» ヴァロ速|VALORANT5chまとめ

VALORANT:次回パッチ1.13にて、スマーフ対策を実施予定であることが明らかに

URLをコピーする
URLをコピーしました!

VALORANTの開発チームは、次回パッチ1.13にて各アカウントに対するスマーフ対策を実施することを明らかにしました。

従来は、コンペティティブモード(ランクマッチ)に参加するためには、各アカウントにつき試合を20回プレイする必要がありましたが、パッチ1.13では、アンレートモードで規定回数勝利することでコンペティティブがプレイ可能となる見込みです。

海外掲示板redditに投稿された「意見:以前は定期的に友人たちと一緒にプレイしていましたが、6ランク以内だったのでメインアカウントでプレイすることができました。今では、3ランク以内にいることがほとんどないため、私たち全員がスマーフ(サブ)アカウントを所持しています。」という内容のスレッドに、一般ユーザーから「スマーフはできるだけ早くコンペティティブをプレイしたいので、ランクキューの条件を10試合プレイから10勝に変更する必要があります。」という意見が寄せられており、開発チームの一人である”npcSara”氏はこの意見に対して、「次のパッチでこれを導入します。」とコメント。次回パッチ1.13にてコンペティティブのプレイ条件を10試合”プレイ”(本来は20試合)から”勝利”に変更予定であることを明らかにしました

今回のアップデートは小さな変更点となりますが、ひとまずスマーフ対策としては有効的な処置になるのではないかと思います。VALORANT開発チームはスマーフィング行為を以前から問題視(下記FAQ参照)しており、今後も引き続き何らかのスマーフ対策が取られていくことが予想されます。

ランクマッチとスマーフは切り離せない関係ですが、VALORANTではスマーフを減らすような取り組みを行っていますか?ASK VALORANT #10より)

スマーフはいつでも許せないもので、特に自分のランクがかかる試合ではなおさらです。基本プレイ無料のゲームでスマーフを完全に廃止することは難しいですが、私たちも対策は行っています。現時点ではアンレートの内部システムと、アイアンからダイヤモンドまでのランクのプレイヤーに適用される内部システムが存在します。後者では個人のパフォーマンスを記録して、プレイヤーが試合で大きくかけ離れた活躍を見せた場合はそれを検出します。そして素早くランクを上げて、コンペティティブのより高いランクで、より難易度の高いマッチを組むようにしています。

このシステムはイモータル以上のプレイヤーには適用されません。すでにトップランクなので、スマーフが入り込む余地や手を抜く余地はほとんどないからです。長期的には、スマーフプレイヤーをそのスキルに見合ったマッチに素早く配置するためのさらなる対策を検討しています。しかし現時点では、核となるランクシステムとリーダーボードへの改善を優先するつもりです

—Ian Fielding、シニアプロデューサー

※スマーフ – サブアカウントで本来の自分の実力よりも低いレベル帯やランクでプレイすること。(LoL公式サイトより

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 1か月前と言ってる事同じで草
    待っても何の対策もされねぇからやめたわこのゲーム
    リリースから毎日の様にやってたのにな

  • CS:GOみたいにPrime機能を追加するか、ユーザー登録してまもない相手とはマッチングさせないでほしい。
    結局のところSmarfやるやつは10勝ぐらいならやるだろうし、既にSmarfアカウントを所持しているプレイヤーに対しては何の効力もない。
    焦点を新規Smarfプレイヤーから現状のSmarfプレイヤーに置き換えない限りどうにもなら。論外。

  • CS:GOみたいにPrime機能を追加するか、ユーザー登録してまもない相手とはマッチングさせないでほしい。
    結局のところSmarfやるやつは10勝ぐらいならやるだろうし、既にSmarfアカウントを所持しているプレイヤーに対しては何の効力もない。
    焦点を新規Smarfプレイヤーから現状のSmarfプレイヤーに置き換えない限りどうにもならん。論外。

コメントする



目次
閉じる