» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

VALORANT パッチノート2.0:新エージェント「ヨル」が登場、ブリムストーン&オーメンの調整、クラシックの弱体化、ランクシステムに大幅な変更

「EPISODE 2 ACT 1」がいよいよ1月13日より開催されます。今回のパッチ2.0では、新エージェント「ヨル」の追加の他、ブリムストーン強化&オーメン弱体化、クラシック弱体化、ランクシステムの変更などのアップデートが行われました。

ランクシステムの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
「EPISODE 2 ACT 1」ランクシステムの変更点 VALORANT公式サイトにて、1月13日よりスタート(メンテナンスは朝7時開始、4時間程度となる見込み)する新シーズン「EPISODE 2 ACT I」におけるコンペティティブシステ...
あわせて読みたい
「エピソード2 ACT1」のバトルパス報酬一覧 海外YouTubeチャンネルБАЧОКより、1月13日より開催されるVALORANTの新シーズン「エピソード2」のバトルパス報酬が公開されました。 https://youtu.be/iuZbvH9qjWY https...

以下、公式サイトからの引用となります。

一部を目にしただけでは、すべてを知っていることにはなりません。

Episode 2が開始となり、新エージェント「ヨル」が追加されるほか、ブリムストーンとオーメンの2人のコントローラーに(そして今後ヴァイパーにも)小さいながら重要な調整を施します。

コンペティティブについては、利便性を向上させるアップデートを行います。重要なアップデートを本記事にまとめ、詳細は個別の記事でご説明します。地域別のリーダーボードや、より細かくなったランク進行状況の表示、ランク褒賞など、多数のアップデートが行われます。

詳しくは下記の「コンペティティブのアップデート」をご参照ください。

目次

エージェントのアップデート

ヨル

コントローラー

今回のパッチでは、それぞれのコントローラーとしての強みを明確にし、差別化するための小さなアップデートを行いました。オーメンブリムストーンはベータ版の頃から役割が競合しており、通常使用できるのはどちらか一方だけとみなされています。そこで今回、それぞれの特徴がより明確になるよう、異なる状況下における強化を実施しました。また、ヴァイパーのパフォーマンスは平均を下回っているようなので、現在救済方法を検討しています。

ブリムストーン

ブリムストーン使いの皆さん、新年明けましておめでとうございます。皆さんがホリデーシーズン中の強化を期待していたことは把握していましたので、(ギリギリ)間に合わせることができてホッとしています。ブリムストーンの醍醐味は、なんといってもサイトを派手に焼き払うあの瞬間ですが、それを踏まえた上で、今回はスモークの持続時間を長くすると同時に、煙幕を投下できる射程を伸ばすことで柔軟性を与えました。またスティムビーコンについては、ビーコンを取り出したころには味方がもう角を曲がっていなくなっていたり、戦いの気配を察知してビーコンを取り出したのに銃を構え直す間もなく吹き飛ばされてしまったりすることがあまりにも多かったので、もっと彼自身のプレイパターンにフィットするよう調整を行いました。今回のアップデートにより、これまでよりはるかにプレイしやすく、爆発力のあるブリムストーンになったはずです。皆さんがプレイを楽しんでくださることを願っています。

スティムビーコン

構える時間がなくなり、すぐに設置するように

インセンディアリー

価格が低下:300クレジット→200クレジット

スカイスモーク
  •  射程距離が増加:4200→5000
  •  煙幕の持続時間が増加:14.25秒→19.25秒
効果音

 煙幕の位置を決める際、敵に聞こえる音が発生しないように

オーメン

コントローラーとしてのオーメンの役割は、継続したプレッシャーを与えることです。今回はダークカヴァーが与える継続的なプレッシャーについて、いくつかのトレードオフを導入する必要がありました。オーブの速度を低下させることによって、近くの対象にスモークを使用する際により強いプレッシャーと反応する猶予を与える一方で、視界を確保できていないような遠くの地点に設置する場合は、これまでよりも少し時間がかかることになります。パラノイアに関してはかなり強力なアビリティーであることは認識していますが、効果を弱くしてしまうとオーメンならではの楽しさを奪うことになりかねないので、代わりに価格を上げることにしました。全体を通して見ると、今回の変更によってオーメンの有用性が他のエージェントと比較しても遜色のないレベルにまで引き上げられたはずです。また、400クレジットが無駄にならないよう、パラノイアを使用する際はその真価を引き出すことがこれまで以上に重要になりました。

パラノイア

価格が上昇:200クレジット→400クレジット

ダークカヴァー

オーブの速度が低下:4000→2800

ヴァイパー

現時点でのアップデートはありませんが、私たちはまだ彼女のパフォーマンスが全体的に平均を下回っていると考えており、調整を検討中であることをお伝えしておきます。

武器のアップデート

クラシック(オルト射撃)

  • ジャンプ時の誤差が増加:0.4→1.0
  • 右クリックの入力キュー(入力から発射までの時間)が増加:0.065→0.225
  • 連続して発射すると銃弾のブレが増加するようになり、1発目は1.9、2発目では2.5、3発目および4発目では6.0の誤差が発生するように
  • 右クリックが0.1秒から始まる回復曲線を持つようにクラシックはピストルラウンドにおける無難な選択肢ですが、ジャンプ+右クリックと右クリック連打については無難の域を超えているようです。ジャンプ時の誤差増加はジャンプバーストの有効射程を短くすることが目的で、連射時の射撃誤差および射撃間隔の調整に関しては、連射する際もきちんとした技術が必要になるよう変更しました。また、入力キューの増加によってバースト間のショットがよりスムーズに出るようになります。

コンペティティブのアップデート

  • コンペティティブに地域別のリーダーボードが登場(1月13日予定)
  • ランクシステムをアップデート。ランク進行度のバーや数値に関する変更のほか、ランク分布に更なる調整を行い、低ランクのプレイヤーが昇格しやすいように
  • イモータルとレディアントのランクにおいて、作成できるプリメイドの人数が2人までに
  • Episode 1のランク褒賞(Episode 1で到達した最高Actランクに応じたガンバディー)

ソーシャル機能のアップデート

試合中に表示されるプレイヤーリストから「フレンドに追加」ボタンを削除

不具合修

  • オーメンが購入フェーズ中の障壁をテレポートで通り抜けられることがある不具合を修正
  • オーメンがセージの「バリアオーブ」の上にいるときにスパイクを設置できる不具合を修正
  • 視界から外れた後も相手チームのプレイヤーがミニマップ上に表示される不具合を修正
  • フルスクリーンモードかつモニター解像度よりも低い解像度でプレイしている際に、Alt+Tabでデスクトップに戻ると解像度が低いままになる不具合を修正しました。報告を上げてくれたfl0mさん、この場を借りてお礼を申し上げます!
  • パッチ1.14より発生していた、クライアントのping値が誤って計算される不具合を修正(クライアントのフレームレートも計算に入れてしまっていました)

 既知の問題

  • 武器スキンのレベル別プレビュー動画において、音声が再生されない不具合が確認されています。
    • ストアとコレクションで表示されるプレビュー動画でのみ発生している不具合であり、実際に試合で使用する際は正しく再生されます。

引用元:VALORANTパッチノート2.0

あわせて読みたい
VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス&所属チーム一覧 VALORANT(ヴァロラント)の国内・海外のプロゲーマーが使用しているゲーミングデバイスと所属チームを一覧にまとめました。 また、プロゲーマーに人気のゲーミングデバ...

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする



目次
閉じる