» ヴァロちゃんねる|VALORANT5chまとめ

『VALORANT』の様々な新情報が明らかに!新エージェント、武器、ランクの新情報も

URLをコピーする
URLをコピーしました!

『VALORANT』(ヴァロラント) のテストプレイのフィードバックをまとめた有益な記事を見つけたので全文翻訳しました。さまざまな新情報が明らかになっているので、興味のある方は目を通しておくことをおすすめします。

目次

エージェント

先月、当サイトはVALORANTには8体のキャラクターが存在するとお伝えしました。Riotはさらにもう1体、野獣をラインナップに追加し、全部で9体のキャラクターが使えるようになりましたが、この数は今後も増えそうです。

あるプレイテスターによると、VALORANTの9体目のキャラクターであるBreach(ブリーチ)は、赤色の髭と口ひげを備えた外観のブリムストーンに似ています。

複数のプレイテスターによると、ブリーチはその致命的な能力とアルティメットスキルを持っていたため、VALORANTで最も強力なエージェントの一人でした。

ブリーチの「C」のスキルは「アフターショック」と呼ばれ、彼の「Q」、「E」のスキルは「フラッシュポイント」と「フォルトライン」と呼ばれます。フラッシュポイントはその名の通り、フラッシュバンに似ていますが、一方でフォルトラインは、敵の照準を遅くしたり揺らしたりするスタングレネードを連想させるものです。

しかし、彼のアルティメットスキルである「ローリングサンダー」は、敵プレイヤーに大量のダメージを与えたため、プレイテスターの間で抗議を引き起こしました。

テストプレイのエージェントに関するその他の注意事項:

  • Viper、Sova、Sageなどの他のエージェントはテストプレイで高く評価されました。一方でOmenは彼のアルティメットスキル「From the Shadows」が弱体化され、プレイヤーは簡単にそれを聞くことができたため、比較的弱いエージェントと考えられていました。
  • あるテスターは、数回ゲームをプレイした後、新しいエージェントを無料でアンロックできると述べました。
  • Boop.plからのレポートとは対照的に、αテストDiscordで”Dillion”(ディリオン)と呼ばれる新しいエージェントについての言及はありませんでした。
  • テストプレイの開始時に、各プレイヤーは4人のエージェントのロックを解除する必要があり、5人が使用可能でした。

装飾品・アイテム(スキン)

VALORANTのスキンシステムは、League of Legends、CS:GO、Apex Legendsにいくらか似ています。

ゲーム内にはキャラクタースキンはありませんでしたが、あるプレイテスターによると、いくつかの武器スキン、キーホルダー、スプレーが存在しました。武器スキンは異なるセットに割り当てられ、異なる武器の同じスキンが含まれます。

プレイヤーは契約(クエスト,ミッション?)の完了を通じて武器やキャラクター等のスキンをアンロックできます。これらのミッションはエージェント毎に割り当てられ、完了時に無料のアイテムを付与します。

ランクモード

VALORANTはLoLと同様のランキングシステムを採用していますが、LoLとは異なるランクタイトルを特徴としています。

たとえば、LoLのシルバー、ゴールド、そしてプラチナの代わりに、VALORANTには低い順から、Mercenary(傭兵), Soldier(兵士), Veteran(ベテラン), Hero(ヒーロー), Legend(レジェンド), Mythic(神話), Immortal(不滅) という8つのランクに分類され、最高ランクは”VALORANT”と呼ばれます。

各ランクには3つのティアがあり、プレイヤーはLoLと同様に次のレベルのティアを獲得します。ただし、最高ランクの”VALORANT”にはLoLのチャレンジャーランクのような3つのティアはありません。

あるプレイテスターは、エージェントはランクで先着順で選ばれたと述べました。つまり、エージェントを選択して最初にロックしたプレイヤーが、そのエージェントを試合で使用したプレイヤーでした。LoLとは異なり、現在9人のエージェントしかいないため、今はまだBANシステム機能はありません。

延長戦システム

複数のFPSゲームは延長戦システムを採用していて、引き分けで終わることはなく、各試合に決着がついて終了するようにしています。

テストプレイでは、VALORANTは同様のシステムを採用していました。スコアラインに関係なく、試合は25ラウンド後に終了します。したがって、スコアが12-12の場合、試合は延長戦に突入します。そのラウンドで勝利し、最初に13ラウンド目を勝利したチームが試合に勝利することになります。

武器やアビリティの購入に使用されるゲーム内通貨は「クレジット」と呼ばれ、各プレイヤーには延長戦の最終ラウンドの開始時に5000クレジットが付与されます。

武器、練習モード、解像度、プライベートマッチ

あるプレイテスターによると、VALORANTの武器はCS:GOの武器と驚くほど似ているそうです。彼によるとスコーピングが発射率に影響を与えるため、これらの武器はややスキルベースであると述べました。つまり、一度狙いを定めると銃の有用性はおそらく低下します。(反動が大きいということ?)

VALORANTの練習モードはスキルを磨きたいプレイヤーがプライベートサーバーで行えます。このモードには射撃場が含まれていますが、これはCS:GOの「Aim Botz」に似ています。あるプレイテスターによると、プレイヤーはランダムなBOTで無限に射撃し、ゲーム内でAIMを練習できます。

プレイテスターには、4:3のアスペクト比での解像度を使用してゲームをプレイする選択肢が与えられました。あるプレイテスターによると、CS:GOと多少似ているが、画面の上下に黒いバーが表示されたそうです。

プレイヤーは「M」を押すと、CS:GOで「CTRL」を押すのと同じように、マップを表示できます。Riotはマップに場所の名前を記載しようとしましたが、この機能はテストプレイ中にバグがありました。

Pingシステムは、LoLのように異なる複数のタイプに分類されています。たとえば、プレイヤーは危険ピンを使って敵がいるエリアを味方に知らせることができます。死亡したプレイヤーは、マップ上のPingシステムを引き続き使用できます。死亡したプレイヤーがスパイク(CS:GOでいうC4,攻略ポイントに設置する爆弾)をスモークグレネードの中で失った後、チームメイトに知らせるためにスパイクにPingする例が1つありました。

Spike defusal timerはCS:GOのようにリセットされません。代わりに、スパイクが途中で中断された場合、プレイヤーは解除モーションを終了してまた最初から開始するのではなく、途中から再び解除作業を行うことができます。

最後に、VALORANTにはカスタムサーバーがあり、最大10人のプレイヤー同士でプライベートマッチで遊べるようになっています。

source: https://dotesports.com/valorant/news/valorant-playtest-details-revealed-tier-based-ranked-play-new-agent-cosmetics-more

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする



目次
閉じる