKに勝利しています。多国籍ロスターのため連携面に課題を抱えていますが、国内トップチームの一角と言えるでしょう。

追記:Yoshiii、Fadezisコーチが加入

SCARZ
Twitter – https://twitter.com/SCARZ5
Web – https://www.scarz.net/

Sengoku Gaming

SGからはZerost選手が引退、Art選手がJDTへ移籍し、NPoint選手とnobita選手が加入しました。さらにFisker選手の電撃加入は大きな話題を呼んでいます。something選手、Vici選手と火力の高さが特徴的なチームだけに、ロール問題を解決すれば一気に躍進する可能性を秘めています。同じく新加入となったコーチ陣の力量が試されることとなるでしょう。

Sengoku Gaming
Twitter – https://twitter.com/Sengoku_Gaming
Web – https://sengokugaming.com/

System e-Sports

AIM杯の運営、e-Sportsキャスターの養成など、多方面でVALORANTシーンへの貢献を行っているをSYS。11月に選手・コーチの募集を行っており、新ロスターの発表が待たれるところです。

追記:CERULEAN.EXEよりYuumac、Rem、Gb0x選手が移籍加入

System e-Sports
Twitter – https://twitter.com/System_ESP
Web – https://www.seteam-esp.com/

VARREL

VLは昨年12月に「DONUTS USG」からリブランディングを行い、VALORANT部門を設立。国内シーンで実績のある選手が複数在籍しており、一時期競技シーンを離れていたHaReeee選手のプレイは気になるところです。デュエリスト・チェンバーを使用していたプレイヤーが多いだけに、ロール問題の解決がカギとなります。

VARREL
Twitter – https://twitter.com/_VARREL
Web – https://usgd.club/

Game Changers 参加チーム

DRX GC

VALORANTの女性部門を日本で設立したDRX。日本2人、韓国2人、中国1人という特徴的なロスター編成となりました。今年のGCシーンで高いスタッツを残した選手が揃うものの、現状のメンバーで参加資格を持つのか気になるところです。

DRX
Twitter – https://twitter.com/DRX_VS

FENNEL GC

激戦となった東アジア予選を突破し、世界大会で強豪と渡り合ったFLGC。レンタル移籍のsuzu選手がZETAへ復帰し、現在は新メンバーの募集を行っています。再び世界の舞台に戻ることはできるでしょうか。

Focus e-Sports IRIS

国内予選でベスト4と、惜しくも東アジア大会への進出を逃したFCS IRIS。Ichiytomaを除く全選手が脱退したものの、11月には新ロスターが発表されています。他チームに比べかなり早い段階での再編となりましたが、躍進はるでしょうか。

IGZIST GC

日本予選ではOpen Qualifier敗退となったIGZ GC。現在は2名のみが残っており、今後新メンバーの募集など何らかの発表があるものと思われます。

Insomnia GC

INSM GCは日本予選でベスト4に進出したものの、Reignite Lilyに敗れあと一歩で国際大会の出場を逃しました。現在は選手・コーチ合わせて2名のみが残っており、新規メンバーの募集が行われています。

REIGNITE Lily

約2年間同じメンバーで活動していたRIG Lilyですが、東アジア大会終了後にKiera選手が脱退。現在は選手1名とコーチの募集が行われています。Zodiac選手をはじめ能力のある選手が揃うだけに、今年は世界大会の進出なるでしょうか。

ZETA DIVISION GC

今年の日本予選は途中棄権となってしまったZETA GC。エースのsuzu選手はレンタル移籍先のFLで大活躍を見せ、チームを世界大会出場へ導きました。まだ実力が明らかになっていない部分も多いだけに、この先が楽しみなチームと言えるでしょう。CoDのプロを引退してコーチに就任した七面鳥氏の手腕にも注目です。

アカデミーチーム

Crazy Raccoon Academy

CRACは様々なコミュニティ大会に出場、優勝こそないものの安定して上位に進出しています。今後どのような成長を見せるでしょうか。

DETONATOR Academy

DTNはメインチームを持たず、アカデミーで選手を育てつつVCTへ出場する方針に転換。12月に発表したメンバーには16歳・17歳といった若手選手が顔を揃えています。コーチに転身したFifTy氏のもと、どのように成長するか楽しみなところです。

DETONATOR
Twitter – https://twitter.com/DeToNator_GG
Web – https://www.detonator-gg.com/

FAV gaming Youth

「esports業界の次世代を担う有力な選手の発掘と育成」を掲げ、11月に設立されたFAV Youth。先日行われた「RIot Games ONE Pro Invitational ONLINE」にはfukuken選手が急遽出場し、素晴らしい活躍を見せていました。今後どのように活動していくのか気になるところです。

FENNEL Academy

FLACは積極的にコミュニティ大会へ出場。14歳・15歳などアカデミーの中でも特に若い選手が所属しており、長期的に見ても面白いチームです。メインチームが国内有数の強さを誇っていることも刺激となるでしょうか。

ZETA DIVISION Academy

ZETA ACからはhiroron選手がFLへ移籍。国内のアカデミーチームから有力チームに出世する初の機会となり、その意義が十分に果たされたと言えるでしょう。アカデミーとしては抜けた強さを見せているだけに、将来楽しみな選手が揃っています。

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. 周辺機器・アクセサリ
  4. ヘッドセット
  5. 周辺機器・アクセサリ
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ゲーム用ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ヘッドセット
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (50件)

    • 出場できるか確定してないからじゃない?
      注目度でいえば結構高いチームだけど

  • nthはsplit1はきつい展開が続きそうだけど例年通りsplit2から化けて躍進しそう

  • どのチームも最強だと思えないのが辛いな
    ZETA→補強出来てないしメンバー変更なし(フィジカル負け)
    DFM→コーチが悪い
    CR→AstellのIGLが消えて判断が悪い
    NTH,RC等→フィジカル負け

    • CRはnethIGL ぽぽがちがサブでコール等をする風に決まったみたいだから期間短いけどESLみたいなグダグダは無くなりそう
      本命はやっぱFENNELだな 他のチームと違ってベテラン枠がKRのjoxjoしか居ないのがちょっとだけ懸念点だけどxdllは短期間ながらもzetaで学ぶこともあっただろうしなによりSyouta.CLZのプレイが楽しみ

    • 補強ってのはメンバーを変更することじゃなくてメンバーを変更して強くなることなんだよね
      変えて強くなりそうな代替選手が見つからないのに無理やり変更してもそれは無意味に弱くなるだけ

  • RIG.FAV.nthの空き枠ほんとどうするんだろ… FAVはゴミ野郎のせいで選手公募のスタートが遅くなったせいで残り物とかになったらまじで不憫すぎる

  • it’s official出してるKLM(ex Quintet静岡)がnthバロ部門のマネージャーを最近Twitterでフォローしたからワンチャンnthの@1はKLMかも
    雰囲気的にもあってるしめっちゃ楽しみ

  • Split1の本命は期待も込めてFENNEL 。
    このロースターでどこまでできるかが楽しみ。

  • Northeptionの説明が間違ってる。
    「3選手がインターナショナルリーグ参加チームへ移籍したため」
    実際は2名の選手な。

  • 個人的には新生CRが楽しみだな。
    ESLの時はIGL居なくてグダグダして負けちゃったけど、neth,MetusaのどっちかがメインIGLやってpopoがサブIGLやるやろうから、
    なんだかんだでまた国内優勝争いは出来そう

    • limitzの時もぽぽがち中々良いコールしてたしとしneth引退する時が来てもこのままメインIGLやれそう

  • sz、cr、flが優勝候補かな?
    個人的にはcgzがどれぐらい強いのかとsgがfiskerをどんな運用するのか気になる

    • げ、げ、げ、ゲームチェンジャーが踏み台!?wwwwww
      GCの選手がvct出場チームに引き抜かれることを危惧してるってコト!?wwwww
      冗談も大概にしとけやwww

    • アカデミーは元々プロ育成がメインだから踏み台みたいなもんでは……?実際にプロ入り(戻った)選手もいるし

    • オーナー会議でも話題にあがっていたけど日本では移籍金っていう制度成り立ってないし若い選手を育てるメリットはほぼない
      育ったところで有名チームにタダで持っていかれる
      アカデミーもただのLiotへのアピールでしかないな
      どうせアカデミー持ってるようなチームは育成しなくても他チームを草刈り場にできるし

      • Riotねスペル。
        アカデミー新しく作ったり存続させてるからそれでいいと思ってるんじゃない?若い新しいの探すのも大変だろうからある程度まとめておけばいざという時引っ張り上げるの早いし。今のプロの年齢層考えると16〜18くらいのプロ候補を数年後にどこかのチームに引き上げなきゃならん。移籍金制度も定着していいのにな

  • アカデミーも載せてくれて助かる。
    主要チームは突出してるわけでもなくいい塩梅でバラけてて、残りの期間で足りないところは誰入れてどれだけ仕上げるかで変わってきそうな感じ。あと2週間くらい?楽しみ

  • FL、CRが本命、SZ、FAV、SG、Nthあたりもありえる
    FLはベテラン枠が少ないから崩れたら一気に持ってかれそうなのが怖いけどポテンシャルは1番だと思う
    CRは昨年フェイド環境になってから苦戦してたし、1年空いてるまきーばだから不安要素はあれどastellコーチと昨年調子良かったメデュが入って期待できる
    Nthはこの前のイベント(FAV戦)でかなり差があるように感じたけどいつも通り仕上げてくると思ってる

  • DRX GCのところの「今年のGCシーンで高いスタッツを残した選手が揃うものの、現状のメンバーで参加資格を持つのか気になるところです。」って何?
    GCレギュレーションではVCT JPとは違って、日中韓の中で選手5人揃えることって書いてあるから問題ないわけだし、参加資格満たされてるんじゃないの?

    • 2022のルールブックだとJP居住者少なくとも3人保持になってたけど2023だと変わる感じなんだ。6ヶ月以上居住で満たされるから誰かが1月ごろから住むのかなと思ってたんだけど。

  • CRはチェンバーもフェイドも上手い人がいなくて苦戦してたけど環境変わったし結構期待できると思うけどな
    Astellの頭脳を選手たちが引き継げるかは大きな課題だけどそこをクリアできればかなり強いと思ってるよ

    • 旧ZETAの試合見てないニワカだな。
      makibaのフィジカルはcrow以下でマスターズ出場者の中で断トツ最下位だったから。
      rionと比べて2段階くらい弱い。

      • makiba下げしたい訳じゃないけど実際フィジカルは弱いよな
        撃ち合いになる前に状況を有利に持っていく賢さはあるけどそれだけでやっていけるのかは疑問だわ、、、

        • かと言って国内有数のモク使いbazz.RIPabloとかは引け抜けないだろうからな もしIGZから引き抜けたならneth.meiy.popo.oitaN.RIPabloでクソ強そうではあった どのみちIGL不在問題は起きるけど

        • IGZの中でフィジカル一番安定して強いし理解度も高くてade.makibaよりは普通に強いと思うんだが、

    • アステルってスキル理解度ずば抜けてるけど、エリア取りとかマクロの部分は言うほどじゃない?
      野良ランクと大会観戦だけのエアプが語れる話ではないけどさ

    • RIGにかみなりさんは熱すぎ どこも年長枠2 若手枠3がメタだから入るとしたらask.kuroと同じくらいの若手枠かな

    • となるとFAVにKLMか?
      同じ元QTのhattyはチーム既に決まってるのかプロ休止なのかどっちなんだろ

コメントする


目次