» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

「VALORANT」「LOL」などが一つに統合された、新たなゲームクライアント「Riotクライアント」が本日よりリリース

Riot Gamesが開発・運営する「VALORANT」「リーグ・オブ・レジェンド」などを含む、すべてのPCゲームへのアクセスが一つに統合された新たなゲームクライアント「Riotクライアント」が本日よりリリースされました。

関連記事:Riot Games、「VALORANT」「LoL」などすべてのPCゲームをまとめた新ゲームクライアントを発表。10月5日より全世界でリリース予定

目次

Riotクライアントの使い方

Riotクライアントとは?

「Riotクライアント」とは、ライアットのすべてのゲームの最新ニュースの閲覧、ダウンロード、インストール、プレイが一つに集約されたゲームクライアントです。

Riotクライアントを起動してログイン情報を一回入力すれば、追加のログイン無しで簡単に他のゲームに切り替えることが可能となります。

Riotクライアントの起動方法

Riotクライアントは、ライアットのいずれかのゲームが既にPCにインストールされている場合は自動的にアップグレードされ、なにもせずともPCに新たなアプリとして追加されます。

また、LoLやVALORANTなど固有のクライアントと置き換わることはないため、従来のようにゲーム固有のクライアントから直接ゲームを起動することも可能です。

Riotクライアントを起動する場合(Windows10を想定)は、Windowsのアプリ一覧から直接探す(Riot Gamesというフォルダに格納)か、デスクトップ左下の「ここに入力して検索」からRiot Clientと入力し、クライアントを起動してください。

この他にも、VALORANTやLoLなどのクライアントを起動すると、Windowsタスクバーの通知領域(デスクトップ画面の右下)に「Riot Client」が起動しているので、このアイコンをダブルクリックすることでもRiotクライアントを起動することができます。

言語設定

Riotクライアントの初回起動時には、表記言語が英語になっている場合があります。その場合はクライアント画面右上のユーザーアイコン →「設定(SETTINGS)」→「RIOT CLIENT LANGUAGE」から日本語を選択することで日本語表記に変更できます。

Riotクライアントの特徴

ライアットのすべてのゲームの起動、インストールが可能に

Riotクライアントでは、ライアットの提供するすべてのゲームの起動・インストールが素早く手軽に行うことができます。

また、各ゲームの言語やPBEサーバー(パブリックベータ環境)などの切り替えも可能となっています。

VALORANTのゲーム内言語(テキスト/ボイス)はここから変更することができます。

各ゲームの最新ニュースへのアクセスが簡単に

各ゲームの最新ニュースやイベント情報も同一クライアント上から簡単にチェックすることが可能です。

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする



目次
閉じる