»「VCT 2022 Stage 1 Masters」出場選手の使用デバイス一覧

VALORANT:初FPSでダイヤに到達したプレイヤーによるランクを上げるための22のコツ

  • URLをコピーしました!

海外掲示板redditにて、VALORANTを始めるまでFPS経験がなかったにも関わらずダイヤモンドに到達したプレイヤーが「ヴァロラントのランクを上げるために知っておくべきこと」を解説した記事を投稿し、話題となっています。

これから新たにヴァロラントをプレイしようとしている初心者の方や、プレイしているのになかなかランクが上がらないという方はぜひ最後まで読んでみてください。

※分かりやすいように内容を多少改変、追記した部分があります。また、投稿内容を誤訳している箇所があるかも知れません。そちらをご了承の上で読んでいただければと思います。

関連記事:ランクを上げるために重要な7つのヒント

目次

エージェント

1. 自分に合ったエージェントを最低2体使えるようにしよう
さまざまなマップや状況で役立つ、少なくとも2体以上のエージェントを練習してください。自分がやりたいプレイスタイルを考えてください。私のように自分のスキルに自信がない場合はよりサポート的なスタイルを選ぶといいでしょう。

私が選んだのはセージとソーヴァです。これら2つのキャラが既にピックされてしまった時、またはチームがスモークを必要としているときはブリムストーンをピックしています。私はそれらしか使いませんが、他のすべてのエージェントがどういったアビリティを持ち、何をするのか把握しています。[no_toc]

武器・銃

2. ゲーム内の銃をすべて使いこなせるようになる必要はない
しかし、異なるクレジット状況に対応できる4、5種類の銃を選択してください。異なるスタイル(プッシュ、ショートレンジ、ロングレンジ…)の方が良いです。私が選ぶ銃は [ゴースト・マーシャル・スペクター・ファントム・ヴァンダル・オペレーター] です。

3. 状況に応じた武器購入をしよう
そのラウンドでは何をすべきか、チームのクレジット状況を理解し、それに応じて銃を購入する必要があります。もし私がアセントのmidで待っているならば遠距離で効果的な銃が必要になります。この場合私は、マーシャル(お金があまり無いラウンド)、ヴァンダル(お金に多少余裕があるラウンド)、オペレーター(お金にかなり余裕があるラウンド)のいずれかを選択します。

銃の購入・マネー

4. 先のラウンドのことを考えたマネー管理をしよう
倒されるか所持マネーの限界に達しない限り、お金の無駄になるので銃を売らないようにしましょう。例えばマーシャルを使用していて、ヴァンダルを購入する余裕ができた時でも私はマーシャルを使い続けます。お金が少ない時に無理に銃を購入してしまうと、事態が悪化した場合に貯金をする必要がでてきます。

5. クレジットに余裕がある時は積極的に味方に武器を購入してあげよう
チームメイトのために武器を購入することを躊躇しないでください。また、チームのクレジット状況に余裕がある場合は味方に武器の購入をリクエストすることも躊躇しないでください。味方のフェニックスに購入したスペクターはそのラウンドでクラッチプレイをする可能性を秘めています。さらに、武器無しでは不可能なエントリーフラッガー(ラウンド序盤に勝負しキルを取る役割)になる可能性があることも忘れないでください。

6. むやみに何でもかんでも買ってあげてはいけない
オペレーターを毎ラウンド購入してるのにも関わらず、直近3ラウンドでキルを取れなかったプレイヤーは多くのマネーを浪費することで有害となる可能性があります。
その場合はもっと安い武器を買ってあげてください。ただし、ピストルではプレイさせないでください。

7. エコかバイか、チームの方針に従おう
あなたのチームがマネーを節約している場合は、それに従ってください。チームがエコラウンドをしようとしている時に購入する・チームが購入している時にエコする、といったような独りよがりな行動はやめましょう。エコラウンドをしているチームが勝利する可能性は低い&あなた自身も死ぬ可能性が高いため、おそらく銃を失うことになるでしょう。もしチームが購入し、あなたが銃を買えない場合は味方に銃の購入をリクエストしてください。仮にあなたがピストルを持ったままチームがサイトへラッシュを仕掛けてもあなたは誰もキルできず、チームは4v5の状況でリテイクすることを強要されることになるでしょう。

8. セーブかチャレンジかは状況次第
不利な状況下でセーブするか、もしくはクラッチを狙いにいくかのタイミングについては、どのマップのどのサイトにいるかによって異なります。サイトをリテイクするのが難しく、そのサイトにいるプレイヤーが倒されてスパイクが設置された場合は銃を確保するためにセーブした方がいいでしょう。

コミュニケーション

9. 味方への暴言やマイナス発言は百害あって一利なし 常に前向きな雰囲気づくりを心がけよう
ラウンド前に計画を立てることはチームにとってとても良いことです。チャットを使用する時は常にポジティブでいましょう。あなたのチームメイトが自信を持ってプレイできるようにすることはゲームの重要な一部です。誰かがミスプレイをした場合にはそれについて言及しないでください。もし誰かがクラッチに失敗した場合、たとえそれが酷い失敗でもNT(Nice Try)と言うだけで十分に効果があります。これらの言動はチームメイトのメンタルケアになるでしょう。もし味方がミスプレイをしてもおそらく彼らは自分でそれを理解しているので、それを責めるのは全く意味がありません。悲鳴を上げたい場合は、プッシュトゥトークボタンは押さずにやりましょう。

10. 簡潔で正確な情報を伝えることはチームメイトの命の恩人になることも
チームメイトはあなたが注意を逸してたばかりに敵に倒されてしまったことを知る必要はありませんが、あなたが敵にダメージを与えたかどうか、敵はどこに居たのか、そしてどの銃で倒されたのかを知る必要があります。味方に敵の居場所を伝えたい場合は敵がそこにいたことを伝え、”絶対にいる”というような言い方はしないようにしましょう。あなたの伝え方次第でチームメイトを殺すこともできます。

11. コミュニケーションの取りすぎには注意しよう
重要な情報が失われるので、コミュニケーションの取りすぎには注意してください。ピンシステムは特定の情報を知らせるのに最適です。例えばラウンドの前後に作戦会議と励ましのためにボイスチャットを使用し、ラウンド中は敵の位置と推測される人数を伝えてください。「3人ガレージからBにプッシュしてる」は良い情報です。「下水道で足音がする」も良い情報です。レイズのグレネードを見た時に「彼はここにいる」といった曖昧な報告をするのはひどい情報になります。敵は陽動することができるので、プッシュしているのかしてないのか、正確な情報である必要があります。

12. 良い報告と悪い報告
「ソーヴァ 140ダメージカット」はチームメイトに敵が残り1ヒットであることを知らせますが、敵の周辺の状況に注意してください。「レイナ 140カット」という報告はレイナは自身でHPを回復できるので悪い情報になります。「セージ ノーアーマー」はいい情報です。彼女は最大でも100HPであり、マーシャルで安全に胴体を狙うことができます。

ピンは素晴らしいです。特に「このエリアを見ています」というピンはワンクリックで有益な情報を知らせることができます。

準備

これはプレイヤーによって異なりますが、私のやり方を試すことができます。コンペティティブモード(ランク戦)をプレイする前に、私は次のことをして準備しています。

13. スパイクの設置モード(難易度:ハード)
実戦で使用する可能性のある全ての銃で行います。アーマーだけ購入しアビリティ使用しません。

14. 射撃訓練所:50体排除、ノーアーマー、弾薬無限
ヴァンダル、ファントム、またはゴーストのいずれかを使用します。私のタイムはヴァンダルとファントムの場合70秒でゴーストだと85秒です。

15. スパイクラッシュ or デスマッチ
あなたの手はおそらく温まっていますが、試合感覚と集中力が必要です。アンレートは長すぎるのでスパイクラッシュがウォームアップに最適です。(現在はデスマッチがおすすめ)

ゲームプレイのアドバイス

16. 全てのコーナーとスモークの中に敵がいると想定してプレイしよう
チームメイトが既にチェックしたと思っていてもコーナーをチェックしましょう。(特に低ランク帯では命を救います。)

17. クロスヘアは常に頭の高さに合わせるようにしよう
これはとても難しいです。私もまだこれを練習しています。敵をキルする時にマウスを動かす距離が短いほど敵を素早く倒すことができ、有効なダメージトレードが可能です。

18. 行動する前に考え、最後は直感に従おう
惰性でプレイしないでください。あなたは敵の考えを知る必要がありますがそれは不可能です。例え失敗しても常に冷静さを保つようにしてください。

19. 自分のアビリティがチームに与える影響を考えよう
ソーヴァのULTは味方越しに打たないでください。味方にフラッシュを喰らわせないでください。ミスプレイでそうなった場合は素直に謝るようにしましょう。

20. 常に位置取りを変更し、敵のプレイパターンを探そう
たとえ前のラウンドで完璧だったとしても、常にプレイスタイルを変えるようにしましょう。同じ位置取りをしないようにしてください。敵もおそらくそのことを知っているはずです。

21. 勝ち負けをあまり真剣に受け止めないようにしよう
ただプレイして、あなた自身がより上手くなることを想像してください。しかし悪い点は積極的に改善しようとしましょう。

22. 感度はプロの真似ではなく、自分に合ったものを見つけよう
感度:新規プレイヤーの場合、FPSでは感度がとても重要です。お気に入りの配信者の設定を真似しないでください。クロスヘア設定は真似しても感度は真似しないようにしましょう。

快適な感度を見つけるには、射撃訓練所がおすすめです。任意の銃を選び、中程度の難易度に設定してできるだけ素早くBOTを撃ち、AIMが着地する場所を確認してください。ショットの70%以上が敵を通過してしまった場合は感度を下げましょう。逆に届かなかった場合は感度を上げて調整してください。一度ここで設定した感度に慣れたら同じものを使い続けましょう。頻繁に感度を変更してしまうと、せっかく自分の体が記憶した感覚が失われてしまいます。

source:I got to diamond in VALORANT despite it being my first fps experience. Here are my takeaways for people who, like me, want to climb

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (11件)

コメントする



目次
閉じる