» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

VALORANT パッチノート2.01:ジェットの煙幕持続時間が短縮、スプリットの全面的な調整など

Episode 2の登場以降、初のアップデートである今回のパッチ2.01では、ジェット「クラウドバースト」の持続時間の短縮、マップ「スプリット」の大幅調整、AFK行為に対する厳罰化などのアップデートが実施されました。

以下、公式パッチノートからの引用です。

これほど早く次のパッチが出るとは思ってなかったですか?

今回メインとなる変更内容はスプリットの全面的な見直しと、コントローラーに対するバランス調整の第2弾です。

また、要望の多かった「対戦履歴」からカスタムマッチを非表示にする機能の追加と、対戦制限の調整を行いました。常習的にAFK(離席行為)を繰り返すプレイヤーにこれまで通りペナルティを与えながらも、意図せずAFKとなったプレイヤーに関してはペナルティを免除することが狙いです。

目次

エージェントのアップデート

ジェット

「クラウドバースト」による煙幕の持続時間を短縮:7秒→4.5秒

パッチ2.0で行ったコントローラーに関する変更の延長として、ジェットの「クラウドバースト」による煙幕についても再検討する必要があると感じました。パッチ1.0では、ジェットの煙幕の持続時間をそれまでの4秒から7秒に延長しましたが、今回でほぼ元の数値に戻します。パッチ1.0の変更によって、ジェットがコントローラーの代わりを果たせるようになっていました。これにより攻撃主体のチーム構成でも、ジェットの「クラウドバースト」で煙幕を張れるので、純粋なコントローラーに頼らずエリアを素早く掌握できてしまうのです。こうした「デュエリストがユーティリティー主体のエージェントから役割を奪ってしまう」傾向については、今後も注視していくつもりです。ジェットの煙幕については、彼女固有の戦闘スタイルである「機動力を活かしたプレイ」に繋げるための一時的な窓口であることが重要です。味方全体で活用できる視界妨害はコントローラーの領域であり、それを考えるとジェットの煙幕は持続時間を短縮する必要があるのです。

マップのアップデート

スプリット

今回スプリットに行ったアップデートでは、アタッカーが取れる選択肢の増加、クリアリングが一か八かになってしまう箇所の改善、一部の角の奥行き削減に焦点を当てています。また、戦闘が硬直しやすい場所を拡張し、一部のエリアで突入しやすいようにしています。

Bメイン出入口の横幅を拡張

これにより、アタッカーがエリアを移動しやすくなり、ディフェンダーはこの戦略的に重要な意味を持つ通行の難所でアタッカーを足止めするのが難しくなります。出入口の反対側には、アタッカーが身を隠すのに利用できる木箱が設置してあり、新たなアングルからBサイトにユーティリティーを投げ込むことができるようになりました。

Bメインへの変更に加えて、ディフェンダーが奥まった場所に隠れられないよう、隅に置かれたゴミの山を追加

追加されたオブジェクトの上に立てば、Bメインへの新たな射線が生まれます。

スパイク設置ゾーンの境界線を拡大

これにより、アタッカーはBメイン内から新しいスパイク設置エリアを防衛できます。

Bサイトに新たな遮蔽物を設置し、射線をより効果的に遮ることができるように

遮蔽物の追加により、BメインからBサイトを覗きこんだ際、縦方向のリスキーな射線を切れるようにもなっています。

角の奥行きを減らし、より安全にディフェンス側スポーンに突入できるように
ディフェンス側スポーン付近にあるスペースを削除し、より安全にこのエリアを突破できるように
ベント室入り口の横幅を拡張
ベント室内に斜めの壁を設置し、中央からベントに入った際のリスキーなチェックがなくなるように

この斜めの壁は、中央から撃たれた弾丸の貫通を防ぐ役割も果たします。

ラーメン屋/スカトルクラブのエリアを単純化

この変更でマップがより開放的になり、ユーティリティーに激しく依存することなく、このエリアの突破およびクリアリングが可能になります。

下水道の突き当たりにある空間の奥行きを縮小し、より安全に突破できるように
Aタワーに繋がる出入口の幅を拡張し、Aタワーにいるディフェンダーの安全性を低下

これにより、Aスロープを掌握する重要性が増すはずです。

斜めの壁の角度を調整
SplitRevisions05.gif

これにより、アタッカーが少し早い段階で角の奥をクリアリングできるようになっています。このアングルはAタワーからの攻撃に対しては安全なままですが、ラフターの上に移動すれば、サイトの方に降りずにこの地点をクリアリングできるようになっています。

スクリーン付近の壁の奥行きを調整し、ユーティリティーを使用しなくとも、より安全にスクリーン側から移動できるように

コンペティティブのアップデート

「対戦履歴」でカスタムゲームの結果を非表示にする機能を追加

  • 練習時に他のプレイヤーから作戦を偵察されないよう、「対戦履歴」からカスタムゲームを非表示にしたいとの声を多くの方(特にプロ)からいただいていました。皆さんが心配をせずに練習できるよう、「Challengers」に先駆けてこの機能を実装します。

ソーシャル機能のアップデート

  • 「フレンドに追加」ボタンがチームメイトのみに表示されるようになり、敵チームのプレイヤーはフレンドに追加不可に
    • チームメイトがプライバシー/配信者モードの設定を有効にしている場合、名前のそばに「フレンドに追加」ボタンは表示されません。
  • 試合中と試合前のAFK(離席行為)による対戦制限を変更
    • 接続に問題のあるプレイヤーが厳しく罰せられることなく、意図的にAFKをしているプレイヤーはより厳しいペナルティを受けるようにしました。
    • また、AFKとなったラウンドが一定回数に達するまでは、AFKに対するペナルティを免除することにしました。ですが、繰り返しAFKを行った場合には今までよりも重い対戦制限が課されます。

不具合修正

  • 「キャリア」ページ内で、ランクの昇降を示すインジケーターがプレイヤーのランクに重なって表示される不具合を修正しました
  • 試合終了画面で正しいランク詳細の代わりに、レディアントのアイコンまたはエラーメッセージが表示される原因となっていた不具合を修正しました
  • レイナの「リーア」がミニマップに正しく表示されない不具合を修正しました
  • チームメイトが購入した銃を売却した際に、クレジットが正しく返金されない不具合を修正しました
  • 画面外の閃光のエフェクトが誤って表示される不具合を修正しました
  • 「ラン・イット・バック」状態のフェニックスがキルされた後、このアビリティーの開始地点が短い時間ミニマップに表示される不具合を修正しました
  • オーメンが「シュラウドステップ」を使用した際、実際の出現場所と出現中のビジュアルエフェクトが一致していない不具合を修正しました
  • ジェットがダッシュ中にスパイクの解除音を鳴らすことができる不具合を修正しました
  • オーメンがテレポート中にスパイクの解除音を鳴らすことができる不具合を修正しました
  • ヨルがキルされた後も、「フェイクアウト」の音の塊がマップに残り続ける原因となっていた不具合を修正しました
  • レイズの「ブームボット」を一部で壁越しに配置できてしまう不具合を修正しました
  • オーメンが「フロム・ザ・シャドウズ」により出現中でも、銃を構えることができる不具合を修正しました
  • スカイが「リグロウス」を使用しても、このアビリティーの残量を示すUIが更新されない不具合を修正しました
  • ブリムストーンが「スティムビーコン」の終了後に新たな「スティムビーコン」を設置すると、範囲内のプレイヤーの発射速度が重複して増加する不具合を修正しました
  • スカイを使用中、自身のいる位置のコールアウト名が正常に表示されない不具合を修正しました

引用元:VALORANT パッチノート 2.01

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする



目次
閉じる