» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

新エージェントは「デュエリスト」の「潜行」スキルを持ったエージェントで確定、公式記事より明らかに

以前からさまざまなコミュニティで憶測を呼んでいた、VALORANT(ヴァロラント)の14体目となる新エージェントの新たな情報が公式記事より明らかになりました。

目次

新エージェントのアビリティについて

画面中央に新エージェントのシルエットが確認できる

以前こちらの記事でも紹介したように、14体目となる次の新エージェントは様々なリーク情報から、”透明能力”を持ったエージェントになるのではないかと噂されていました。コードネームは「Johns Latte」とされており、下記の動画では新エージェントのアビリティの一部と思われる”謎の足跡”が確認され、話題となっていました。

今年の9月頃に@ValorLeaksがリークした情報によると、新エージェントのULTスキルは「一定範囲にキャラクターが見えなくなる領域を作り出す / ステルス中の敵が近くにいると警告が表示される」であることが分かっています。(アビリティはリリース時には変更されている可能性があります。)

新エージェントは「潜行」スキルを持ったデュエリスト

12月17日にVALORANT公式サイトで公開されたエージェントの現状 – 2020年12月という記事にて、新エージェントに関する一部情報が公開されました。そこには「ここで少しだけ情報を公開しておきましょう。新しい年を切り開くのは、「潜行」するのが好きな人向けのデュエリストです。もはや真に安全なアングルは存在しなくなり、常に警戒が必要になるでしょう。」と書かれており、具体的な情報は秘密としたものの、新たなシーズン『エピソード2』(2021年1月13日頃~)と共に実装予定の新エージェントは噂通り、何らかの透明/潜入スキルを持ったエージェントになることが確実となりました。

役割をより”差別化”するためのアップデートが2021年に実施予定

さらに同記事では、2021年にはコントローラー、イニシエーター系のエージェントによりチームに焦点を当てたパワーを持たせるため、何らかの変更がリリースされる見込みであることが明らかになりました。アップデートのリリース時期は下記のスケジュールで予定されています。

  • コントローラー(エピソード2)
  • デュエリスト・イニシエーター(2021年4月~6月)

また、開発チームは「基本は確立されたので、今後は新エージェントをリリースする際にはより大きなリスクを取り、アビリティーベースのタクティカルシューターの限界に挑戦して、それを進化させるようなものにしたいと思います。」ともコメントしており、今後リリースされるエージェントは従来よりも斬新なアビリティを持ったエージェントが登場することが予想されます。

引用元:https://playvalorant.com/ja-jp/news/dev/state-of-the-agents-dec-2020/

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする



目次
閉じる