» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

新スキン「RGX 11Z PRO」でFPS値が著しく低下する不具合が発生中。一時的にアップグレード、バリエーションの購入が停止に

現在、VALORANTのストアで販売中の新スキンコレクション「RGX 11Z PRO」にて、レベル5(キルカウンター)までアップグレードして使用した際にゲームのフレームレート(fps値)が著しく低下する不具合が発生していることが判明しています。

追記:現在は不具合が修正され、全てのアップグレードとバリエーションが購入できるようになっています。

RGX 11Z PROの不具合についてはTwitterやredditなど各所で報告されており、以下の検証動画では最大までアップグレードした「RGX 11Z PRO ヴァンダル」を構えた際に、通常時よりfps値が60~80ほど低下していることが確認できます。

また、海外プロチーム「Sentinels」のShahZaM選手は、自身のTwitterで「新しいヴァンダルスキンを使うとfpsが100低下します」と投稿、RGX 11Z PROで致命的な不具合が発生していることを報告しています。

VALORANT公式によると、本問題については現在修正に向けて調査を進めているとのこと。また、LV5へのアップグレードとバリエーションの購入を一時的に停止させることが発表されています。

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする



目次
閉じる