» 世界大会「VCT 2022 Stage 1 Masters」出場選手の使用デバイス一覧

VCT Masters:日本代表「ZETA DIVISION」がOpTic Gamingに0-3で敗北。世界大会ベスト3の偉業を達成し今大会敗退へ

  • URLをコピーしました!

4月24日、VALORANT国際大会「VCT 2022: Masters Stage 1 – Reykjavík」のPlayoffsローワーブラケットファイナル、日本代表「ZETA DIVISION」vs NA2位「OpTic Gaming」の対戦が行われました。

ZETA DIVISIONの対戦相手は、NA2位通過・OpTic Gaming。The Guard、DRXといった優勝候補を破ってきたOpTic Gaming。決勝進出をかけた大一番となる今試合、第1MAPのヘイヴンでOTまでもつれ込む接戦の末、OPTCに先制を許してしまったZETAは続くマップでも徹底した対策、撃ち合いの強さを発揮したOPTCに試合のペースを握られ続け、0-3で敗北となりました。

ZETA DIVISIONは今大会敗退となってしまったものの、初戦・DRX戦での大敗から勢いに火が付き、Fnatic、Ninjas in Pyjamas、Team Liquidといった名門チームを次々と撃破。再戦となったDRX戦では劇的なリベンジ勝利を果たし、さらにはPRXとのアジア頂上対決を制し、アジアNo.1の称号を手に入れています。

当初の下馬評を覆し、快進撃を続けたZETA DIVISIONは今大会ベスト3入りの偉業を達成。85,000ドル(約1,100万円)の賞金とChampionsに繋がる400サーキットポイントを獲得し、日本のeスポーツの歴史に残る快挙を成し遂げた大会となりました。

目次

ZETA DIVISION vs OpTic Gaming // 観戦レポート

第1MAP:HAVEN // OPTC PICK // 13-15 LOSE

注目の第1MAP・ヘイヴンはOPTCピック、ZETAのアタッカー側スタート。開幕1stラウンドを先制したZETAは、ジェットを使うDep選手を軸とした圧倒的な試合運びで序盤の盤面を掌握、開幕から5本を連取します。5-0で迎えた第6ラウンド、落ち着きを取り戻したいOPTCはタイムアウトを切り、エリア取りを意識した強気な位置取りへシフト。タイムアウトを機に流れを掴んだOPTCはオペレーターを持つyay選手が1stピックを取る展開が続き、ラウンドを連取します。ZETAは5ラウンドを失うものの、前半を5-7のリードで折り返します。

後半戦、ディフェンダー側のZETAは、ミッドへの素早いエリア展開で開幕1stを先制。続くラウンドも獲得したZETAは絶好のスタートを切ります。さらに第16ラウンド、SugarZ3ro, Dep選手が2v4クラッチを決め、11-5と徐々にラウンド差を広げていきます。しかし、その後は人数有利を作ってからラウンドを落とす展開が目立ち、ラウンドを連敗。第22ラウンド、ZETAは12-10で先に王手をかけるものの、OPTCの怒涛の追い上げで12-12に追いつかれ、試合はオーバータイムに突入します。

オーバータイムでは両者激しい攻防が続く中、OPTCの終始Marved選手を中心とした少人数戦での立ち回りの巧さが光り、第1MAP・ヘイヴンは13-15でOpTic Gamingの勝利となりました。

第2MAP:FRACTURE // ZETA PICK // 5-13 LOSE

第2MAP・フラクチャーはZETAピック、アタッカー側スタートとなります。ZETAは開幕2ラウンドを先取し、好スタートを切ります。しかし、立ちはだかるのはまたしてもyay。OPTCは同選手の1stピックを起点にラウンドを重ねていき、序盤はOPTCが優勢な試合運びを見せます。3-5のビハインドで迎えた第9ラウンド、ZETAは見事な連携でエコラウンドの獲得に成功。さらに第11ラウンド、ZETAは再びエコラウンドを獲得しますが、前半は5-7とOPTCにリードを許し折り返します。

後半戦、OPTCはネオンのスピードを活かしたセットプレーが刺さり、ラウンドを連取されます。終始OPTCが圧倒する展開が続き、第2MAP・フラクチャーは5-13でOpTic Gamingの勝利となりました。

第3MAP:BIND // OPTC PICK // 8-13 LOSE

ここを落とすと敗退が決まる大一番、ZETAはディフェンダー側スタートとなります。開幕2ラウンドはOPTCが先制、もう後がないZETAにとっては不穏な立ち上がりとなります。さらにOPTCは、両サイトへの揺さぶりをかける巧みな戦術でさらにラウンドを連取。2-4で迎えた第7ラウンド、OPTCがAサイトでヴァイパーズピットを展開するも、ZETAは完璧なリテイクでラウンドを獲得。巻き返しを図りたいZETAですが、終始徹底した対策を講じてくるOPTCに対し、試合のペースが掴めないまま、前半を4-8のビハインドで折り返します。

後半戦、OPTCは開幕2ラウンドを先制。ZETAも怒涛の追い上げを見せるものの、第3MAP・バインドは8-13でOpTic Gamingの勝利となりました。ZETA DIVISIONは0-3で敗北、今大会をベスト3の成績で去ることとなりました。

ZETA Laz選手 / crow選手 – 試合後インタビュー

キャスター一同:今大会、お疲れ様でした。

岸大河氏:まずは今のOpTic Gaming戦、感想をいただけますか?

Laz選手:OpTicが強くて、自分たちが力不足でした。

岸大河氏:特にどのような所が強く感じましたか?

Laz選手:OpTicの戦い方を最後まで突き詰めていて、その中で少しずつアドリブを含めたりした戦い方に対応出来なかったと思います。個人技も凄く強いし、フェイクも「これ本命だろ!」って寄った瞬間に引っかかっちゃって。

crow選手:本当に強くて、自分たちも用意してきたものはあるんですけど、試合の中で上手く対応されて逆にこっちが辛くなってしまう状況になったりとか、本当に相手の対応が上手かったです。

岸大河氏:2021年では悔しい結果の中、2022年に備えて沢山の練習、メンバーチェンジで臨んできた今大会ですが、昨年度と今年でその差が縮んだようにも思うのですが、どのような理由がこの結果を生み出したのでしょうか?

Laz選手:コーチ主導で皆が一つになって、全力で練習をし、時間をかけて同じ方向に進めたなというのは感じました。

crow選手:自分たちの場合は日本でもブートキャンプだったり、大会前に集まって長く共に過ごす時間があったのも関係しているのかなと思います。

岸大河氏:今回3位と、その上にはLOUD、OpTic Gamingがいます。世界との差というのは選手の体感としてどのくらい感じましたか?

Laz選手:ぶっちゃけ今日のOPTC戦は壁を感じましたね。凄い強かったです。もうちょっといけるかなと思ったんですけど。

crow選手:勝てる自信はあったんですけど、土壇場の対応力というのは凄いなと思いました。

岸大河氏:次はMasters Stage2に臨むということで一度帰国して、Challengersからのスタートになっていきます。今度は日本のチームと戦って、それを乗り越えてMasters Stage2に行かなければなりませんが、プレッシャーは感じますか?

Laz選手:自分たちが本当に通用するのかというのは、新しいチームだったのでそこは不安だったんですけど、Stage1で日本大会優勝して、世界大会でもここまで来れて、自信は凄いあるのでStage2でも世界大会目指して頑張りたいなと思います。今回の世界3位は全然満足してないので、Stage2で優勝目指して頑張っていきます。

岸大河氏:crow選手、最後に感想をいただけますか?

crow選手:僕自身、今回の大会、この半年ぐらいの活動で本当にここまで来れるとは思っていなかったんですけど、やってみて悔しいですね。もうここまで来たからには優勝したかったし、負けてしまったことは凄い悔しいので、次はもっと強くなって帰ってきます。

配信アーカイブ

おすすめコンテンツ

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ゲーム用ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ヘッドセット
  1. マウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. マウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. マウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (79件)

  • 下を向くことはない。胸張って帰って来い。zetaは国内で誰も成し得なかったことやったんだ。

    57
  • 岸さんが言ってたけどこの結果だけでも凄いのに、もっと行けるんじゃないかという気持ちになれたなぁ。世界3位本当にお疲れ様です。

    28
    • どこの国でもそういうのは一定数居るものだよ。
      日本人だけではありません。

      50
    • ミラーで見てたけど公式配信批判あったのか..
      だれがこの結果に批判できるんだよ..

      30
    • 言葉が読めるからそう感じるだけで海外も同じ。
      誰がどう見ても世界3位は日本シーンの歴史に残る偉業だからそれを自分が分かってればいいと思います。

      51
    • どのコミュニティにもしょうもないことしか言えないやつは一定数いるから気にする必要ないよ
      それよりも圧倒的に多くの世界中の観戦者がZETAの躍進を喜んでくれている
      ZETAがやりのけてくれたことを
      誇りに思うよ

      12
      • youtubeは同じ奴(3、4人ぐらい)が同じ煽りコメ連投して荒らしてたな。一定数というよりファンでも何でもないほんの一部の荒らしだろ。

        5
        • Twitchのミラーだけど、3,4人ブロックしたらマジでキレイになったからほんと数人なんだと思う
          え?全然ブロックしてないのにいなくなった!?ってなった笑

          1
    • ノンスコとフリックで過大評価されてるDepがノンスコもフリックもしないけど確実にフラグ取れるyayに格付けされてて草なんよw
      エコ狩りでキル稼ぐのだけは上手かったね!
      他のみんなは上手かった!GG!

  • ありがとう、本当にありがとう。
    最後は悔しい結果だったけど、ZETAの躍進とこの気持ちの高まりは絶対忘れない。更に強くなって、世界で戦うその姿をまた見せてくれ!

    11
  • なんかぬるっと負けたけど、ベスト3まで来れたことを誇りに思う。ゆっくり休んで安全に帰ってきてくれ。

    10
  • 世界と戦えるということを証明してくれてありがとう
    マジでZETAはアジア最強最高のチームだよ

    8
  • 欲を言えばヘイヴン取りたかったけど、Opticの勢いに押されたのとここまでの疲れが一気に来て負けちゃったって感じがする……
    いやでもマジで偉業成し遂げたわ!選手、コーチ陣本当にお疲れ様でした…!
    ゆっくり休んでください!

    12
  • 確かにストレート負けではあったけども
    G2と同じで試合内容的にはボコボコにされたって内容じゃなかったと、個人的には感じた
    gg!胸張って帰ってこい!

    12
  • 今までの戦いを見てるともっとやれると思いました!
    しっかり休んで次も強いZETAを見せてください。
    お疲れ様でした!

    1
  • 今までのfpsの大会って大体が世界で勝てなくて悔しいって感情だった
    今回のZetaは久しぶりに負けて悔しいって感情を思い出させてくれた
    何はともあれ日本のfpsの歴史でベスト3は偉業
    胸張って帰ってきて次のチャンスまでレベルアップして欲しい!

    10
  • 新生チームの一発目のMastersでこれだもんな。
    ZETAのこれからもめちゃくちゃ期待できるし、国内シーンの競争も競技者としてプライドあればもっと激しくなるだろうし、今年のVCTはずっと楽しめそうだ。

    11
  • まだメンバー変更して1回目の大会でここまでやれたんだから、次はもっと上にいけるさ
    何はともあれZETAお疲れ様。帰って来たらゆっくり休んで日本食食ってほしい

    7
  • まずは一勝とか言ってたチームが3位で悔しいって言えるとこまでこれたのが本当にすげえよ
    今後のZETAも日本シーンもマジで楽しみ
    みんなお疲れ様だ

    8
  • ハードスケジュールで疲れが出たかな
    でも、連日熱い試合ばかりでおもしろかったです
    GG

    3
  • ヴァロをやったことなくてプレーオフ戦から見てた勢だったけど、どの試合も感動的で気がついたら声出して応援していたぐらい熱くなった!
    胸を張って帰国してきてほしい!
    GG

    3
  • yayはもちろんだけど、Marvedガチつよだったな
    makoといいシュガゼロといいモク役の逆襲を見たな

    12
  • 試合直後は悔しくて涙が出そうだったが
    まだエンディングじゃないから泣かないぞ
    選手・コーチ・アナリスト・スタッフ・スポンサーのおかげでここまで来たのはもちろん
    今まで日本のFPS文化を支えてきた人たちと
    彼らの努力が報われた瞬間をくれたZETAには感謝しかない
    GGWP これからも陰ながら応援させてくれ

    5
  • 普通に初戦のローアからここまで上がれたことが本当に凄いと思う。
    1番試合数が多くて、対策もされやすい中、夢を見させてくれてありがとうございました。

    6
  • この2週間本当に楽しかったよ、ℤETAありがとう。初戦で惨敗して、このメンバーでも世界には勝てないのかと正直思ってしまったけど、フナティックとリキッドに勝った試合後のインタビューでは泣いてしまうほどに心を動かされた。日本のチームが世界3位になるのを見れる日が来たなんていまだに信じられていないけど、これは奇跡じゃないんだ。本当にZETAありがとう。ℤℤℤ

    8
  • 世界大会の最終日前日まで日本を応援できることが幸せすぎた
    お疲れ様でした!
    これを機に世界大会の上位常連になってほしい

    1
  • 本当にお疲れ様。世界一&アジア1位は偉業だし日本の誇り。世界大会観戦でここまで熱くなれたのは初めてだった。感動をありがとう。STAGE2、Championsも頑張れ!

    2
  • 今大会1番試合数ラウンド数を戦って、その上連戦に撮影&インタビューと鬼ハードスケジュールをこなしてここまで来れたんだ。本当にすごいよ。

    3
  • これステージ2で世界2位、チャンピオンズで優勝の流れですねわかります
    過密スケジュール、圧倒的な試合数ホントにお疲れ様でした
    無事に日本に帰ってきてください

    1
  • 去年は世界大会を観戦してたけど、今回は日本代表を応援できた。本当にありがとう。

    5
  • 「〜〜〜メンバーチェンジで臨んできた今大会ですが、昨年度と今年でその差が縮んだようにも思うのですが、どのような理由がこの結果を生み出したのでしょうか?」

    ↑感動に水差してすまんがLazさんめっちゃ気遣って答えてたけど結構ヤバい質問よな…

    5
  • なんでPRX負けたんだよ。
    ZETAマジでふざけんな。クソつまらん試合しやがって。勝てや

    1
  • 相手の方が引き出しが多かったイメージでしたね
    フラクチャーでの配置もわかってる動きが多かったですしちゃんと研究してんだなと思いました
    逆にヘイブンは情報が少なかったので適応するのに時間がかかったのとyayの立ち回りが大きかったですね

  • 今までの日本チームからしたら大きな飛躍だけど、
    基本的な強さで言ったら他所のチームに及ばないのかな。

    ラッキーにも利する条件が幾つも揃って、強豪同士が出し切った試合を見てそれを利用して対策できたけど、ガチンコ対決ではかなり実力の差が如実に出ていた。

    ZETAはLCQの頃から準備してここ向けてに臨んだけど、
    他のチームはチャンピオンズに向けて仕上げてくる訳だし、付いて行けるのかな。

    • DRXはともかくPRXやTLはZETAと同じような日程だったしZETA対策しないで負けたとかただの言い訳でしかないじゃん
      それにZETAこそ、毎回毎回出し切ってたし2-1のスコアも多くて対策されやすい状況だったと思うんだけど
      今日の相手はZETA対策をしたってインタビューで言ってたよ
      今までの相手だってZETA対策してたかもしれないし

      15
      • Lazさんはこの大会1勝が目標って言ってて配信で今回は良い経験を得られたら良いなって言ってたし、ZETAも今回の大会に全てかけて準備できてたわけじゃないと思う
        ZETAも今後の大会に向けて更に仕上げていくだろ

        3
    • つまり今まで戦ってきた相手は試合数が多かったZETAをずっと対策の1つもせず戦って負けた無能チームだとでも言いたいのか?

      16
      • とにかくZETA下げをしたくて、論理破綻してるよね。
        例え優勝しようが認めないだろうし、全部ムダだよ。
        (FPXが居ないから優勝できたとか言うだけ)

        23
    • 1勝どころか世界3位にもなったのにラッキーって…お前どうしようもないやつだな。
      実力の差が如実に出てたとか言うけど、具体的にどういうとこか言ってみろよどうせ言えねえだろ。

      9
    • つまり去年3回世界で戦って1勝しか出来なかったCRは呪われるかもな
      オーナー含め選手一同1回厄払いに行った方がいいかもしれん

      3
    • ラッキーとは例えば?実力の差とは例えば?

      VCTをちゃんと見ていれば、優勝したOpticでさえグループ予選の初戦で負けているし、他のチーム同士でも勝った負けた勝った負けたが入り組んでいて、このレベルチームの勝敗の差はマップや動きの相性やその日の調子で簡単に変わってしまうぐらい拮抗していることに気づくはず。

      ブロンズ帯なら仕方がないけど、あのZETAの試合見ててそんな感想書いてるんじゃ恥ずかしいよ。

      4
  • 次からは他のチームも日本のチームだからって下に見てくることはない。きっとしっかり対策も組まれることだろう。それでもこのZETAならきっとまたいい成績を残してくれると信じてる!
    あとStage2の国内予選でこのZETAに少しでも食らいつけるようなチームがいるかも楽しみ!

    1
  • ZETAを倒せば世界のトップレベルでも通用するってわかったから、今国内のプロ達もお祝いムードだけど内心燃えまくってるだろうね
    次の国内シーンもほんとに楽しみになってきた

    1
    • わかる
      けど一つ気になるのは、ZETA対策で構成から何からやられて負けるのはやだなと思う
      元々の使える構成の中で限られた時間で敵チームの対策するのが世界大会だと思うけど、ZETAを最初から見据えて対策して倒しても、世界大会じゃ通用しないから、それならZETAに世界行ってほしいという

      4
      • ZETAの構成的に苦手な構成で、刺さる行動されたときの対応の練習にはなるから、勝つならプラスなんだろうけど
        acendとかは対策されまくって予選でやられた感あったからなぁ

  • 5勝もしたのに実力を信じてもらえないとかかわいそうすぎるやろ
    一勝が目標で試合前tiar最下位のチームが三位になって十分どころの騒ぎじゃないけど
    それでも負けるのを許さないのは感覚がバグりすぎでしょ
    次はもっといい順位を狙って欲しいし、ポテンシャルもあると思うけどね
    お疲れ様!

    10
  • 多分この結果に対してぶちぎれてる人は無茶苦茶ZETAのこと応援してたから悔しくて、そもそもの実力まだ認めれてない人はいまだに3位っていう快挙をZETAが成し遂げれたことを信じ切れてないんやろうな。

    1
    • Optic戦は残念だったけどぶっちゃけ今回の結果キレてる奴なんてほとんどいないぞ
      ここぞばかりに叩きたいごく少数の声のデカイアンチとCRキッズくらいだから気にしないでいい

      14
  • これは”””正論”””なんだけど、0-3で負けるチームを誰が見たかったんだ?
    それだったらZETAが勝ち進むより、他のチームに勝ってほしかった。
    そもそも、日本なんて最弱リージョン誰も対策してなかっただろうし、ラッキーパンチにラッキーパンチが重なって勝っただけ。
    今回はラッキーパンチ出来なかった。それだけだろ

  • アンチも脳死論理破綻するほどの快進撃
    ここに至るまでどれほどの努力と苦労があったか
    想像するだけでプロ選手には本当に頭が下がります
    今はただ無事に帰ってきてくれ

    2

コメントする



目次
閉じる