» VALORANT:プロゲーマーの使用デバイス・感度設定一覧

「BlackBird Ignis」VALORANT部門よりoitaN、poem、RIPablo、Pepper、popogachiの5名の脱退が発表。popogachiを除く4選手は今後も同じメンバーでの活動を継続、近日中に詳細を発表か

国内プロeスポーツチーム「BlackBird Ignis」のVALORANT部門より、oitaN、poem、RIPablo、Pepper、popogachiの5選手、ストリーマー部門からは、よいちまめ、ヨシザワミヤビの2名が契約満了に伴い脱退することが本日発表されました。

CS:GOの強豪チームであった「Ignis」は、Absolute(現ZETA DIVISION)と共に日本のCS:GOシーンを象徴するトップチームとして活躍。2020年4月にはプロゲーミングチーム『BlackBird』に加入し、IgnisメンバーらはCS:GOでプロとしてのキャリアをスタートさせます。その後、BB Ignisは長年活動してきたCS:GOでの活動に終止符を打ち、VALORANTへのタイトル移行を決断。

移行後に迎えた初の公式大会「RAGE Japan Tournament」では準決勝まで勝ち進むものの、宿敵であるAbsolute JUPITERに惜しくも敗れてしまい、4位という結果に。それでもVALORANT後発組であるBB IgnisはCS:GOで培ってきたトップチームとしての実力を見せつけた結果となりました。その後も「First Strike Japan」や「VCT 2021: Japan Stage」など様々な公式大会に出場しますが、チームとしてはなかなか成績が振るわない状況が続いていました。

メンバーの今後については、popogachi選手は学業に専念するために一旦競技シーンから引退することを発表。他の4名の選手は今後も同じメンバーでチーム活動を継続していくとしており、詳しい詳細は近日中に公開予定であることがoitaN選手のツイートより明らかになっています。

BlackBird Ignis VALORANT部門

BlackBird Ignis ストリーマー部門

おすすめコンテンツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • お疲れさまです。
    イグニス好きだったから残念だけどこれからも頑張って

    2

コメントする



目次
閉じる