» VALORANTプロの使用デバイス・マウス感度設定一覧

ZETA DIVISION、チームの再構築のため「APAC ラストチャンス予選」への出場辞退を発表。さらに中国の複数チームの参加見送りを受け、Northeption、FENNELが代替出場へ

VALORANT世界大会「2021 VALORANT Champions Tour – Champions(VCT Champions)」への出場権をかけた最後の戦いの場となる、 「APAC ラストチャンス予選」(2021年10月11日-17日) に出場を予定していた「ZETA DIVISION」のVALORANT部門が、本大会への出場を辞退することがZETA DIVISION公式より発表されました。

ZETA DIVISION『APAC LCQ』出場辞退の理由と経緯

本日急遽公開されたZETA DIVISIONの公式記事では、同チームの『APAC ラストチャンス予選』の出場辞退の理由と経緯が詳細に述べられており、同チームの辞退の一番の理由として、現時点ではかねてより目標としていた「世界で戦えるチーム」ではないことを挙げ、そしてこのままチームの強化・再編成を行わないまま『APAC LCQ』へ出場するよりも、その時間を2022シーズンに向けた体制づくりに用いることが最良と判断したことを明らかにしています。

また今回の発表では、チームの再構築を実施することを決定したとしており、ZETA DIVISIONは残された2022年シーズン開幕までの時間を今後も長期的にVALORANTシーンで活躍していくための準備期間に充てるとしています。

ZETA DIVISIONは長い期間、Laz, crow, takej, Reita, barceの5人体制で活動していたチームですが、今年7月にはチームの強化・再編成を図り6人目のメンバーとして新たにmakiba選手の加入を発表。さらにその直後には、チーム名称を「JUPITER」から「ZETA DIVISION」へ変更し、大胆なリブランディングを実施しています。ZETADIVISIONは今回の発表で再びチームの再構築を行うとしているため、近いうちに何らかの新たな動きが見られることが期待されます。

ZETA DIVISION VALORANT部門は、VCT開催前の国内公式・公認大会において好成績を重ねておりましたが、『VCT Stage1』そして『VCT Stage2』にて国内優勝ができておらず、国際大会への出場が出来ていない状況となっておりました。

結成当初よりZETA DIVISION VALORANT部門では「世界で戦えるチーム」という目標で戦って参りましたが、前述の状況を鑑み、チームの強化・再編成が必要ではないかという声がチーム内より挙がっておりました。 そのため、『VCT Stage3』の結果次第では「世界で戦えるチーム」になるべく、チームの再編成を行うことを『VCT Stage2』終了時点で選手・コーチ・運営陣含めた総意として決定しました。

『VCT Stage3』では国内王座への返り咲きを果たしたものの、『VCT Stage3 Masters Berlin』では私達の予想よりも厳しい結果となりました。
この結果を受け、チームの強化・再編成を行わないまま『APAC LCQ』へ出場するよりも、その時間を2022シーズンに向けた体制づくりに用いることが最良と判断しました。
そのため、予てより検討していたチームの再構築を行うことを選手・コーチ・運営陣含め決定し、2022シーズン開幕までの時間を、今後も長期的にVALORANTシーンで活躍していくための準備期間に充てる事と致しました。

『APAC LCQ』を楽しみにして頂いておりましたファンの皆様並びにRiot Games様をはじめとする関係者の方々には多大なるご迷惑をおかけし申し訳ございません。 2022シーズンにはより強く生まれ変わり、世界へ大きく羽ばたくZETA DIVISIONを皆様にお見せ出来るように全力で取り組んで参ります。

引用元:ZETA DIVISION

中国の複数チームの参加見送り、ZETAの出場辞退を受け『APAC LCQ』の出場枠が変動

また、『APAC ラストチャンス予選』への出場が予定されていた中国の複数チームが、”競技の公平性に影響を与える可能性のあるネットワーク上の問題がある”という理由により参加が見送られたこと、そしてZETA DIVISIONの出場辞退を受け、各地域からの参加チーム数に変更を行うことがVALORANT公式よりアナウンスされています。

ただし、APAC LCQが10チーム制で行われることには変更はなく、ZETA DIVISIONに替わるチームを補充し、中国の2枠は韓国と日本にそれぞれ再割り当てされることが発表されています。

APAC LCQの出場枠変動を受け、日本からは新たに『Northeption』と『FENNEL』が出場することが決定しています。

  • 東南アジア (3チーム)
    • Paper Rex
    • FULL SENSE
    • BOOM Esports
  • 韓国 (3チーム)
    • NUTURN Gaming
    • F4Q
    • DAMWON Gaming
  • 日本 (3チーム)
    • REJECT
    • Northeption
    • FENNEL
  • 南アジア (1チーム)
    • Global Esports

APAC ラストチャンス予選の詳細はこちら:「ラストチャンス予選(LCQ)」とは?

各地域からのVCT APAC LCQ 2021参加チーム数の変更

※以下、VALORANT公式サイトから引用

トーナメントにおける競技の公平性に影響を与える可能性のあるネットワーク上の問題があるという理由から、中国の複数チームの参加が見送られることとなりました。また合わせて日本のZETA DIVISIONの出場辞退を受け、各地域からのVCT APAC LCQ 2021参加チーム数に変更を行うこととなりました。

ただし、APAC LCQが10チーム制で行われることには変更はありません。ZETA DIVISIONに替わるチームを補充し、中国の2枠は韓国と日本にそれぞれ再割り当てされます。

変更後の各地域からの参加チーム数

オンライン限定開催のAPAC LCQでは、4つの地域から予定通り10チームが選出され、Championsのたった1つの参加枠をかけて戦います。各地域からの新たなLCQ出場チーム数は以下の通りです:

  • 東南アジア – 3
  • 韓国 – 3
  • 日本 – 3
  • 南アジア – 1

以前に発表した通り、それぞれの地域で最も多くのサーキットポイントを保有しており、かつChampionsへの参加資格を獲得していないチームが、上記の参加枠に割り当てられます。対象となるチームは、ベルリンでのStage 3 Mastersの結果を受けて確定します。また、サーキットポイントが付与されなかった地域にも参加枠が割り当てられます。新しいトーナメント表は、代替のチームが決定次第お知らせいたします。

トーナメントの形式や観戦方法については、VALORANT eスポーツ公式サイト内の記事「トーナメントの形式と配信チャンネルについて」からご確認ください。

引用元:VALORANT公式サイト

おすすめコンテンツ

Amazon売上ランキング

  • マウス
  • キーボード
  • モニター
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングキーボード
  12. マウスパッド
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲームパッド
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. マウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSで記事をシェアしよう

コメント

コメント一覧 (39件)

  • LCQ勝てなかったらメンタルもやられるだろうから辞退は英断だろうね
    Nth挑戦できるのはいいけどオンラインはねぇ…

    2
  • ZETAははっきり言って仲良しチームはもうやめるべきだね。
    KR2人入れて他のチームのエースを連れてくる。これくらいしないと世界には通用しないし、日本でトップも厳しくなる

    3
        • お前が人種も国も気にしないなら世界で勝ってるチーム応援すりゃいいんじゃねーの?
          GambitかSentinelsでも応援しとけよ

          ただお前はレイシストっていう覚えたての言葉使いたいだけだろw

          7
    • ZETAはKRいれないだろ
      いれて強くなったとしてもファンが離れるのは火を見るよりも明らか

      5
    • 海外選手も引き抜きもないZETA最高!
      って風潮のせいでどっちの手段も取りづらいという
      何より長くやってきたあの5人がウリだしな

      1
      • ZETAファンってCR嫌いなやつ多くて、過剰にCR下げする奴いるからKR勢いれたらZETAファン発狂するだろうね。

        3
        • ZETAファンがCRを嫌ってるんじゃなくて、ただただCRが嫌われてるのをCRキッズは早く理解して

          3
          • なんかCRキッズ認定されてて草。CRをただただ嫌いな層が多いのも勿論知ってるよ。その層とは別で、ZETAファンはZETAが好きすぎるあまりにCRを下げる奴が多いってだけな。

            3
  • 再編の途中だとしてもアジア大会から逃げてるようじゃ来年も無理だろうな
    よほど初戦敗退が怖かったんだね

    12
  • 逃げたと思われても仕方ないなこれは。出て負けてもデメリットないだろ。メンバー再編成はれいた切ってゼファー入れるんだろうな。

    6
  • 逃げるとか言ってんの草
    今このタイミングでないと取れない選手がいる、3人以上の交代だからサーキットポイントが無くなる、色々考えれば可能性あるんだから少しは頭使えな^^

    4
  • まあどうせ入れ替えるなら早いほうがいいだろ
    LCQ1枠とか現実的じゃないし

    1
  • どうせ普段からアジア勢とスクラムやってるわけだし出る旨味そんなにないわな

    2
  • VALORANTに本気だからこそのメンバー変更
    そういうチームがある事がいち視聴者として嬉しいけどなぁ
    オール日本人じゃなくても全然応援するよ
    強いチーム増やして日本のレベルをどんどん上げてくれ

    4
  • 出たところでチケット取れる可能性すらない
    と判断したってことね
    またボロ負けしたらファン離れも起こりかねないし仕方ないか

    1
  • ・中途半端な試合をしたくないのでそもそも大会に出ません
    ・選手が疲れてしまったので大会に出ません
    ・いつでも練習試合できるので大会に出ません
    ・Championsにいける可能性がほぼないので最初から大会に出ません
    プロチームとはいったい…….
    来年がんばるって言って試験を受けようともしない浪人生みたい

    5
  • ノーセプの試合を今年中にもう一度見れるのは楽しみかな
    なんやかんや国内プレイオフではZETAをLowerに落としてるし

    1
  • LCQ勝ててもCHAMPIONSで勝てるビジョンが全く無かったってことだろうなぁ。
    再建決まってるなら無理に出場するより辞退してリクルートに専念、早めの新チーム始動を目指すのは理解できる。リベンジ見たかったけど仕方がない
    ただ新体制で今以上のチームとして返ってこれるのかは正直疑問。
    かといって現状のチームの伸びしろが個人の成長とか新しいセットしか見えないし、ある程度のギャンブルは必要か。

    4

最弱エージェント へ返信する コメントをキャンセル