» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

世界大会「VALORANT Champions」出場をかけた最後の戦い『APAC ラストチャンス予選』が10月11日-17日に開催。日本からはZETA DIVISION、REJECTが出場

Riot Gamesより、世界大会「2021 VALORANT Champions Tour – Champions(VCT Champions)」への出場権をかけた最後の戦いの場となる、 「APAC ラストチャンス予選(APAC Last Chance Qualifier)」 を2021年10月11日(土)から10月17日(金)まで開催することが発表されました。

本大会「APAC ラストチャンス予選」では、東南アジア、中国、韓国、日本、南アジアから選出された計10チームがVCT Championsへの一つの出場枠をかけて戦うことになり、日本からは「ZETA DIVISION」と「REJECT」の2チームが出場権を獲得しています。

また、東南アジア、中国、韓国、日本において最もシード順の高いチームは、第2ラウンドからのスタートとなり、大会形式はダブルエリミネーション方式によるBO3(2本先取)、10月17日の決勝戦のみBO5(3本先取)で行われます。

APAC LCQは、東南アジア、中国、韓国、日本、南アジアから選出された10チームがVCT Championsへのたった1つの出場権をかけて戦います。それぞれの地域で最も多くのサーキットポイントを保有しており、かつVCT Championsへの参加資格を獲得していないチームが出場となります。出場チームの割り当ては、「東南アジア3チーム」、「中国2チーム」、「韓国2チーム」、「日本2チーム」、「南アジア1チーム」です。出場するチームは、ベルリンでのVCT Masters Stage3の結果を受けて決定となります。また、サーキットポイントが付与されなかった地域にも枠が割り当てられます。この場合、現時点で最も規模の大きいイベントの成績上位チームがAPAC LCQへ招待されます。なお、日本からは「ZETA DIVISION」と「REJECT」の2チームが出場権を獲得しています。

PR TIMESより引用

VALORANT Champions」は、Masters Berlinと同様に再びベルリンで、2021年12月1日-12日(現地時間)での開催が予定されています。

目次

「ラストチャンス予選(LCQ)」とは?

2021年末に開催を予定しているVCTシリーズの世界王者を決める「VALORANT CHAMPIONS」では、これまでのChallengers、Mastersにおける成績に応じて付与される”サーキットポイント”によって11枠の出場チームが決定します。

全体の出場チームの内訳は、このサーキットポイントの上位11チームに加え、現在開催中の大会MASTERS 3での優勝チーム、さらに今年10月に各地域で開催されるCHAMPIONS前の最終予選「ラストチャンス予選(LCQ)」で優勝した各地域の4チームを合わせた計16チームがCHAMPIONSに出場します。

「APAC Last Chance Qualifier」トーナメント表&出場チーム

  • 東南アジア (3チーム)
    • Paper Rex
    • FULL SENSE
    • BOOM Esports
  • 中国 (2チーム)
    • 未定
    • 未定
  • 韓国 (2チーム)
    • F4Q
    • NUTURN Gaming
  • 日本 (2チーム)
    • ZETA DIVISION
    • REJECT
  • 南アジア (1チーム)
    • Global Esports

各地域のLast Chance Qualifier(ラストチャンス予選)

ラストチャンス予選では、各地域の優勝チームがCHAMPIONSの出場権を獲得します。

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (20件)

コメントする



目次
閉じる