»「VALORANT Champions 2022」出場選手の使用デバイス一覧

VAXEE、同社初のワイヤレスマウス「XE Wireless」を発表。1月中旬に販売予定、NP-01シリーズ / OUTSET AXを7月-9月に順次販売

  • URLをコピーしました!

ゲーミングデバイスブランド「VAXEE」は1月9日、同社初となるワイヤレスマウス「VAXEE XE Wireless」を発表しました。ワイヤレスマウス第一弾として「XE Wireless」を1月中旬に発売予定、第2四半期(7月-9月)には「ZYGEN NP-01S」「OUTSET AX」「ZYGEN NP-01」のワイヤレス版を順次発売予定としています。

動画では、多くのゲーミングマウスで採用されている光学センサーを開発するPixart社と共同で無線技術のテストと調整を行ってきたことを発表。現状においては、有線マウスと同等の応答性の良いトラッキングを実現することはまだ不可能としながらも、有線使用時に非常に近い値になっており、FPSゲームにおける知覚的な応答性にも差はないとしています。

また、XE Wirelessでは標準モードの「スタンダードモード」、よりスムーズで高密度なトラッキングと応答性「High Speed モード」、3395センサーが提供するなめらかで高密度な追従性を実現する「Motion Sync」の3つのモードが用意されています。

XE Wirelessでは、最大90時間の連続使用(High Speed モード OFF時)が可能な400mAhの大容量バッテリーを採用。本体重量は75g-76.5g、カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、オレンジの6色展開。VAXEE公式Twitterによると、現時点におけるXE Wirelessの販売価格は18,900円を予定しているとのことです。

目次

VAXEE XE WIRELESS 動画紹介

以下、リリースを引用

VAXEE初のワイヤレス製品であり、この動画でVAXEEのワイヤレスアーキテクチャとXE Wirelessマウスの発売をより深くご理解いただけると思います。 動画を見るのが苦手な方もいらっしゃると思いますので、動画と全く同じテキストもご用意しています。 これは、製品を購入するかどうかを決める前に、できるだけ完全な情報を提供し、理解を深めていただくためのものです。

動画をご覧になった後も不明な点がある場合は、当社のカスタマーサービスをご利用ください。さまざまなニーズに合わせて、サポートいたします。

2回目の全数検査のため、検査がうまくいけば1月中旬には販売できるようにしたいと考えています。

VAXEEプラットフォームで初のマウスを発売して以来、多くの皆様からワイヤレスマウスの進捗状況についてお問い合わせをいただいております。皆様のご支援とご理解に感謝申し上げます。このビデオでは、VAXEEのワイヤレスアーキテクチャと、ワイヤレスマウスの次期モデルについて紹介したいと思います。 
 

すでに市場には、成熟したワイヤレスマウス技術が数多く存在します。その中で、VAXEEのワイヤレス技術は優れた耐干渉性は勿論、有線マウスの伝送信頼性や性能に到達することが、我々にとっての最大のチャレンジであり、目標です。

無線技術に関しては、我々のチームはそれほど深い知識を持っていないので、Pixart社のチームには大変感謝しています。特殊な干渉シミュレーション環境を用いて、プロフェッショナルゲームに求められる高い応答性と信頼性を満たすために必要なテストと調整を両チームで協力して行いました。これが、ワイヤレスマウスの発売が比較的遅れてしまっている理由の一つです。VAXEEのワイヤレスマウスは、このXEが最初に発売されます。その後、第2四半期に「ZYGEN NP-01S」、「OUTSET AX」、「ZYGEN NP-01」を順次発売する予定です。
 

無線技術はかなり成熟していますが、現在の技術的な限界から、無線技術で見られるような入力遅延をゼロにしても、有線マウスと同等の応答性の良いトラッキングを実現することはまだ不可能です。現在、当社の無線開発では、1000データ/秒のポーリングレートつまり1000Hzまで安定的に提供することが可能です。今後、さらにテストと調整を重ね、ワイヤレスでも有線に匹敵するレスポンス及びトラッキングを実現することが、より高度な目標です。XEワイヤレスのレスポンス及びトラッキングは、まだ有線マウスと100%一致するわけではありませんが、3389と3395のセンサーを使った比較テストでは、非常に近い値になっています。また、FPSゲームにおける知覚的な応答性にも差はありません(46秒)。

応答性の良いトラッキングに非常に敏感なユーザーのニーズに応えるため、無線伝送とセンサースキャンに必要な電力を増やすHigh Speed モード(ハイスピードモード)を用意しています。ただし、High Speed モードでは、より多くの電力を消費することになります。連続使用時、High Speed モードONで50時間、OFFで100時間連続使用が可能になります。リアルタイムでの比較テストでは、High Speed モードの方が性能が高いのですが、その差はごくわずかです。High Speed モードをOFFでも、すでに有線に近い性能になり、多くの人のニーズに応えられると感じます。デフォルトでオフにしておけば、消費電力を抑え、使用時間を長くすることができます。他に注意すべき点は、High Speed モードでのトラッキングが明らかに異なることです。トラッキングが滑らかになったように感じますが、これはとても主観的なものなので、ご自身で体験されることをお勧めします。

プロの競技シーンでは、安定性が非常に重要です。無線伝送が干渉に遭遇すると、信号は伝送障害を起こしやすく、その結果、1000HzのReport rateで安定させることができなくなります。VAXEEの無線技術は、干渉が発生した場合、伝送失敗後1ミリ秒間に最大3回の再送信を行います。1000Hzまで安定した信号で、複雑な競争環境に対応するための耐干渉性を向上させました。安定した伝送に加え、安定した使用プロセスも同様に重要です。移動中にカーソルが飛んだり回転したりしないこと、マウスを短時間静止させてもセンサーがフリーズしないことなどが求められます。

先ほど、High Speed モードをONにすると、トラッキングがなめらかになるとお伝えしました。3395センサーが提供するMotion Syncテクノロジーにも同様の効果がありますが、両者の原理は異なります。モーションシンク技術は、前後のデータを平均化し、計算した上で送出します。こうすることで、センサーとコンピューターの信号を可能な限り同期させ、よりスムーズなトラッキング効果を得ることができるのです。極めて小さな遅延は発生しますが、ゲーム体験に差はありません。ゲーム内の反応テストを行った結果、Motion Syncをオンにしたときのトラッキングは滑らかで密度が高いことがわかりました。オフにした場合はトラッキングが安定し、コントロールしやすくなります。なお、High Speed モードをオンにした後、モーションシンクのオン/オフも可能です。当社では3つのモードとも軌跡の体感を「スムーズ」に分類していますが、レスポンスに極端に敏感なユーザーやスムーズに追従したいユーザーは、High Speed モードをオンにして、モーションシンクをオフにすることをおすすめします。以下は、設定の組み合わせによる違いです。さらにご質問がある場合は、カスタマーサービスにご連絡いただければ、さまざまな使用習慣に合わせた設定の組み合わせをご案内します。

VAXEEのワイヤレスアーキテクチャでは、瞬時に安定した無線通信を実現しつつ、十分な電力を確保するために、重量が重い400mAhの大容量バッテリーを採用しています。マウス構造の安定性を考慮し、電池によるマウスの軽量化は行いませんでした。XE Wirelessの重量は、75g~76.5gです。軽いマウスに慣れている友人には、申し訳なく思います。この重量は、すべての人に適しているわけではありませんが、安定性を確保するために、現段階で実現できる最低の重量です。

ファンクションキーを押した後、電池残量を確認することができます。同時に、キーボードの「ページダウン」コマンドを起動します。ファンクションキーは、ゲーム内のコマンドを実行したり、Webページやファイルを閲覧するようにプログラムすることができます。

XEシリーズは、プロゲーマーだけでなく、より多くのニーズに対応できるように設計されています。そのため、XE Wirelessはレシーバーを追加してペアリングすることで、2台のPCを素早く簡単に切り替えてコントロールすることができます。ゲームから仕事、ライブ中継まで、2台のPCをマウスのボタン/スイッチで素早く切り替えられます。どちらのレシーバーも全く同じ仕様で、瞬時に安定したワイヤレス通信を実現します。そのため、どこで使っても同じ性能を発揮することができます。レシーバーを何度も抜き差しする必要がなく、デスクトップとノートPCで同時に使用することも可能です。しかし、誰もがこのようなニーズを持つわけではないので、XE Wirelessにはレシーバーが1つ付属しており、必要に応じてレシーバーを追加購入することができます。

弊社ではドライバを提供しておりませんので、上記の機能切り替え、状態確認、コネクタのペアリングはすべてマウスのボタンやスイッチで切り替える必要があります。より簡潔な切り替え方法をお伝えすることができず、申し訳ございません。切り替え方法については、改めて動画でご説明させていただきます。次に、XE Wirelessの形状、スイッチ、ローラー、マウスフィート、設定ボタンについて、XE有線版と同じものを紹介します。すでにXE有線版をご存知の方で、購入の詳細を知りたい方は、動画の最後にある「もっと知りたい」まで飛ばしていただくことをおすすめします。

XE Wirelessの外観は、有線式と統一しています。最も高い位置が、まさに中心に来るようにデザインされています。背面のカーブは柔らかく、高さと適度な幅を合わせることで、ベストバランスを実現しました。マウスの最も高い位置から左右の最も広い位置まで、手のひらが三角形になることで、手のひらの両側の筋肉がマウスを掴みやすく、持ち上げやすくなっています。マウスが手のひらに吸い付くようになじみ、マウス操作時にリラックスした快適な状態を実現します。

マウスを覆うように、手のひら全体を乗せることができるよう、両側面にわずかなくぼみを設けました。指の置き場所も明確で、わずかなくぼみにより、手のひらや指先を使用することができます。長さについては、XE WirelessはNP-01やNP-01Sよりも若干長くなっています。先ほど、最も高い位置がマウスの中心であると述べました。長さが短すぎると、指がボタンを超えてしまいます。なおXEはMサイズです。

光学式エンコーダは耐久性に優れていますが、消費電力が大きいという欠点があります。VAXEEのワイヤレスアーキテクチャは、滑らかで目盛りのついた信頼性の高いメカニカルエンコーダを採用しています。マウスのソールは大きく、マウスパッドに傷をつけにくいカーブしたエッジを採用しています。最後に、マウス底部にはDPI、Report Rate、ボタンの反応速度を調整するスイッチがあります。

デスクトップ全体のマッチングのニーズに応えるため、XE Wirelessはこれまで通り6色のカラーバリエーションで発売されます。しかし、生産能力の関係上、すべてのカラーを同時に提供することはできません。まずはブラックとホワイトの2色を用意し、その他のカラーについては別途お知らせする予定です。VAXEEでは現在も倉庫からの入荷後の全品検査にこだわっており、ワイヤレスマウスの検査は工程数が多いため、各地域の在庫は初期段階ではあまり多くありません。今後も同じ品質を確保しながら在庫を補充していきますので、ご安心ください。動画はここまでとさせていただきます。ご視聴いただいた皆様、改めてありがとうございました。

関連リンク:VAXEE XE WIRELESS 動画紹介

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • ヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングマウス
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. 周辺機器・アクセサリ
  4. ヘッドセット
  5. 周辺機器・アクセサリ
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ゲーム用ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ヘッドセット
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 一昨日SL届いちまったよ…

    どうせならラズさんの無線バージョン欲しかった

    • いうてワイヤレスの初物は地雷多いしsuperlight安定でいいと思うけどな
      ノウハウが蓄積された頃にVAXEE後継に買い替えればええやろ
      VAXEEもFinalmouseもブランドみたいな扱いでチヤホヤされて人気だけど工業製品としてみたら設計基盤から作り悪過ぎで初ワイヤレスになると心配

  • 重さはNP01と大差ないからいいとして値段だよ
    VAXEE信者でもGPROより高いならGPROでいいやんってなるわ

コメントする


目次