» ヴァロちゃんねる|VALORANT5chまとめ

【VALORANT】最強エージェントランキングと考察まとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

海外の大手ゲーム情報メディア『Dexerto』で新作FPS『VALORANT』(ヴァロラント) のTierリストが公開されたので、そちらを翻訳してまとめました。エージェントを選ぶ際の参考にしてみてください。


VALORANTでは、高忠実度のタクティカルシューターに”エージェント”と呼ばれる、さまざまなキャラクターが用意されています。各エージェントには独自のアビリティセットがありますが、Riot Gamesのゲームはキャラクターのバランスが非常によく取れています。

そうは言っても、一部のエージェントは他のキャラよりもはるかに優れています。それを念頭において、ゲーム内で活躍できるようにどのキャラクターを習得すべきか、私たちはすべてのVALORANTエージェントをランク付けし、究極のティアリストとその過程で役立つガイドを提供します。

目次

S Tier

SAGE / セージ

VALORANTの常駐衛生兵であるセージは、どのチームにとっても不可欠なエージェントです。あなた自身やチームメイトがダメージを受けた場合、彼女のヒールオーブはラウンドの後半で信じられないほど価値があることを証明できます。

スローオーブバリアオーブの両方は、マップの特定の場所を追い払うのに便利です。バリアオーブは積み上げられた箱(または同様のもの)の上にブーストするために使用でき、索敵したり早期にキルしたりするときに高さの利点を与えてくれます。

セージの味方蘇生アビリティ”リザレクション”は、特に人数差が極めて重要になるクラッチ状況でラウンドの流れを有利に変えることができます。


  • Q – スロウオーブ
    スロウオーブを構え、「発射」でオーブを投げる。このオーブは地面に触れると破裂して遅延フィールドを作り出す。遅延フィールドは長時間持続し、踏み込んだプレイヤーの動きを鈍らせる。
  • E – ヒーリングオーブ
    ヒーリングオーブを構える。ダメージを受けた味方に狙いをつけてから「発射」で、その味方のHPを継続回復させる。セージ自身がダメージを受けている場合は、「オルト射撃」で自身のHPを継続回復させる。
  • C – バリアオーブ
    バリアオーブを構える。「発射」で分厚い壁を生成する。「オルト射撃」で向きを変えることができる。
  • X – リザレクション
    蘇生能力を使えるようにする。デスした味方に狙いをつけてから「発射」で蘇生を開始する。短い処置の後、その味方はHPをすべて回復した状態で復活する。

BREACH / ブリーチ

ブリーチはVALORANTで最もバランスの取れたエージェントの1人です。しかし、ジェットやフェニックスのような敵の視界を遮るフレアはありません。アフターショックフラッシュポイントはどちらも敵のラインを突破できるように設計されているため、チームがサイトに攻め入る時に優れたアビリティになります。

アフターショックとアルティメットアビリティ”ローリングサンダー”は、瞬く間に戦場を混乱させることができます。敵の居場所を把握できていれば、フォールトラインローリングサンダーの両方を使用することで、比較的簡単にマップをコントロールすることができます。

ソーヴァやサイファーが仲間の場合は、簡単にブリーチをゲーム内で最も影響力のあるエージェントの1人に変えることができます。


  • Q – フラッシュポイント
    暗闇状態にするチャージを装填する。「発射」することで素早く展開する爆発を巻き起こし、視線を向けていたプレイヤー全員を暗闇状態にする。この爆発は壁を貫通する。
  • E – フォールトライン
    大地を揺るがす強力な衝撃波を溜める。「発射長押し」で飛距離を伸ばすことができる。発射することで揺れを発生させ、範囲内および直線上のすべてのプレイヤーを眩暈状態にする。
  • C – アフターショック
    核融合エネルギーをチャージする。「発射」することでゆっくりと展開する爆発を巻き起こし、範囲内のプレイヤーすべてに大ダメージを与える。この爆発は壁を貫通する。
  • X – ローリングサンダー
    大地を揺るがす強力な衝撃波を溜める。「発射」することで扇状の広範囲に次々と揺れを発生させ、命中したプレイヤーすべてをめまい状態にし、ノックアップさせる。

A Tier

CYPHER / サイファー

情報収集のマスターであるサイファーは、チームにいつでも戦闘での優位性を提供することができる1人の監視ネットワークです。彼のトラップワイヤーはしばしば不意を突いて敵を捕まえ、一時的に彼らの位置を明らかにします。これによりサイファーや近くの味方が敵を襲撃するのを手助けします。

サイバーケージは、敵が特定の通路をプッシュするのを防ぐための優れたアビリティです。つまり、フォーカスをマップの一部のみに分離できます。しかし、最も魅力的なのはサイファーのシグネイチャーアビリティ”スパイカメラ”です。

姿を晒して索敵したくない場合は、スパイカメラを利用することで命を危険に晒すことなく敵の居場所を探索できます。

ニューラルセフトは一時的に敵の位置を明らかにしますが、ゲーム内で最も高価なアルティメットであり、使用するためにはオーブをゲットしてポイントをブーストしなければならない状況がよく発生します。

サイファーを効果的に使用できると、彼はほとんどの構成で必要不可欠なエージェントになります。彼の能力がすべて正しく使用されれば、サイトを無人状態にしておくこともできるでしょう。


  • Q – サイバーケージ
    サイファーの前方にサイバーケージを投げる。発動させることで中に入った敵の視線を遮り、動きを鈍らせる空間を作り出す。
  • E – スパイカメラ
    スパイカメラを構える。「発射」で狙った地点にスパイカメラを設置する。アビリティーを「再使用」するとカメラの視点を操作することができる。カメラの操作中に「発射」でマーキングダーツを発射する。このダーツが当たったプレイヤーは現在位置が表示されるようになる。
  • C – トラップワイヤー
    トラップワイヤーを構える。「発射」で狙った地点に秘密の装置を設置し、反対側の壁との間にワイヤーを張り渡す。このワイヤーに引っかかった敵は数秒後に麻痺、めまい状態となり位置も特定されるが、即座に装置を破壊することで回避できる。このアビリティは回収して「再設置」することができる。
  • X – ニューラルセフト
    クロスヘアで敵の死体を狙ってから使用すると、まだ生きているすべての敵の位置が表示される。

REYNA / レイナ

レイナはVALORANTにおいて究極の”Entry fragger”(チームの最前線でラウンド序盤にキルを狙って勝負する役割)です。アグレッシブにプレイしてかつチームでプレイすることを好む場合、レイナよりもこの役割に適したエージェントは存在しません。

レイナのアビリティ”リーア”は直接目を向けている敵の視界を一時的に奪います。このアビリティは壁を貫通して使用することができるので、敵が待っていることが予測できるエリアを探索するのに特に便利です。リーア自体は壊されやすいので注意してください。

レイナのリーアはそれ自体素晴らしいアビリティですが、キルを拾ったことに対する報酬としてソウルオーブを消費する彼女の能力は、彼女が本当に本領を発揮できるポイントです。

デバウアーは150HPまでオーバーヒールできます(事前にアーマーを購入していなかった場合でも)。一方、ディスミスは危機的状況になった場合に簡単にそれを回避することができます。

エンプレスはレイナを究極の殺人マシーンに改造します。これらを組み合わせると、ディスミスは一時的にレイナを完全に非表示にします。つまり、誰かの視線に入ることなく、敵のラインの後ろに行くことができます。彼女はミスの余地がほとんどない、またはまったくない状態で飛び出ることに完全に依存しています…これは彼女をハイリスク・ハイリターンなキャラクターにしています。


  • Q – デバウアー
    レイナに倒された敵は、3秒間持続するソウルオーブを残す。付近にあるソウルオーブを1つ消費し、短時間で急速にHPを回復する。このスキルによって100を超過したHPは時間経過とともに減少していく。「エンプレス」の発動中はこのスキルが自動的に使用され、またソウルオーブも消費しなくなる。
  • E – ディスミス
    付近に存在するソウルオーブを1つ消費して、短時間だけ実体を持たない存在となる。「エンプレス」の発動中はさらに姿も見えなくなる。
  • C – リーア
    破壊可能なエーテルの眼を構える。「発動」でこの眼を前方に向かって放つ。この眼は短距離を進み、これを見たすべての敵は視界が悪化する。
  • X – エンプレス
    狂乱状態となり、射撃速度と構え、リロードの速度が劇的に向上する。敵をキルすると効果時間が延長される。

SOVA / ソーヴァ

ソーヴァは試合中に重要な情報を提供できるエージェントの1人ですが、サイファーよりもわずかに機敏です。彼のトレードマークの弓は、キャンプしている敵をコーナーから追い出すのに便利なショックボルトを発射することも、敵の位置を明らかにできるリーコンボルトを発射することもできます。

ハンターズヒューリーは、壁を貫通して敵にダメージを与えることができるため、リーコンボルトと組み合わせて使うのが最適です。敵がすでに弱っている場合は、1発で十分に敵を倒すことができます。しかし、発射時の大きなボイスとターゲットにされていることを知らせる警告により、敵が無傷で脱出することも比較的簡単です。


  • Q – ショックボルト
    弓を構え、ショックボルトをつがえる。「発射」でショックボルトを前方に射出する。この矢は着弾すると爆発し、周囲の敵にダメージを与える。「発射」長押しで矢をより遠くに射ることができる。「オルト射撃」でこの矢を最大2回までバウンド可能にする。
  • E – リコンボルト
    弓を構え、リコンボルトをつがえる。「発射」でリコンボルトを前方に射出する。この矢は着弾すると起動し、矢の場所から視線が通る周囲のすべての敵の位置を特定する。「発射長押し」で射程距離を伸ばすことができ、「オルト射撃」でこの矢を最大2回までバウンド可能にする。
  • C – オウルドローン
    フクロウ型のドローンを準備する。「発射」でこのドローンを起動して操作する。ドローンの操作中に「発射」でマーキングダーツを発射する。このダーツが当たったプレイヤーは現在位置が表示されるようになる。
  • X – ハンターズフューリー
    弓を構え、3回分のエナジーブラストを準備する。このエナジーブラストは射程距離が長く、壁を貫通する。「発射」でソーヴァの前方に一直線にエナジーブラストを放ち、巻き込んだ敵にダメージを与えると共に、その位置を表示する。このアビリティーはタイマーが切れるまでにさらに2回「再使用」することができる。

OMEN / オーメン

オーメンはマスターするのが難しいエージェントですが、マスターするとそれらが”Jack of all trades“(何でも屋) であることに気づくでしょう。シュラウドステップにより、オーメンは他のエージェントでは行けない場所に到達することができます。

ダークカバーは壁を貫通して展開でき、さらに敵の視線をブロックします。一方パラノイアは、壁を貫通して敵の視界を奪い、1v1の銃撃戦で敵の位置を探る時に優位に立つことができます。

アルティメットアビリティ”フロム・ザ・シャドウズ”は敵の近くにテレポートした場合、分かりやすい効果音が発生します。これにより、オーメンの位置が明らかになり、簡単なキルとして脆弱になります。危険な場所にテレポートしたと思われる場合は、テレポートをキャンセルしてください。またはそれを使用して敵の位置情報をこっそり覗いてからキャンセルして、情報を有利に活用してください。


  • Q – パラノイア
    闇の弾を前方に発射する。この弾は壁を貫通し、触れたすべてのプレイヤーの視野を一定時間狭める。
  • E – ダークカヴァー
    闇のオーブを構え、距離マーカーを表示する。「発射」でマーカーの位置に闇のオーブを投げ、長時間視線を遮る球形の闇を作り出す。ターゲット中は「オルト射撃長押し」でマーカーが遠くに、アビリティーキーを「長押し」でマーカーが近くに移動する。
  • C – シュラウドステップ
    シャドーウォークの体勢に入り、距離マーカーを表示する。「発射」で短い詠唱の後、マークの位置にテレポートする。
  • X – フロム・ザ・シャドウズ
    タクティカルマップを開く。「発射」で選択した地点にテレポートを開始する。テレポート中のオーメンは「影の姿」となり、この状態で敵に破壊されるとテレポートに失敗する。

B Tier

RAZE / レイズ

必要不可欠な探索用のブームボット、彼女自身を高台に押し上げるブラストパック、そして広範囲にダメージを与える最大2セットのペイント弾 - レイズが攻撃と防御の両方で強力なエージェントであることが簡単に分かります。

近距離と遠距離の両方で致命的なダメージを与えるレイズのアルティメットアビリティ”ショーストッパー”は言うまでもありません。おそらく、レイズの唯一の弱点はアビリティを使用する際のボイスが大きいことです。彼女の乱暴な性格にはいくつかの欠点が伴います。


  • Q – ブラストパック
    ブラストパックを投げる。このブラストパックは地形の表面に張り付けることができる。設置後アビリティを「再使用」すると起爆して、爆風を受けたものにダメージを与え、吹き飛ばす。レイズは爆風によるダメージを受けないが、一定距離以上吹き飛ばされると自身も落下ダメージを受ける。
  • E – ペイント弾
    クラスターグレネードを構える。「発射」でグレネードを投げる。グレネードはダメージを与えると同時に複数の小型爆薬を放出し、それぞれが範囲内の全員にダメージを与える。
  • C – ブームボット
    ブームボットを準備する。「発射」でブームボットを展開する。このボットは地表をまっすぐに進み、壁に当たると向きを変える。前方の扇状範囲内に敵を感知するとロックオンして追いかけ、敵に追いつくと爆発して大ダメージを与える。
  • X – ショーストッパー
    ロケットランチャーを構える。「発射」でロケット弾を射出する。ロケット弾は着弾地点の周辺に大ダメージを発生させる。

BRIMSTONE / ブリムストーン

ブリムストーンの順位が低いのはなぜでしょうか。確かに、VALORANTの最も多用途なエージェントの1人がどのチームにも素晴らしい選択になるでしょうか?まぁ、パーティーを組んでいたらそうだと言えます。

スカイスモークは敵の視線を遮るのに最適です。敵の姿を隠すことになりますが、それはブリムストーンが得るのと同じくらい良いことです。

スティムビーコンは、全てのプレイヤーの射撃スピードを上昇させます。つまり、敵が付近にいる場合、彼らにも効果を与えてしまいます。ブリムストーンのインセンディアリーは脱出が簡単で、300クレジットと引き換えにほんの少しのダメージを与えます。(武器のアップグレードに使用できます)

アルティメットスキル”オービタルストライク”は素晴らしいです。効果範囲が広く、サイトは問題なくクリアできるためです。しかし、敵はある程度注意を払えば範囲内から簡単に脱出できます。

6ポイントを必要とする他のアルティメットスキル (レイズやレイナ) と比較すると、ブリムストーンは彼をサポートするエージェントがいる場合は素晴らしい働きをしますが(実際には彼はラインナップに必要不可欠です)、全体としてコントロール系エージェントは、他のエージェントほど多くのことをもたらしません。


  • Q – インセンディアリー
    焼夷グレネードランチャーを装備する。「発射」でグレネードを射出する。このグレネードは地面に落ちると破裂し、地面を継続的に炎上させて範囲内の敵にダメージを与える。
  • E – スカイスモーク
    タクティカルマップを開く。「発射」でブリムストーンの煙幕弾の着弾地点を設定する。「オルト射撃」で設定を確定し、煙幕弾を撃ち込む。煙幕は長時間滞留して、指定した地点の視線を遮る。
  • C – スティムビーコン
    スティムビーコンを構える。「発射」でブリムストーンの目の前にスティムビーコンを投げる。スティムビーコンは地面に落ちるとフィールドを展開し、その中にいるプレイヤーの攻撃速度を上昇させる。
  • X – オービタルストライク
    タクティカルマップを開く。「発射」で指定した地点に衛星軌道上からレーザー攻撃を行い、エリア内のプレイヤーに長時間に渡って継続的な大ダメージを与える。

PHOENIX / フェニックス

フェニックスはあなたがチームの”Entry Fragger”である場合に使用するのが望ましいエージェントです。ブレイズは敵の視界を遮りながらマップの一部を分割できます。一方でホットハンドは着弾時に広範囲に広がる火の玉を投げます。

これらの両方の能力の便利な特典の一つは、一定期間にわたってフェニックスのHPを回復できるということです。ただし、味方が触れるとダメージを受けてしまうので注意が必要です。

カーブボールは上手く使いこなせれば、曲がり角の敵を簡単にのぞくことができます。このアビリティはプレイヤーの視界を奪うことができるので、複数の敵と戦う場合に特に役立ちます。

ラン・イット・バックはフェニックスに一時的な偽の命を与えます。つまり、フェニックスは残りのラウンドの影響に対処することなく敵の情報を得ることができます。敵は時々、ラン・イット・バックのマーカーを嗅ぎつけてフェニックスが最も脆弱な状態にある間、簡単に倒すことを企んでやってくることがあるので注意が必要です。

しかし、フェニックスをレイナのようなエージェントと比較した場合、エントリーフラグを探している人の選択肢に入るほどの競争力があるのか疑問です。


  • Q – カーブボール
    フレアオーブを構える。このオーブはカーブ軌道を描いて飛び、投げてから間もなく炸裂する。「発射」でフレアオーブを左にカーブさせて投げ、炸裂させてオーブを見ていたすべてのプレイヤーの目をくらませる。「オルト射撃」でフレアオーブを右にカーブさせて投げる。
  • E – ホットハンド
    火の玉を構える。「発射」で火の玉を投げる。この火の玉は投げたあと一定時間が経過するか、または地面に落ちると爆発し、敵にダメージを与える火炎地帯をその場に作り出す。
  • C – ブレイズ
    炎の壁を用意する。「発射」で前方に向かって一直線に炎を放ち、炎の壁を作り出す。この炎の壁は視線を遮ると共に、通り抜けたすべてのプレイヤーにダメージを与える。「発射長押し」でクロスヘアの方向に壁をねじ曲げる。
  • X – ラン・イット・バック
    フェニックスの現在位置にマーカーを設置する。このアビリティーの使用中に倒されるか、一定時間が経過すると、フェニックスはこのマーカーの位置にHPをすべて回復した状態で帰還する。

C Tier

JETT / ジェット

VALORANTのハイリスク・ハイリターンなエージェントの1人であるジェットは、数的不利を覆す場合に使用する素晴らしいキャラクターです。彼女のアップドラフトテイルウィンドを組み合わせると、多くの場合は優位に立つことができます。

アップドラフトを使用してさまざまな場所に行くことができるので、敵の不意を突いてキルすることができます。

ブレードストームは正確なAIMを持っていれば、非常にインパクトのあるアルティメットアビリティです。ジェットの投げナイフはチームがエコラウンドを選択した時に、武器の代わりとして重宝するでしょう。ただし相対的なコストのため、他のアルティメットと比較するとブレードストームはそれほど優れているわけではありません。

全体として、ジェットはチームにほとんど貢献をもたらしません。クラウドバーストは彼女のチームを助ける唯一の能力ですが、それは数秒以内に消えてしまいます。ブリムストーンやオーメンの煙を比べると、ジェットのクラウドバーストは戦場の味方を助けるのにあまり役立ちません。


  • Q – アップドラフト
    ジェットを上に向かって飛ばす。
  • E – テイルウィンド
    ジェットを現在の進行方向に向かって加速させる。立ち止まっている場合は前方に押し出す。
  • C – クラウドバースト
    煙玉を投げる。この玉は着弾すると煙を発生させ、しばらくの間視線を遮る。アビリティーキーを「長押し」でこの煙玉をクロスヘアの方向にカーブさせる。
  • X – ブレードストーム
    ナイフを構える。このナイフは正確に狙いをつけることができ、相手をキルすると補充される。「発射」でターゲットに向かってナイフを1本づつ投げる。「オルト発射」で現在残っているすべてのナイフを投げる。

VIPER / ヴァイパー

現在、ヴァイパーは全く別の段階の話にいます。基本的に彼女の能力はすべて、時間の経過とともに壊滅的なダメージを与えることができます。スネークバイトは敵が効果範囲内にいる場合、ダメージを与えると同時に移動速度を定価させます。サイトに攻め入る時に角に潜む敵を処理するのに最適です。

しかし、ポイズンクラウドトキシックスクリーンはどちらも燃料がかかります。ヴァイパーのランキングが非常に低くなっているのは、この燃料のためです。敵に対処するのに既に手一杯であるタクティカルシューターというジャンルのFPSでは、燃料貯蔵量を監視するという追加のシステムは多くの場合、迷惑であることが分かります。

確かに、ヴァイパーズピッドはスパイクをプラント(設置)する際に非常に役立ちます。しかし、敵がヴァイパーよりも速いドローである場合、このアビリティは範囲内にいる敵が強調表示されることを除いて、ほとんど役に立ちません。

ヴァイパーズピッドの外に出ると、効果時間は急速に減少します。これにより、アルティメットを使用した時点から範囲内にとどまることを強制されます。ヴァイパーがチームにもたらすことがどれほど小さいかを考えると、彼女は他のキャラクターと比較しても完全に基準を満たしていません。


  • Q – ポイズンクラウド
    ガス発生器を構える。「発射」でガス発生器を投げる。この装置はラウンド終了までずっと残り続ける。アビリティーを「再使用」すると、燃料を消費して有毒ガスの霧を発生させる。このアビリティーは何度でも「再使用」でき、また回収して「再設置」することもできる。
  • E – トキシックスクリーン
    ガス発生器の射出装置を構える。「発射」で長い列状のガス発生器を射出する。アビリティを「再使用」すると、燃料を消費して高い壁状の有毒ガスを発生させる。このアビリティーは何度でも「再使用」することができる。
  • C – スネークバイト
    科学物質の射出装置を構える。「発射」で化学物質のキャニスターを射出する。このキャニスターは地面に触れると破裂して、化学物質の汚染地帯を作り出す。汚染は長時間持続し、踏み込んだ敵にダメージを与えると共にその動きを鈍らせる。
  • X – ヴァイパーズピット
    化学物質の散布装置を構える。「発射」でヴァイパーの周囲の全方向に化学物質を噴霧し、広い範囲に霧を発生させる。この霧は視界を悪化させるだけでなく、中にいるプレイヤーの最大HPも低下させる。

これでVALORANTの各エージェントはベストからワーストまでランク付けされました。Riotはキャラクターのバランスを取ることに熱心なので、このリストが入れ替わり、それを反映するように変更しますが驚かないで下さい。

もちろん各エージェントには戦場において独自の利点と欠点があります。VALORANTはあなたの敵に勝利するためにチームワークに大きく依存しているので、使用するキャラクターの選択は可能な限り、最もバランスの取れたチーム編成を中心に考えて選択する必要があります。


引用元:
Best Agents to use in Valorant: Every character ranked
VALORANT公式エージェント紹介ページ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする



目次
閉じる